(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 307)

Orchestre Regional De Kayes - LES MEILLEURS SOUVENIRS DE LA 1ERE BIENNALE ARTISTIQUE ET CULTURELLE DE LA JEUNESSE

  • 民俗音楽/マリLP
 Orchestre Regional De Kayes- オーケストラ・リジョナル・デ・カイ - "LES MEILLEURS SOUVENIRS DE LA 1ERE BIENNALE ARTISTIQUE ET CULTURELLE DE LA JEUNESSE"
Germany / LP / Mono / Barenreiter Musicaphon BM30L2604 / Rec 1970 / Pub 1970
コーティングジャケット表裏擦れわずか、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■マリの街カイの名グループ、オーケストラ・リジョナル・デ・カイ。オリジナル盤。
西アフリカ、マリの西部に位置し、隣国のセネガルにもほど近い街カイ。このオーケストラ・リジョナル・デ・カイは、その街カイが活動をサポートしたグループで、マリの国民的音楽家と言われるサックス奏者ハルーナ・バリーが陣頭指揮をとったバンド。本作はミシシッピ・レコードからリイシューもある70年作の、独ベーレンライター・ムジカフォンの貴重なオリジナル盤。コンガやティンバレス、ギター等の広大な空に開かれたようなスペイシーなリズム、そのバリーのゆらぎのあるサックスのアドリブ?に、エコーを聞かせたエレキ、念力を感じさせる歌とハーモニー。A1はルアカ・バップ/ストーンズ・スロウの西アフリカ・サイケ編集盤にも収録されています。裏ジャケット解説は英訳もあり。モノラル。【曲】「Sanjina(試聴)」「Kayi」「Nanyuman(試聴)」「Duga」「Malisajo」「Terena」「Badage」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sutaras - LIETUVIY DAINOS IR MUZIKA

  • 民俗音楽/リトアニアLP
 Sutaras- スタラス - "LIETUVIY DAINOS IR MUZIKA "
Lithuania / LP / Stereo / Melodiya C3030771007 / Rec 1990 / Pub 1990
ジャケット表裏擦れ極わずか、左上に小はがれ、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 
■リトアニアのフォーク・アンサンブル・グループの90年のアルバム。
以前入荷したこの民謡アンサンブル・グループと近い雰囲気のあるリトアニアのグループ、スタラス。調べたところ、国がサポートをしたナショナル・バンドなのだそう。こちらは男性のみのグループで、メンバーは5人のみ。リトアニアのトラッド・ソングを、笛、フィドル、アコーディオン、民族楽器等も交え演奏、それに歌、コーラス、たまにアカペラで聞かせる内容。ちょうどリトアニアがソビエトから独立を回復した時期(90年3月)のリリースで、レーベルの巨大な"Made In Lithuania"の文字からしても(メロディアでこんなレーベル初めて見ました)時代の空気を感じさせる一枚。送り溝無しで(曲間2秒ほど)40曲ほど収録されています。ロシア・メロディアではなく、リトアニア・メロディア盤。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Robert Casadesus - SCHUMANN : CARNAVAL / FANTASIE IN C MAJOR

  • クラシックLP
 Robert Casadesus- ロベール・カサドシュ - "SCHUMANN : CARNAVAL / FANTASIE IN C MAJOR"
USA / LP / Mono / Columbia ML5146 / Rec mid50s / Pub late50s
ジャケット表裏円状の擦れ少々、レーベルひげ少々、盤表層スクラッチ少々、プツ音でる小スクラッチわずか
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5
■ロベール・カサドシュが、シューマンの『謝肉祭』『幻想曲』を弾いた一枚。
親友でもあったラヴェルを弾いた作品が良く知られるフランス人ピアニスト、ロベール・カサドシュが、シューマンの2作を弾いたアルバム。A面は初期の傑作と言われる、20曲からなるピアノ曲集『謝肉祭』(1834-1835)。B面も代表作と言われる作で、3楽章からなる『幻想曲(試聴第三楽章)』(1836-1839)。6EYEレーベル、この一つ前のものもあり。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Orchestre Regional De Mopti - ORCHESTRE REGIONAL DE MOPTI

