(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 297)

Takahshi Kuzan - TAKE NO HIBIKI

  • 日本の音楽LP
 Takahshi Kuzan- 高橋空山 - "TAKE NO HIBIKI"
Japan / LP / Stereo / KT KT1001 / Rec 1981 / Pub 1981
ジャケット美品、レーベルひげ無し、盤新品同様、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■普化尺八の神様と言われた高橋空山の自主制作盤。
尺八を吹き旅をする虚無僧の宗派で知られる禅宗の一派、普化宗。この高橋空山(1900-1986)は普化宗尺八の神様と言われた伝説的な演奏家。しかし彼の演奏を聞いたことのある人は極めて少なく、公の場で演奏したのは数えるほどだといいます。これは81年に自主制作された空山の唯一のLP。普化宗尺八曲の、一般には演奏されることの珍しい曲を中心に8曲収録。5曲が空山の独奏、そのうち一曲は一節切りという短い竹笛の曲で、この一節切りが録音されたのはこれが初めてということです。他3曲は、空山の弟子の二人エドワードAシュワルツ(ドイツ系アメリカ人)と藤由雄蔵の合奏。もとから帯無し、インサート付き。【曲】「虚霊(試聴)」「真蹟」「鶴の巣籠」「下りは」「虫の音(試聴)」「調」「讃仰」「夏末(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

V.A. Jesse Babyface Thomas, Oscar Woods, Texas Alexander, etc. - BLUES FROM THE WESTERN STATES

  • ブルースLP
 V.A. Jesse Babyface Thomas, Oscar Woods, Texas Alexander, etc.- ジェシ・ベイビーフェイス・トーマス、オスカー・ウッズ、テキサス・アレクサンダー、etc. - "BLUES FROM THE WESTERN STATES "
USA / LP / Stereo / Yazoo L1032 / Rec 1927 to 1949 / Pub ?
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 
■テキサスを中心に西部のカントリー・ブルースを収録したヤズー編集盤。
テキサスを中心に西部の戦前カントリー・ブルースを収録したヤズー編集盤。味わい、深み、一曲ごとの個性どれをとっても名盤と言える一枚。都会的で豊かな音楽性のある東部、エネルギーを煮詰めて噴出するようなミシシッピとは違い、各々は個性的でありつつ、広大な大地にさじを投げるようなどこか諦めにも似た埃っぽいナンバーを14曲収録。スライドの名手に事欠かないこの地でもトップのキング・ソロモン・ヒル、空しく寂廖感満点のランブリン・トーマスといったビッグ・ネームからマニアでも誰?となるような人までもう戻ってこれなくなるような内容。ライナーはステファン・カルト、ニック・パールズ、マイク・ステュワート(バックワーズ・サム・ファーク)。【曲】「King Solomon Hill / Down On My Bended Knee(試聴)」「Will Day / Sunrise Blues」「Ramblin' Thomas / Lock And Key Blues」「Jesse "Babyface" Thomas / No Good Woman Blues」「Willie Lane / Howling Wolf Blues(試聴)」「Richard "Rabbit" Brown / James Alley Blues(試聴)」「Little Hat Jones / Cherry Street Blues」「Otis Harris / You'll Like My Loving」「Oscar Woods / Don't Sell It, Don't Give It Away」「Little Hat Jones / Little Hat Blues」「Jesse "Babyface" Thomas / Blue Goose Blues」「Willie Lane / Back Cat Rag (Unissued Take)」「Texas Alexander / Double Crossing Blues」「Little Hat Jones / Cross The Water Blues」※本日はこれでアップ終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jesse Crawford - ALWAYS cw DINAH

