(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 30)

Shenandoah Valley Boys With Jim Eanes - SHENANDOAH VALLEY BOYS WITH JIM EANES

  • カントリー/ブルーグラスLP
Shenandoah Valley Boys With Jim Eanes- シェナンドー・バレイ・ボーイズ・ウィズ・ジム・イーネス - "SHENANDOAH VALLEY BOYS WITH JIM EANES"
USA / LP / Mono / County 726 / Rec 1970 / Pub 1970
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3.5~4 / Disc 3.5~4 / Sound 4  2980 yen
■再結成した後70年に出されたアルバム。
40年代からビル・モンローやフラット&スクラッグスと共演してきたギタリスト、ジム・イーネス。その後このグループを結成、リッチRトーン系列からデビュー(その頃の音源はラウンダーの"Early Days Of Bluegrass"で単独盤あり)。一旦は引退状態になりましたが再結成、そして出された70年のアルバム。完璧というのがぴったりの抜群の演奏に温かみのあるハーモニー、音も本当にいい14曲。【曲】「I'll Be No Stranger There」「Home On High」「In His Arms I'm Not Afraid」「Boat Of Love」「God Isn't Dead」「I'll Fly Away」「Are You Washed In The Blood」「When Our Lord Shall Come Again」「Let Him Lead You」「Light At The River」「How Can You Refuse Him Now」「Where No Cabins Fall」「When He Reached Down His Hand For Me」「Thank The Lord For Everything」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Seiji Ozawa, Michael Tilson Thomas(Cond.), Boston Sym. Orch. - CHARLES IVES : SYMPHONY NO.4 / THREE PLACE IN NEW ENGLAND / CENTRAL PARK IN THE DARK

  • クラシックLP
 Seiji Ozawa, Michael Tilson Thomas(Cond.), Boston Sym. Orch.- 小澤征爾、マイケル・ティルソン・トーマス(指揮)、ボストン交響楽団 - "CHARLES IVES : SYMPHONY NO.4 / THREE PLACE IN NEW ENGLAND / CENTRAL PARK IN THE DARK"
Germany / LP / Stereo / Deutsche Grammophon 410933-1 / Rec 1970s / Pub 1984?
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■チャールズ・アイヴズの交響曲、管弦楽を3作収録したアルバム。
新天地アメリカに音楽の新天地を作った作曲家チャールズ・アイヴズ(1874-1954)の三作を収録した一枚。A面は最後の交響曲第四番(試聴)で、未完の遺作をのぞいて、平たく言えば最もぶっ飛んだ作。コーラスが入る短い前奏曲から、二人の指揮者が同時に指揮する混沌とした世界へ流れ、郷愁感あふれる美しい楽章を経て、恐怖と希望が入り混じる驚きで終わる全4楽章。B面最初はやはり多層の管弦楽で、「答えの無い質問」の裏側の傑作「Central Park In The Dark(試聴)」、同じくアイヴズらしい手法が多く散りばめられ、今では最も多く演奏される作品だという管弦楽の代表作「Three Place In New England」。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lotte Lenya - SINGS BERLIN THEATRE SONGS BY KURT WEILL

  • クラシック/女性ヴォーカルLP
 Lotte Lenya- ロッテ・レーニャ - "SINGS BERLIN THEATRE SONGS BY KURT WEILL"
USA / LP / Mono / CBS 62318 / Rec mid50s / Pub 1980s?
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ロッテ・レーニャがドイツ時代のワイルの名曲を歌った一枚。
現代音楽の草分けブゾーニに学んだ後、アメリカのジャズから影響受け前衛的な大衆娯楽音楽を作ったクルト・ワイル。これは、ワイルの妻でもあり、ワイルの芝居音楽の最高の歌い手だったロッテ・レーニャが、『三文オペラ(1928年)』『マハゴニー(1927年)』『ハッピー・エンド(1929年)』『ベルリン・レクイエム(1928年)』『鏡の湖(1933年)』のナンバーを歌った一枚。オリジナリティの塊のようなワイルの音楽を20年代から唄ってきた、他に無い磨かれ方をしたレーニャの歌を12曲どうぞ。伴奏は、アコギのみの曲やオルガンが大きくフィーチュアされる曲があるものの基本は試聴の中編成ジャズ・バンド。オリジナルは55年のドイツ盤、これはオランダ盤リイシュー。【曲】「Moritat(試聴)」「Barbara-Song」「Seerauber-Jenny」「Havanna-Lied」「Alabama-Song」「Wie Man Sich Bettet」「Bilbao-Song」「Surabaya-Johnny(試聴)」「Matrosen Tango」「Vom Ertrunkenen Madchen」「Lied Der Fennimore」「Casars Tod」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Hot Shot Love, Joe Hill Louis, J.D. Horton, etc. - LOW DOWN MEMPHIS HARMONICA JAM 1950-1955