  • 民俗音楽/マリLP
Orchestre Regional De Mopti- オーケストラ・リジョナル・デ・モプティ - "ORCHESTRE REGIONAL DE MOPTI"
Germany / LP / Mono / Barenreiter Musicaphon BM30L2602 / Rec 1970 / Pub 1970
コーティングのペラジャケット表裏擦れわずか、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■マリ共和国モプティのバンド、オーケストラ・リジョナル・デ・モプティ。オリジナル盤。
西アフリカ、マリの中部の都市、モプティ。このオーケストラ・リジョナル・デ・モプティは、その都市が活動をサポートしたグループで、これはミシシッピ・レコードからリイシューもある70年作の、独ベーレンライター・ムジカフォンの貴重なオリジナル盤。残像が見えるようなしなやかなギター、涼しく軽やかなリズム、シンプルなリフレインを繰り返す歌&コーラス。全7曲収録、モノラル。裏ジャケットに英訳解説もあり。【曲】「Boro(試聴)」「Recital(試聴)」「Manden Po」「An Jigi Ye Mali Ye」「Ferro」「Sene」「Taara」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Earle Spencer And His Orchestra - THE ALMOST FORGOTTEN : PIONEER OF MODERN BIG BAND JAZZ

  • ジャズLP
 Earle Spencer And His Orchestra- アール・スペンサー&ヒズ・オーケストラ - "THE ALMOST FORGOTTEN : PIONEER OF MODERN BIG BAND JAZZ"
Canada / LP / Mono / IAJRC 41 / Rec mid1940s / Pub 1980s
ジャケット表裏擦れわずか、レーベルひげわずか、盤浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■40年代最も進歩的なビッグ・バンド・ジャズをプレイしていたアール・スペンサー楽団。
スタン・ケントンが49年に自身の楽団を解散した時に、ローリンド・アルメイダやアート・ペッパーらもこの楽団に移籍した、ケントン楽団の志も受け継いだ由緒正しきプログレッシヴ・モダン・ビッグ・バンド。46年に結成され、ブラック&ホワイトに数枚SPを残したのみという寡作さが災いしてかほとんど知られていませんが、ノアレコは推薦のグループ。これは、彼らが残したSP盤をほとんど全て収録した18曲入りの編集盤。最後はこの楽団の傑作の一つで、あのエキゾ・ピアニスト、ミルト・ラスキンが引っ張る忘我の「Rhapsody In Boogie」、ジャック・マーシャルのエレキが素晴らしい「Concert For Guitar」やバーニー・ケッセル等が加わった「Five Guitars In Fligh」、ペッパー、アルメイダ、ジミー・ネッパー(TB)らが参加した明るい響きのスウィング「Oh Beautiful Doll」、ソーンヒル風の「Jazzbo」(ジャケットの真ん中はジャズボ・コリンズ)、インテリ・ピアニスト、ハル・シェイファーを大きくフィーチュアした「Piano Interlude」などなど収録。【曲】「Bolero In Boogie」「Production On Melody」「Soft And Warm」「Concerto For Guitar」「Amber Moon」「Five Guitars In Flight(試聴)」「Piano Interlude」「Oh, You Beautiful Doll」「Jazzbo」「E.S. Boogie (Part 1)」「E.S. Boogie (Part 2)」「Rhapsody In Boogie (Part 1)」「Rhapsody In Boogie (Part 2)」「Spencerian Theory (Part 1)」「Spencerian Theory (Part 2)(試聴)」「Sunday Afternoon」「Box Lunch」「Earle Meets Stan」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Carl Orff And Gunild Keetman - MUSICA POETICA : ORFF-SCHULWERK 3