  • オルガン78rpm
 Jesse Crawford- ジェシ・クロフォード - "ALWAYS cw DINAH"
USA / 78rpm / Mono / Victor 20000 / Rec 1926 / Pub 1926
レーベル、盤ともにきれい
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 
■オルガン録音のパイオニア、ジェシ・クロフォードが演奏する「ダイナ」。
1920年代から無声映画の伴奏で西海岸のシアトルなどを中心に活躍したオルガン奏者ジェシ・クローフォード。1930年代からは無声映画がトーキーに次第に変わっていったため活動場所をラジオなどにうつし演奏を続けます。大ヒットはないようですが、戦前にオルガンの音をSP盤で聞いたリスナーの衝撃も大きかったようで、いまでも20世紀前半のオルガン奏者のパイオニアとして知られています。これは26年、彼の極初期の一枚で、裏面の「ダイナ」も今聞けるものの中でも最も初期のバージョン。電気録音です。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

John Fahey - RED CROSS

  • ギターCDetc
 John Fahey- ジョン・フェイヒー - "RED CROSS"
USA / CDetc / Stereo / Revenant 104 / Rec 2001 / Pub 2003
ジャケットきれい、盤面擦れわずか、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 3.5~4 / Sound 4
■生前最後のスタジオ録音アルバム。
ギター音楽に大きな潮流を作り、その影響は今もって大きくなっていると感じるフィンガー・ピッキング・ギタリスト、ジョン・フェイヒー。これは自身のレーベル、レヴェナントからリリースした生前最後のスタジオ録音アルバム。一言、タコマ・レーベル時代のものも含めて他のどの作にも劣らない真の傑作。心の底から歌詞を唄いながら弾いているあまりに悲しく美しい冒頭のスタンダード「Remember」から、ラストの「Untitled With Rain」まで、初期から90年代までのエッセンスが絶妙なバランスでザックリと削り出された粗目の音像が本当に感動的。【曲】「Remember(試聴)」「Red Cross, Disciple Of Christ Today」「Summertime」「Ananaias(試聴)」「Motherless Child」「Charley Bradley's Ten-Sixty-Six Blues」「Untitled With Rain(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Eddy Arnold - DONT ROB ANOTHER MANS CASTLE cw THERES NOT A THING

  • カントリー78rpm
 Eddy Arnold- エディ・アーノルド - "DON'T ROB ANOTHER MAN'S CASTLE cw THERE'S NOT A THING"
USA / 78rpm / Mono / RCA Victor 21-0002 / Rec 1948 / Pub 1948
レーベル擦れ少々、盤浅い擦れ、極表層のスクラッチ少々
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5  2480 yen
■カントリー・シンガー、エディ・アーノルドの48年作。両面大ヒットした彼の代表作。
30年代中期には既にラジオ・デビュー、数年後にメンフィスでは知らぬもののいない存在となったカントリー・シンガー、エディ・アーノルド。44年にRCAと契約、かの有名なパーカー大佐(後のエルヴィスのマネージャー)とともに戦後~50年代のスターとなり、ナッシュヴィル・カントリーの基礎を築きました。これは48年の一枚で、Aはナンバー1、裏面は3位という大ヒットを記録した彼の代表作の一つ。彼のスタイルの美味しいところが詰め込まれた素晴らしいダブルサイダー。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Unknown Artist - ONE STEP cw DIXIE

  • 78rpm
 Unknown Artist- 演奏グループ不明 - "ONE STEP cw DIXIE"
USA / 78rpm / Mono / Columbia 32375 / Rec pre1920s / Pub pre1920s
レーベル、盤ともに美品
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 
■珍盤中の珍盤。“このレコードは、新聞広告にあったとおり、”(続く)
“特別にあなたに贈られたコロンビア・レコードのサンプルです。コロンビアの両面盤は65セント(or More)で販売され、あなたの蓄音機で再生が可能です。”というようなことがレーベルに書いてあるのですが、新聞の広告とは一体どういうものだったのでしょうか。抽選か何かだったのでしょうか?とにかく珍盤中の珍盤。内容もワン&オンリー。Aの「One Step」はワン・ステップ・ダンスのレクチャー・サイド。コロンビア・バンドと講師が音楽と語りで教えています。裏面は曲。ミンストレル・ショウの定番レパートリー「Dixie」で、ノヴェルティ感覚満点のヴォーカル入り。新品のようなコンディション。1910年代後半?試聴はB→Aです。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Merle Travis - ROUGH, ROWDY AND BLUE

