(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 309)

V.A. Coleman Hawkins, Jay McShann, Bobby Sherwood, Eddie Miller, etc. - THE HISTORY OF JAZZ VOL.4 : THIS MODERN AGE

  • ジャズ78rpm
 V.A. Coleman Hawkins, Jay McShann, Bobby Sherwood, Eddie Miller, etc.- コールマン・ホーキンス、ジェイ・マクシャン、ボビー・シャーウッド、エディ・ミラー、etc. - "THE HISTORY OF JAZZ VOL.4 : THIS MODERN AGE"
USA / 78rpm / Mono / Capitol CE19 / Rec mid1940s / Pub 1945
ジャケット表裏擦れ少々、端々ほころび少々、内ジャケットしみ少々、スリーヴ5枚とも破れなし、バインダー部もしっかりしています、レーベル5枚ともきれい、盤5枚とも極浅い擦れのみで良好、ブックレットきれい、色あせ少々
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4
■初期キャピトルが制作したヒストリー・オブ・ジャズの第四集。SP盤5枚のアルバム・セット。
1945年、まだ新進のレーベルだったキャピトルが、ジャズの歴史を紐解こうとSP盤5枚のアルバム・セットを4巻リリース。これが最後の4巻目で、タイトルの通り、40年代中期のアップ・トゥ・デイトなジャズを収録。いやおうなしにビバップを意識せざるを得ない時代で、その点確かに気は配られているものの、多少距離を置き落ち着いた視線で音楽的に本当に豊かなものが選ばれています。ビバップ世代に大きな影響のあったコールマン・ホーキンスは二曲、もちろんケントン、そしてケントンの流れを汲み新しい一歩を踏み出したボビー・シャーウッド楽団は、ビックスの印象派ジャズ名曲「In The Dark」。パーカーが在籍していたカンザスのジェイ・マクシャンは二曲、うちのアルトはこいつだぜとベニー・カーター、当然キング・コール・トリオ、曲はキラーな「Jumpin' At Capitol」などなど。ちょこっと針を落としただけで半端無い充実度に圧倒される全10曲。【曲】「Coleman Hawkins Band / Hollywood Stampede」「Coleman Hawkins Band / I'm Through With Love」「Billy Butterfield's Orchestra / Lady Be Good」「Bobby Sherwood's Orchestra / In The Dark(試聴)」「King Cole Trio / Jumpin' At Capitol(試聴)」「Jay McShann's Kansas City Stompers / Moten Swing」「Jay McShann's Kansas City Stompers / On The Sunny Side Of The Street(試聴)」「Stan Kenton's Orchestra / Balboa Bash」「Eddie Miller's Orchestra / Our Monday Date」※本日のアップはこれで終了です
By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Albert Dominguez - FILM MUSIC FOR PIANO

  • クラシック/映画音楽LP
 Albert Dominguez- アルバート・ドミンゲス - "FILM MUSIC FOR PIANO"
USA / LP / Stereo / Citadel CT7010 / Rec 1979 / Pub 1979
ジャケットシュリンク入り、下部中央小縁裂け、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、美品
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■ロージャ、コルンゴルト、マックス・スタイナーの映画音楽を名クラシック・ピアニストが弾いた一枚。
ルーマニア生まれでアメリカに渡り、映画音楽の世界で活躍したミクロス・ロージャ、ナチスのオーストリア併合によりアメリカへ亡命、やはり映画の世界へ入ったエーリッヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト、そして映画音楽の大家マックス・スタイナー。この三人が映画のために書いた曲をピアノ独奏で演奏した一枚。A面7曲は全てロージャの『Lydia』941年公開)。ロマン派、近代と20世紀ポピュラーが無理なく溶け合うあざやかな作。B面はまずコルンゴルトの『Between Two Worlds』(44年公開)。単一の曲で、30年代のスタンダードのようなメロディを耽美的に披露。スタイナーは『Bill Of Divorcement』(32年公開)から「Unfinished Sonata」と、『City For Conquest』(40年公開)。いきなり澱みが晴れたように世界が変わり、シンプルで訴えかけるメロディが広がります。ハイフェッツ等名だたる演奏家や声楽家の伴奏で知られる名手アルバート・ドミンゲスの演奏。映画音楽専門のヴァレーズ・サラバンドのサブ・レーベル、シタデルからの一枚。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Eddie Heywood And His Orchestra - POM POM cw COQUETTE