  • ブルースLP
 Hot Shot Love, Joe Hill Louis, J.D. Horton, etc.- ホット・ショット・ラブ、ジョー・ヒル・ルイス、J.D.ホートン、etc. - "LOW DOWN MEMPHIS HARMONICA JAM 1950-1955"
USA / LP / Mono / Nighthawk 103 / Rec early50s / Pub 1976
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■メンフィス・ブルース・ハープのコアな名演を集めた編集盤。
40~50年代の最もコアでレアなブルース、リズム&ブルースを掘り起こしリリースしていたナイトホーク・レーベルから、メンフィスのブルース・ハープに焦点を定め編まれた編集盤。この時代、サンに一枚だけ残したホット・ショット・ラブ、ヘヴィなワン・マン・ブルース・バンド、ジョー・ヒル・ルイス、と最初の2アーティストでもう満腹。後にシカゴで成功するウォルター・ホートンのメンフィス時代、マンブルズという名前で録音した2曲、若きジェームス・コットンが吹く、後にマディ・ウォーターズ等のバックを務めるウィリー・ニックス等々、ウルトラ濃厚な一枚。オリジナル盤。【曲】「Hot Shot Love / Harmonica Jam」「Wolf Call Boogie」「Joe Hill Louis / Street Walkin' Woman」「Walkin'Talkin' Blues」「J.D. Horton / Cadillac Blues」「Why Don't You Let Me Be Me」「Mumbles / Now Tell Me Baby(試聴)」「Jumpin' Blues」「Joe Hill Louis / Gotta Let You Go」「Boogie In The Park(試聴)」「Willie Nix / Seems Like A Million Years」「Barbershop Boogie」「Woodrow Adams / Wine Head Woman」「Baby, You Just Don't Know」「Chicago Sunny Boy / Love My Baby」「On The Floor」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Fred And Adele Astaire - LADY BE GOOD

  • パーソナリティLP
Fred And Adele Astaire- フレッド&アデーレ・アステア - "LADY BE GOOD"
USA / LP / Mono / Monmouth Evergreen MES7036 / Rec 1920s, 30s / Pub 1970s
ジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■"レディ・ビー・グッド"の初録音等を集めたアステアの初期音源集。
ガーシュウィンを代表する作で、フレッドとアデーレのアステア姉弟の名を高めたブロードウェイ、『Lady Be Good』。A面は初演時のバンドとともにその中のナンバーを26年に初録音した音源を収録。B面はフレッド・アステアの初期名曲の音源集。【曲】「Fascinating Rhythm(試聴)」「Hang On To Me」「Lady Be Good」「I'd Rather Charleston」「So Am I」「Half Of It Dearie Blues」「Swiss Made」「Not My Girl」「Louisiana」「Puttin' On The Ritz」「Night And Day」「Crazy Feet」「After You, Who?(試聴)」「Flying Down To Rio」「Music Makes Me」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Stuttgarter Blaserquintette - TILO MEDEK : BLASER QUINTETTE I-III

  • クラシックLP
Stuttgarter Blaserquintette- シュトゥットガルト木管五重奏団 - "TILO MEDEK : BLASER QUINTETTE I-III"
Germany / LP / Stereo / DG 1223 / Rec 1985 / Pub 1985
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、大判インサート(英語解説)きれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ドイツの作曲家ティロ・メデクの木管五重奏曲を3作収録した一枚。
イタリアのルイージ・ノーノやシュトックハウゼンに習った、旧東ドイツの街イエナ生まれの作曲家ティロ・メデク(1940-2006)。ブレヒトとの作も知られるメデクは、室内楽、ピアノ曲を多く残しました。これは、彼の木管室内楽を3作収録した西ドイツ盤。どの作も、謎めいた響きはありつつもユーモラスでいて安堵のムード漂ういい曲ばかり。自然なジャズからの影響や、ヴォーン・ウィリアムスなど20世紀前半のイギリスの作曲家を思わせるわびしい雰囲気も胸を打ちます。演奏はシュトゥットガルト木管五重奏団、85年。『Blaser Quintette 1』「Verlorensein(試聴)」「Kommod」「Entfalten(試聴)」『Blaser Quintette 2』「Pavane」「Valse Sentimentale」「Ragtime」「Augenspiel(試聴)」「Siciliano」「Tarantella」『Blaser Quintette 3』「Im Gehause」「Schattengang」「Nach Jiddischer Art」「Vorhangfassade(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Paul Wittgenstein - MUSIC FOR LEFT HAND