  • ブルースLP
 Merle Travis- マール・トラヴィス - "ROUGH, ROWDY AND BLUE"
USA / LP / Stereo / CMH CMH6262 / Rec 1986 / Pub 1986
ジャケット表裏擦れ極わずか、下部中央に小縁裂け、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れ
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4
■アメリカン・ギタリスト、マール・トラヴィスの86年のアルバム。
チェット・アトキンスが彼の演奏を聴いてギターを志したという話も知られる、アメリカ史上最高のギター・レジェンドの一人、マール・トラヴィス。レス・ポールと同様に発明家としての才もあり、種々意見はあるものの、いわゆるソリッド・ボディのエレキ・ギターを作ったのはこのマール・トラヴィスというのが定説。これは86年のアルバム。こんなのが出ているなんて知りませんでした...オールド・ブルースをギター一本で弾き語ったアルバムで、パリッとしたピッキングと対照的にヨレた唄いっぷりがなんとも味のある一枚。【曲】「Cocaine Blues(試聴)」「Cairo Blues(試聴)」「Jelly Roll Blues」「Merry Christmas Pretty Baby」「Key To The Highway」「(I'm Gonna Move Way Out) To The Outskirts Of Town」「Stack O'Lee」「Whiskey」「Step It Up And Go(試聴)」「Dry Bread」「Honey, Take A Whiff On Me」「Too Mean To Cry」※本日のアップはこれで終了です


By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Joosep Kotkas - RAHVALIKKE KANDLEPALU

  • 民俗音楽/エストニア45rpm EP
 Joosep Kotkas- ジューセプ・コトカス - "RAHVALIKKE KANDLEPALU"
USSR / 45rpm EP / Mono / Melodiya M32396278 / Rec 1950s? / Pub 1982
ジャケット表裏擦れ少々、裏ジャケットにスタンプと書き込み、レーベルAにスタンプと書き込み、盤浅い擦れ少々
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4 
■エストニアの民族楽器カンネルを演奏するジューセプ・コトカスの6曲入りEP。
チターにも似た、エストニアのカンテレ、カンネルを演奏するジューセプ・コトカス(と読むのか自信なし)というプレイヤーの6曲入りEP。曲はエストニア民謡で、6曲入り。この人の演奏がそうなのかもしれませんが、カンテレやチターに比べて原始的で力強い響きがします。リリースは82年ですが、62年に亡くなった人なので、録音は50年代と思われます。モノラル。【曲】「Pulmalust(試聴)」「Kuppari Muia」「Vokiratas」「Labajalg」「Koigi Polka(試聴)」「Kalamies(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Johnny Dodds - Tommy Ladnier - 1923 - 28

  • ジャズ/ブルースLP
 Johnny Dodds - Tommy Ladnier- ジョニー・ドッズ、トミー・ラドニエ - "1923 - 28"
USA / LP / Mono / Biograph 12024 / Rec 1923 to 1928 / Pub early1970s
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4
■ジョニー・ドッズ、トミー・ラドニエのレア音源集。
シドニー・ベシェ、ジミー・ヌーンと並ぶアーリー・ジャズの大クラ奏者ジョニー・ドッズと、ドッズとの共演も多いやはりニューオーリンズの伝説的なトランぺッター、トミー・ラドニアが参加したブルース&ジャズのレア音源を収録したバイオグラフ盤。ブラインド・ブレイク、ドッズ、ジミー・バートランドのトリオによる珍しいナンバー「Hot Potatoes」、クラシック・ブルース界のギーシー・ワイリーだと思う女性ブルース・シンガー、エルザディー・ロビンソン、シカゴの黒人女性バンド・リーダー、ラヴィー・オースティンのバンドでの演奏(二人とも)などなど収録。【曲】「Blind Blake / Hot Potatoes(試聴)」「Lovie Austin's Blues Serenaders / You Don't Mean Me No Good」「Lovie Austin's Blues Serenaders / Out Bound Train Blues」「Lovie Austin's Blues Serenaders / Walk Easy 'Cause My Papa's Here」「Elzadie Robinson / Elzaide's Polcy Blues」「Elzadie Robinson / Pay Day Daddy Blues(試聴)」「Dixieland Thumpers / Weary Way Blues(試聴)」「Lovie Austin's Blues Serenaders(以下全て) / Graveyard Dream Blues」「Weary Way Blues」「Kentucky Man Blues」「Death Letter Blues」「Don't Blame Me」「Scottle De Doo」※本日のアップはこれ終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