  • クラシックLP
 Carl Orff And Gunild Keetman- カール・オルフ&グニルト・ケートマン - "MUSICA POETICA : ORFF-SCHULWERK 3"
Germany / LP / Mono / Harmonia Mundi HM30652 / Rec 1964 / Pub 1964
ジャケット表裏円状の擦れ少し、しみ、ブックレット内側しみ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、チリ音少々
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 3.5 
■カール・オルフの『Musica Poetica』の64年エディション、第三集。
ドイツの現代音楽作曲家カール・オルフ(1895-1982)。ドビュッシーやシェーンベルクを学んだオルフ、36年に作曲したオペラ『カルミナ・ブラーナ』が良く知られる人。さてオルフはまじめなクラシック・ファンには全く聞かれていない、しかし言葉もなくなる素晴らしい作品集をライフワークとして創作しました。それがこの『Musica Poetica - Schulwerk』。教え子の作曲家グニルト・ケートマンとともに30年代に作り上げた、現代音楽や民俗音楽、ヨーロッパ民謡等のエッセンスを噛み砕き、知育音楽として結晶させた、一分から三分程度の短い曲からなる膨大な作品集。これは64年、全10枚リリースされたこのシリーズの3枚目。木琴、鉄琴(メタロフォン)、リコーダー、フルート、オーボエ、クラ、少しのストリングス、パーカッションetc...によるアンサンブル、手拍子だけの曲、子供たちのコーラス曲、そしてそれらが組み合わさったものをバランス良く収録。ブックレット付き。モノラル。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

So Chun-Bo - CHINESE CHENG MUSIC VOL.2

  • 民俗音楽/中国LP
 So Chun-Bo- 蘇振波 - "CHINESE CHENG MUSIC VOL.2"
Hong Kong / LP / Stereo / Life LCLP3008 / Rec 1977 / Pub 1977
見開きジャケット表裏擦れ少々、内ジャケットきれい、レーベルひげ少々、盤ほぼ新品同様
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4
■香港の古箏演奏家、蘇振波のソロ・アルバム。
チェンと言われる中国の古箏を演奏する香港の演奏家、蘇振波のソロ・アルバム。広東や潮州の古い曲を、箏の独奏、合奏、また他の楽器とのアンサンブルで聞かせる一枚。古箏と言っても裏ジャケットにあるように様々な種類のものが用いられています。聞いていると弦そのものが生きているように思えてくる、柔軟でニュアンスに富んだ演奏。香港盤。【曲】「将軍令」「戦颱風(試聴)」「普庵哭(試聴)」「山丹丹花開紅艶艶」「書眉跳架」「白毛女主題随想曲」「關山月(試聴)」「蕉窗夜曲」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ozawa Shoichi (Dir., Rec.) - DOCUMENT NIHON NO HOROGEI - TOKUBETSU HIGHLIGHT BAN

  • 民俗音楽/日本LP
Ozawa Shoichi (Dir., Rec.)- 小沢昭一(監修・録音) - "DOCUMENT NIHON NO HOROGEI - TOKUBETSU HIGHLIGHT BAN"
Japan / LP / Mono / Victor LWG1010 / Rec early1970s / Pub 1971
ジャケット表裏円状の擦れ少々、しみ、レーベルひげわずか、盤ほぼ新品同様
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 4
■『日本の放浪芸』の特別ハイライト盤。
小沢昭一が日本各地をめぐり、その土地ならではの風俗にまつわる音楽を現地録音、そして71年にビクターからLP7枚組というボリュームでリリースされた『ドキュメント 日本の放浪芸』。これはその7枚から美味しいところを抜粋、そして一枚にまとめた見本・非売品のハイライト盤。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Nji Moersih - IJS LILIN cw EKTRA GEBOIJ