  • ジャズ78rpm
 Eddie Heywood And His Orchestra- エディー・ヘイウッド&ヒズ・オーケストラ - "POM POM cw COQUETTE"
USA / 78rpm / Mono / Decca 24604 / Rec 1946 / Pub 1946
レーベルきれい、盤極浅い擦れわずか、デッドストックのコンディション
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4
■ピアニスト、エディ・ヘイウッドの46年作。
「カナディアン・・サンセット」を作った黒人ピアニスト、エディ・ヘイウッド。地元アトランタで早くからジャズを始め、とうとうビリー・ホリデイの伴奏(「God Bless The Child」etc...)を務めるまでに。しかし47年、手が麻痺する病気になり3年ほピアノを弾けない状態だったそうですが、めでたくカムバック。「カナディアン..」はその後の作で、言われてみれば確かにあの極々シンプルなメロディはそんな状況で生み出されたのが納得。さて本作は46年で、「カナディアン...」もそうですが、耳が喜ぶ最高のポップ・センスあふれるジャズ曲「ポン・ポン」。トロンボーンはこの後エリントン楽団に加入するブリット・ウッドマン。後半も絶品の展開。古いスタンダード「コケット」を心弾む演奏で聞かせる裏面も素晴らしい。デッドストックのような美品。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Julio Martinez Oyanguren - RECITAL DE JULIO MARTINEZ OYANGUREN

  • クラシック/民俗音楽10LP
 Julio Martinez Oyanguren- フリオ・マルティネス・オヤングレン - "RECITAL DE JULIO MARTINEZ OYANGUREN"
Uruguay / 10LP / Mono / Orfeo ULP96 / Rec 1958? / Pub 1958?
ジャケット表裏擦れ少々、右上テープ跡、下部右側縁裂け、レーベルひげ少々、汚れ少々、盤浅い擦れ、表層スクラッチ少々、現地盤でプレス粗目ですがすごい音します
Jacket 3 / Disc 3 / Sound 3~3.5 
■ウルグアイのギタリスト、フリオ・マルティネス・オヤングレン。
Very Rare。クラシック・ギターに興味のない(わかります)人を根本から変えてしまうような一枚。30年代から活躍した、ウルグアイのクラシック・ギタリスト、フリオ・マルティネス・オヤングレン(1901-1973)の、恐らくは50年代後半のウルグアイ・オルフェオからの10インチ・アルバム。果たして何がそうさせるのか、ギターに似た民俗弦楽器でも弾いているようにも聞こえる、いやそう思って演奏しているだろう新鮮でいて原始的な響き。この音で信じられないほど自由に演奏される5曲。タレガやアルベニス等良く演奏されるものに加え、驚きの自作曲二曲。持てる表現を全て詰め込んだ感の大作「Fantasia Gaucha」、東洋をテーマにした3楽章からなる『Oriente』。ウルグアイ・オリジナル盤。【曲】「Fantasia Gaucha(試聴)」「Recuerdos De La Alhambra」「El Poncho(試聴)」「Asturias」「Oriente(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Herbert Haefner(Cond.), Vienna Philharmonia Orchestra - GEORGE ANTHEIL : SYMPHONIY NO.5 / WERNER JOSTEN : ENDYMION