People Of Switzerland - FOLK MUSIC INSTRUMENTS OF SWITZERLAND

  • 民俗音楽/スイスLP
 People Of Switzerland- スイスの人々 - "FOLK MUSIC INSTRUMENTS OF SWITZERLAND"
Switzerland / LP / Stereo / Claves D8012-13 / Rec 1970s? / Pub 1980
ボックス擦れわずか、内側きれい、レーベル二枚ともひげ無し、盤二枚ともほぼ新品同様、ブックレットきれい
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 
■スイスの民族楽器を特集した2LPボックス・セット。
おもにクラシックや現代音楽のリリースで知られるスイスのクラーヴェ・レーベルが、スイス・ロマンド放送局の助けを得て製作した素晴らしいセット。スイズで使われるありとあらゆる民族楽器を、2LPボックス・セットに収録したもの。スイスの民族楽器というと正直アルプホルンぐらいしか思い浮かばないのですが、それはわずか、全く聞いたことの無い楽器、そして非楽器とも言えてしまうような音で満たされたホント想像のはるか先を行く全54曲。まずディスク1のサイドAからB途中まで、イディオフォン(体鳴楽器)と分類される楽器で、スプーン、カスタネット、大工ほかのハンマー、ラトル、カリヨン、ミュージカル・ソウ、ジューズ・ハープ等々。Bの続きは各種パーカッションを収録。ディスク2のサイドAは弦楽器で、各種チター、ダルシマーのようなハックブレットという楽器、ギターに似たシターンという楽器などなど。サイドBはエアロフォンと題された空気を使う楽器で、これまた興奮。ムチ、草笛、雷棒(?)etc...原始的なものから最後はアルプホルンにつながっていく内容。4か国語の徹底したブックレット付き。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jimmie Skinner - JOHN WESLEY HARDIN cw MISERY LOVES COMPANY

  • カントリー45rpm
Jimmie Skinner- ジミー・スキナー - "JOHN WESLEY HARDIN cw MISERY LOVES COMPANY"
USA / 45rpm / Mono / Mercury 71470 / Rec 1959 / Pub 1959
レーベルきれい、盤浅い擦れ
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4
■ジミー・スキナーのロキンな両A面。
一度聞いたら耳に焼きつけられるこの声はジョニー・キャッシュも虜になったジミー・スキナー。30年代から現役だったスキナーのナンバーは、カントリー/ブルーグラスのクラシックとして多くのアーティストが歌うことに。これは59年の一枚で、A面はヒルビリー・クラシック「John Hardy」のメロディを借用、19世紀に実在した西部のアウトローのことを唄ったナンバー。裏面もロッキンなナンバーで、ラスティ・ヨークの野太いギターも歌もド迫力の一枚。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jimmie Skinner - MARRIED TO A FRIEND cw ROVERBOAT GAMBLER

  • カントリー45rpm
 Jimmie Skinner- ジミー・スキナー - "MARRIED TO A FRIEND cw ROVERBOAT GAMBLER"
USA / 45rpm / Mono / Mercury 71539 / Rec 1959 / Pub 1959
レーベルきれい、盤極浅い擦れ
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 
■ジミー・スキナーの59年作。
一度聞いたら耳に焼きつけられるこの声はジョニー・キャッシュも虜になったジミー・スキナー。30年代から現役だったスキナーのナンバーは、カントリー/ブルーグラスのクラシックとして多くのアーティストが歌うことに。これは59年の一枚で、A面はコニー・ホールとのデュエット。いい音を出しているギターはラスティ・ヨーク。裏面はバンジョーを入れた少々オールドタイミーなナンバー。声の良さは相変わらず。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
2019年3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.