  • クラシックLP
 Paul Wittgenstein- パウル・ウィトゲンシュタイン - "MUSIC FOR LEFT HAND"
USA / LP / Mono / Period SPL742 / Rec 1956 / Pub 1950s
コーティング・ジャケット擦れわずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか、A面最後のほうに小プツ音でるスクラッチ
Jacket 4 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■戦争で右手を失ったピアニスト、パウル・ウィトゲンシュタインのピアノ・ソロ・アルバム。
ウィーン生まれで第一次大戦に従軍、その時に右手を失いながらもピアノを弾くことをやめなかったパウル・ウィトゲンシュタイン。哲学者ウィトゲンシュタインの兄でもあり。A面のラヴェルの『左手のためのピアノ協奏曲』は、ラヴェルがパウルのために書いた作で、彼の名を一躍広めた作。B面は全てピアノ独奏で、ブラームスが左手のためのアレンジを施したバッハのシャコンヌ、リストがアレンジしたシューベルトの「海の静けさ」、ドイツの作曲家マックス・レーガーの「ロマンス」「前奏曲とフーガ」。ビバップ、クラシックを出したピリオドから56年のアルバム。恐らくマルーン・レーベルもあり、これはセカンド・レーベル。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Eddie Dean - HILLBILLY HEAVEN

  • カントリーLP
 Eddie Dean- エディ・ディーン - "HILLBILLY HEAVEN"
USA / LP / Mono / Crown CST258 / Rec mid50s / Pub 1963
ジャケット擦れ少々、右上取り出し口小縁裂け、小シール、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■カウボーイ・シンガー、エディ・ディーンの63年のアルバム。
テキサス生まれで30年代にフィルム・デビュー、その後40年代にブレイクした西部劇俳優、エディ・ディーン。実はシンガーとしては20年代に初録音しているヒルビリー・シンガー。その歌はかのジーン・オートリーをして古今東西ナンバーワンのカウボーイ・シンガーだと言わせたほど。これはクラウンからの63年のアルバム(オリジナルはセージ・レコードの61年盤)で、そのいい声がたっぷり楽しめる一枚。【曲】「I Dreamed Of A Hillbilly Heaven」「Love The Way You Say It(試聴)」「Banks Of The Old Rio Grande」「Impatient Blues(試聴)」「Tangled Lies」「Iowa Rose」「Walk Beside Me」「Katmandu」「Make Believe」「Seeds Of Doubt」「I Called And I Called」「I Took The Blues Out Of Tomorrow」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Curtis Lee - PRETTY LITTLE ANGEL EYES

  • オールディーズLP
 Curtis Lee- カーティス・リー - "PRETTY LITTLE ANGEL EYES"
USA / LP / Mono / Dunes DU2000 / Rec early60s / Pub 1986
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■ティーン・ロッカー、カーティス・リーのベスト・アルバム。
59年にシンガーとしてデビュー、後にモンキーズのソング・ライティングで名を馳せるトミー・ボイスとともに作曲を始め、フィル・スペクターがプロデュース、デューン・レコードから出たタイトル曲「Pretty Little Angel Eyes」がヒット。これはデューンからのベスト・アルバム。初期のロカビリーから、得意のドゥワップもの、ポップなティーン・ロッカー、ダンス系、バラードまで多彩な14曲。【曲】「Gotta Have You」「I Never Knew What Love Could Do」「Pure Love」「With All My Heart」「Under The Moon Of Love」「Does He Mean That Much To You」「Beverly Jean」「Pretty Little Angel Eyes(試聴)」「Gee How I Wish You Were Here(試聴)」「The Wobble」「Pickin' Up The Pieces Of My Heart」「Mr. Mistaker」「Just Another Fool」「A Night At Daddy Gee's」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Boy Green, Dan Pickett, Curly Weaver, etc. - PLAY MY JUKEBOX : EAST COAST BLUES 1943-1953