  • クラシックLP
 Herbert Haefner(Cond.), Vienna Philharmonia Orchestra- ヘルベルト・ヘフナー指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 - "GEORGE ANTHEIL : SYMPHONIY NO.5 / WERNER JOSTEN : ENDYMION"
USA / LP / Mono / SPA 16 / Rec 1952 / Pub 1952
ジャケット上下テープ、擦れあまりなし、レーベルひげわずか、盤浅い擦れ、プツ音でる小スクラッチ少々
Jacket 2.5 / Disc 3 / Sound 3
■クラシックのパイオニア的レーベルSPAから、ジョージ・アンタイルとワーナー・ジョステンの二作を収録した52年の一枚。
49年に設立された、アメリカのクラシック専門レーベルのパイオニア、SPA。これは両面にアメリカの作曲家の管弦楽作を収録した52年のアルバム。A面は、20年代には既にアメリカで最もクレイジーな作曲家としてヨーロッパにも名は知れ渡っていたジョージ・アンタイル(1900-1959)。何台ものピアノ、さらにプレイヤー・ピアノ、電子ベル、飛行機のプロペラetc..で演奏する『バレエ・メカニック』(1926年)が特に知られる人。このの『交響曲第五番』は48年の作で、オネゲルの『Pacific 231』などにも通じる機械的な律動感に満ちた興奮の作。裏面はドイツ生まれでアメリカに帰化したワーナー・ジョステン(1885-1963)。アフリカ音楽から影響を受けた作が有名。これは5曲からなるバレエ音楽『エンデュミオン』で、ラプソディ風の作りの重層的で繊細なオーケストラ作。ヘルベルト・ヘフナー指揮ウィーンフィルの演奏。試聴はそれぞれ冒頭部。52年オリジナル・レーベル・フラット・エッジ。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Rusty Warren - IN ORBIT

  • 女性ボーカル/パーソナリティLP
 Rusty Warren- ラスティ・ウォーレン - "IN ORBIT"
USA / LP / Mono / Jubilee JGM2044 / Rec 1962 / Pub 1962
ジャケット表裏擦れ少々、右上テープ、裏ジャケット汚れ少々、レーベルひげ無し、盤表層のスクラッチ少々
Jacket 3 / Disc 3~3.5 / Sound 3.5
■クレイジーなコメディエンヌ、ラスティ・ウォーレンのライブ・アルバム。
アーサー・フィードラーに音楽を師事したというのが本当に信じられないクレイジーなコメディエンヌ、ラスティ・ウォーレン。これは62年の彼女のライブを収録したアルバム。音楽、スタンダップ・コメディを交えたショウで、ジャケットの鋭い目つきそのままの彼女の歌のパンチ、弾けるバンド演奏も楽しい、臨場感満点の内容。ぶっ飛んだルース・ウォリスというムードのラテンR&R(試聴一曲目)なんかホント最高。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Gene Austin - JUST LIKE A MELODY OUT OF THE SKY cw I CANT DO WITHOU YOU

  • 男性ボーカル78rpm
Gene Austin- ジーン・オースティン - "JUST LIKE A MELODY OUT OF THE SKY cw I CAN'T DO WITHOU YOU"
U.K. / 78rpm / Mono / His Masters Voice B2803 / Rec 1928 / Pub 1928
レーベルに小シール、盤擦れわずか、美品、英盤特有のチリ音
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ジーン・オースティンの28年作。両面素晴らしいメロディの一枚。
イギリスHMV盤。「My Blue Heaven」などのヒットで知られる、20年代のアメリカを代表するクルーナー・シンガー、ジーン・オースティン。これは28年の一枚で、やはり彼を代表する美麗メロディのナンバー。裏面も同様、夢見心地の美曲。ヴァイオリン、ハープ、チェレスタのパーラー音楽のような演奏をバックにしたナンバー。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bob Chester And His Orchestra - THE BOB CHESTER STORY