  • 民俗音楽/インドネシア78rpm
 Nji Moersih- アンジ・モルシー - "IJS LILIN cw EKTRA GEBOIJ"
U.K. / 78rpm / Mono / Columbia LJ132 / Rec mid to late1930s? / Pub mid to late1930s?
レーベルきれい、盤擦れ少々できれい、時折プツ音、カンパニースリーブ汚れ、やぶれあり(きれいなスリーブ付けます)
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 3.5~4
■インドネシアの女性シンガー?アンジ・モルシーの一枚。
他の盤では歌が一切入っていないのもあるので自信はないのですが一応....ジャワ西部の女性シンガー、アンジ・モルシー(読み方も自信無し)。レーベルにロンドンとあり、ジャワ・コロンビアのカンパニースリーブに入ってましたので、恐らくですがイギリス・プレスで現地流通していたものと思います。両面、縦笛スリンと弦楽器ケチャピをバックにしたナンバー。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Aileen Stanley And Billy Murray / Johnny Marvin - IM GONNA DANCE WIT DE GUY WOT BRUNG ME cw I WALKED BACK FROM THE BUGGY RIDE

  • ボーカル78rpm
Aileen Stanley And Billy Murray / Johnny Marvin- アイリーン・スタンレイ&ビリー・マレイ/ジョニー・マーヴィン - "I'M GONNA DANCE WIT DE GUY WOT BRUNG ME cw I WALKED BACK FROM THE BUGGY RIDE"
USA / 78rpm / Mono / Victor 20822 / Rec 1927 / Pub 1927
レーベル、盤ともに擦れわずか、ピカピカです
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4
■20年代の女性シンガー、アイリーン・スタンレーが、人気男性シンガー二人とデュオった一枚。
シカゴ生まれの白人女性ながら、黒人的な歌唱を身につけ、レイス・レーベル、ブラック・スワンなどからもレコードをリリースしたアイリーン・スタンレー。これは彼女が両面それぞれ当時のビクターの男性スターとデュオった一枚。Aはビリー・マレイ、Bはジョニー・マーヴィン。両面ともに話口調と歌を混ぜた可愛らしいナンバー。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Paul Whiteman And His Orchestra - MY BLUE HEAVEN cw ALL BY MY OWNSOME

  • ジャズ/ダンス・バンド78rpm
 Paul Whiteman And His Orchestra- ポール・ホワイトマン&ヒズ・オーケストラ - "MY BLUE HEAVEN cw ALL BY MY OWNSOME"
USA / 78rpm / Mono / Victor 20828 / Rec 1927 / Pub 1927
レーベル擦れ、盤浅い擦れ表層のスクラッチ少々
Jacket n/a / Disc 3 / Sound 3.5 
■ポール・ホワイトマンの「My Blue Heaven」。
サンフランシスコのローカル・バンドだったホワイトマン、NYに移りビクターと契約、そして1920年に出した1stがいきなり特大のヒット。それから37年までビクターで時代の先を行く超高品質なレコードを連発。これは27年、ビックス・バイダーベックらが加入する直前の一枚で、極上アレンジの「My Blue Heaven」。裏面も同様高品質なダンス・バンドで、こちらは歌入り。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bela Bartok - EXCERPTS FROM MIKROKOSMOS

  • クラシックLP
 Bela Bartok- ベラ・バルトーク - "EXCERPTS FROM MIKROKOSMOS"
USA / LP / Mono / Columbia ML4419 / Rec 1940 / Pub 1951
ジャケット表裏擦れ少々、裏ジャケットにシール跡、レーベルに両面プロモステッカー、ひげ極わずか、盤極浅い擦れ、きれい
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4
■バルトークが自作『ミクロコスモス』を弾いた一枚。
20世紀ハンガリーを代表する作曲家バルトークが、現代音楽の扉を開いたまさに音楽の小宇宙が詰まったピアノ小曲集『ミクロコスモス』をみずから弾いた一枚。26年から39年にかけて、6つのシリーズで全153曲作られた中から35曲を選び演奏。全て数十秒から2分ほどの曲で、ブルガリアやバリなどの民俗音楽をもとにした(特にブルガリア多し)ものが多く、メロディ、リズム、空気感などなど超多彩、しかしバルトークならではのピリッとした響きで貫かれた一枚。演奏も曲にひたるようなムードは全く無し、冷徹とさえ感じるほどスパッと覚醒したタッチ。録音は40年なのでアセテートでしょうか、SP盤起こしのような音。リリースは51年。オリジナル・レーベル、フラット・エッジ。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
2019年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.