  • ブルースLP
Boy Green, Dan Pickett, Curly Weaver, etc.- ボーイ・グリーン、ダン・ピケット、カーリー・ウィーヴァー、etc. - "PLAY MY JUKEBOX : EAST COAST BLUES 1943-1953"
U.K. / LP / Mono / Flyright LP4711 / Rec 1943 to 1953 / Pub 1976
コーティング・ジャケット擦れ少々、折れ目少々、レーベルひげほぼ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■東海岸の40~50年代カントリー・ブルース集。
まずは6曲収録された謎のダン・ピケット。ブルース研究家によっていまだに調査が続けられているということからもわかる通り、トミー・マクレナンにも通じる一級のブルース。ナショナル・ギターとカズーも咥え脱力したブルースをやるジュリアス・キング、この盤で初めてリイシューされた、一枚しか残さなかったRLウエストモアランドは、ブッカ・ホワイトがさらに荒んだ感の2曲。ピードモント系最高峰のギターにハープが入るスクードゥルダンドゥ&シェフィールド、イーストコーストらしいラギン・ブルースの、これまた一枚しか残さなかったボーイ・グリーン、キャロライナ・スリムの恐ろしくディープなナンバーetc...【曲】「Boy Green / Play My Juke-Box」「Dan Pickett / Lemon Man(試聴)」「Number Writer」「Curley Weaver / Some Rainy Day」「Skoodle Dum Doo & Sheffield / West Kinney Street Blues」「Julius King / Mississippi Boogie(試聴)」「Dan Pickett / That's Grieving Me」「Robert Lee Westmoreland / Hello Central, Please Give Me 209」「Boy Green / A And B Blues」「Dan Pickett / Chicago Blues」「Robert Lee Westmoreland / Good Looking Woman Blues」「Julius King / One O'Clock Boogie」「Skoodle Dum Doo & Sheffield / Broome Street Blues」「Dan Pickett / Something's Gone Wrong」「You Got To Do Better」「Carolina Slim / Georgia Woman」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Guitar Red, Ed Kirby, Rufus Thomas, etc. - 706 BLUES

  • ブルースLP
 Guitar Red, Ed Kirby, Rufus Thomas, etc.- ギター・レッド、エド・カービー、ルーファス・トーマス、etc. - "706 BLUES"
Holland / LP / Mono / Redita LP111 / Rec 1950s / Pub 1975
ジャケット擦れ少々、折れ目少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■サン・レーベルのブルースを収録したオムニバス。
50年代メンフィス・アンダーグラウンドの黒人音楽シーンが生々しく伝わる一枚。収録された2曲だけを残した(しかし未発表)謎のブルースマン、ギター・レッド、ダークなドゥワップ調のエド・カービー、「Bear Cat」よりもさらに前のルーファス・トーマスのジャンプ・ブルース、ジュニア・パーカーのオリジナル「Mystery Train」、全曲お宝ですが中でもまさしくキラーなパット・ヘアー、サンのR&Bと言えばのロスコー・ゴードンは未発表2曲、などなど、他も濃密な全16曲。【曲】「Guitar Red / Baby Please Don't Go」「Go Head On」「Ed Kirby / Mean Old Gin」「Rufus Thomas / I'm So Worried」「I'll Be A Good Boy」「Joe Hill Louis / Tiger Man(試聴)」「Junior Parker / Mystery Train」「Love My Baby」「Pat Hare / I'm Gonna Murder My Baby(試聴)」「Ain't Gonna Be That Way」「Eddie Snow / Ain't That Right」「Frank Frost / Jack Jump」「Handy Jackson / Got My Application Baby」「Trouble Will Get You Down」「Roscoe Gordon / Juice Head」「V.O. Baby」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Hound Dog Taylor And The House Rockers - BEWARE OF THE DOG

  • ブルースLP
 Hound Dog Taylor And The House Rockers- ハウンド・ドッグ・テイラー&ザ・ハウス・ロッカーズ - "BEWARE OF THE DOG"
USA / LP / Stereo / Alligator AL4707 / Rec 1974 / Pub 1976
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■ブルース・ギタリスト、ハウンド・ドッグ・テイラーのライブ・アルバム。
日本製のカワイやテスコなどビザール・ギターを豪快なスライドも混ぜ掻き鳴らし、甲高い声でシャウトする他の誰にも似ていないブルース・ギタリスト&シンガー、ハウンド・ドッグ・テイラー。指が6本あることも有名。これは74年、イリノイとオハイオでのライブをまとめたアルバム。もうブルース・ファンよりもジョセフ・スペンスやジョナサン・リッチマンが好きな人にお薦めな内容。【曲】「Give Me Back My Wig(試聴)」「The Sun Is Shining」「Kitchen Sink Boogie」「Dust My Broom(試聴)」「Comin' Round The Mountain」「Let's Get Funky」「Rock Me」「It's Alright」「Freddie's Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2019年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.