  • ジャズLP
 Bob Chester And His Orchestra- ボブ・チェスター&ヒズ・オーケストラ - "THE BOB CHESTER STORY"
USA / LP / Mono / Big Band International LP2708 / Rec 1930s, 1940s / Pub 1975
見開きジャケット表裏円状の擦れ少々、内側きれい、レーベル二枚ともひげ無し、盤二枚ともほぼ新品同様
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4
■30~40年代に活躍したボブ・チェスター楽団の2LPベスト。
大学時代は現代音楽にのめりこみ、その後ビックスやガーシュウィン、ファーディ・グローフェなどジャズの虜に、そして35年に自身のバンドを結成したサックス奏者&バンド・リーダー、ボブ・チェスター。その後40年代中期まで活躍、そのバンドからはニック・トラヴィスやビル・ハリス、ピーナッツ・ハッコーなど名手も輩出。これはボブ・チェスター楽団の代表的なナンバーを2LPで32曲収録した編集盤。何度も聞きたくなる魅力を持ったバンド専属のベティ・ブラッドレーという女性の歌も◎。試聴は「What Was Happened」「Suddenly It's Spring」「57th Street Drag」。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Werner Taube(Cello), Rudolf Dennemarck(P) - MODERNE CELLOMUSIK

  • クラシック/チェロLP
Werner Taube(Cello), Rudolf Dennemarck(P)- ウェルナー・タウベ(チェロ)、ルドルフ・デンネマルク(チェロ) - "MODERNE CELLOMUSIK"
Germany / LP / Stereo / Da Camera Magna SM93702 / Rec 1965 / Pub 1970s
ジャケット表裏擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■3人の20世紀の作曲家のチェロ曲を収録した一枚。
3人の20世紀の作曲家のチェロ/ピアノ曲を収録した英ムジカ・ララからの一枚。Aは、チェコの作曲家ボフスラフ・マルティヌーの5曲からなる『スロヴァキア民謡によるチェロとピアノのための変奏曲』(1959年)、続いてドイツの作曲家ハンス・ヴェルナー・ヘンツェの『チェロ独奏のためのセレナード』(1949年)、サイドBは20世紀最重要作曲家の一人ヒンデミットの『チェロ・ソナタ』(1948年)。演奏はウェルナー・タウベ(チェロ)、ルドルフ・デンネマルク(ピアノ)で2人ともドイツの演奏家。亡くなる直前に書かかれたという、ジプシー味に溢れた雄雄しくドラマチックなマルティヌーの『...変奏曲』、意外性と日常性の間のスリリングな美しさにまみれた『...セレナード』、いつもとは一味違う人肌のぬくもり、感情の機微のある、圧倒的に素晴らしいヒンデミットの『チェロ・ソナタ』。試聴はヒンデミット→ヘンツェ→マルティヌー。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ichimaru, Suzuki Masao, etc. / Victor Orchestra - TOKYO ONDO cw TOKYO ONDO (INSTRUMENTAL)

  • 日本の音楽78rpm
 Ichimaru, Suzuki Masao, etc. / Victor Orchestra- 市丸、鈴木正夫、ビクター管弦楽団 - "TOKYO ONDO cw TOKYO ONDO (INSTRUMENTAL)"
Japan / 78rpm / Mono / Victor V40112 / Rec 1948 / Pub 1948
Aのレーベルにひっかきキズ、色あせ、盤浅い擦れ、表層スクラッチ少々
Jacket n/a / Disc 3 / Sound 3
■「東京音頭」の48年バージョン。裏のブギウギ・スウィングのインストも◎。
33年、小唄勝太郎らによって唄われ大ヒットした中山晋平の代表作でもある「東京音頭」。これは48年、勝太郎がテイチクへ移籍したのち、ライバルだった市丸や鈴木正夫、喜久丸らによって録音されなおした一枚。これまた大ひっととなりました。しかしこれは特に裏面がいい!ビクター楽団によるブギウギ・スウィングのインストで、三味線とサックスの絡み、三味線やトロンボーンのソロ、ヴィブラフォンの洒落た味付け、技ありのアレンジも聞きどころ。試聴はこちらが最初です。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Joseph Falcon And His Silver Bell String Band - LOUISIANA CAJUN MUSIC

  • ケイジャンLP
 Joseph Falcon And His Silver Bell String Band- ジョセフ・ファルコン&ヒズ・シルバー・ベル・ストリング・バンド - "LOUISIANA CAJUN MUSIC"
USA / LP / Mono / Arhoolie F5005 / Rec 1963 / Pub 1968
ジャケットきれい、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 
■ケイジャンのゴッドファーザー、ジョセフ・ファルコンのライヴ。
ケイジャンを初めて録音したことも知られる、ケイジャンのゴッドファーザー、ジョセフ・ファルコン。彼と、奥さんのギタリスト&シンガー、クレオマ・ファルコン(ブロー)のデュオが20年代にリリースしたナンバーの数々、そしてケイジャン・クラシック「Jole Blon」を初めてレコード化したクレオマの兄弟たちのブロー・ブラザーズなど彼ら一派がやっていた素朴でいて奇妙な音楽は、今聞いても、いやいや今だからこそ本当異彩を放つ衝撃的なもの。さてこれは、恐らくファンは相当驚いたであろう、63年のライブ。当時地元の人たちは彼の活動を知ってはいたのでしょうが、他の人たちからすればチャーリー・パットンがライブ盤を出したようなものだったのでは。中身がまたスゴイ。ギターは違う人ですが他はジャケットと同じ。ジョー(Vo&Acc)、後妻テレサ・ファルコン(D)、ライオネル・ルルー(Fiddle)、アレン・リチャード(G)。騒々しくヒステリックなアコーディオン、ピックアップで拾ったエグイフィドル、エレベの役も果たす肉厚エレキ、バサバサした8ビート・ドラミングによるケイジャン・ガレージともいうべき内容。28年のケイジャン初録音曲「Allons A Lafayette」もプレイ。彼が65年に亡くなった後、地元で録音していたテープが出てきたのでしょう、68年にリリースされました。【曲】「Les Flambes D'enfer (The Flames Of Hell)(試聴)」「Le Tortillage (The Cajun Twist At Uncle Gustav's)」「Lacassine Special」「Allons A Lafayette(試聴)」「Osson Two Step(試聴)」「Hip Et Taitut (Hip And Hound)」「Creole Stomp」「Allons Danser Colinda」※本日はこれでアップ終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Hank Williams With His Drifting Cowboys - HIT SONGS

  • カントリー10LP
 Hank Williams With His Drifting Cowboys- ハンク・ウィリアムス・ウィズ・ヒズ・ドリフティング・カウボーズ - "HIT SONGS"
Japan / 10LP / Mono / MGM ZL-5007 / Rec early50s / Pub 1950s
コーティングの折り返しペラジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ少々、歌詞カードきれい
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5
■日本盤10インチLP。ハンク・ウィリアムスのベスト・オブ・ベスト8曲。
53年の元旦に29歳で亡くなるまでの短い活動期間で、あまりに大きな足跡を残した真のカリスマ、ハンク・ウィリアムス。もしかすると、ロカビリーやカントリーのファンだけでなく、米音楽全般のファンから最も尊敬されているカントリーの人なのでは。これは50年代後半?に日本でリリースされた10インチLP。「Jambalaya」「Lovesick Blues」「Hey Good Lookin」「Your Cheatin Heart」など手加減無しの名曲オンパレード。なんとも味わいのあるジャケットも◎。歌詞カード付き。【曲】「Jambalaya」「Lovesick Blues(試聴)」「Cold Cold Heart」「Half As Much」「Kaw Liga(試聴)」「Hey Good Lookin(試聴)」「Why Don't You Love Me」「Your Cheatin Heart」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2018年9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.