(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 293)

V.A. T Bone Walker, Rex Stewart, Al Casey, etc. - THE HISTORY OF JAZZ VOL.3 : THEN CAME SWING

  • ジャズ78rpm
 V.A. T Bone Walker, Rex Stewart, Al Casey, etc.- Tボーン・ウォーカー、レックス・ステュワート、アル・ケイシー、etc. - "THE HISTORY OF JAZZ VOL.3 : THEN CAME SWING"
USA / 78rpm / Mono / Capitol CE18 / Rec 1943 to 1945 / Pub 1945
ジャケット表裏擦れ少々、端々擦れ少々、背表紙に汚れ、内側きれい、スリーブ全てやぶれ等無し、バインダー部もしっかりしています、レーベルに写真のような書き込み全てあり、他問題なし、盤5枚全て美品、擦れわずか、ブックレット小折れ目少し、経年の色あせのみできれい
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 
■初期キャピトルのヒストリー・オブ・ジャズ第三集。Tボーン・ウォーカーの記念碑的ナンバー「Mean Old World」はこれが初出。
1945年、まだ新進のレーベルだったキャピトルが、ジャズの歴史を紐解こうとSP盤5枚のアルバム・セットを4巻リリース。これが、素晴らしいものになりました。というのも、大概この手のヒストリー~という冠のものは、過去の名演を選りすぐり再発のSP盤としてリリースするものが多いのですが、これは、当時の新録の音源の中からそれぞれのスタイルのものを選び収録しています。さて本作、タイトル通りスウィングを選んだものでありつつ、ジャズ・ファンのみならずブルース・ファンにも知られた第三巻目。29年にオーク・クリフTボーンとしてデビュー、その後、バンド・シンガーとして録音はいくつかありますが、Tボーン・ウォーカーとして初めて録音したのがここの2曲で、その二曲はエレクトリック・ブルース・ギター初の記念碑的名演と言われる「I Got A Break, Baby / Mean Old World」。このセットが初出です。バックはフレディ・スラック・トリオ。他がまたウルトラ充実。レックス・ステュワートの8人組、イリノイ・ジャケー等が入ったギタリスト、アル・ケイシーのバンド、ベニー・カーター、キング・コール、オスカー・ムーアらのスペシャルバンド、インターナショナル・ジャズ・マン、やはりジャケーらが入った、大ジャズ・ドラマー、ビッグ・シド・カトレット楽団など収録。【曲】「International Jazzmen / Riffamarole(試聴)」「International Jazzmen / If I Could Be With You」「Big Sid Catlett's Band / I Never Knew」「Big Sid Catlett's Band / Love For Sale」「T-Bone Walker / I Got A Break, Baby」「T-Bone Walker / Mean Old World(試聴)」「Al Casey And His Sextet / Sometimes I'm Happy」「Al Casey And His Sextet / How High The Moon(試聴)」「Rex Stewart's Big Eight / Dutch Treat」「Rex Stewart's Big Eight / Rexercise」※本日はこれでアップ終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

V.A. Leadbelly, Zutty Singletons Trio, Nappy Lamares Louisiana Levee Loungers - THE HISTORY OF JAZZ VOL.1 : THE SOLID SOUTH

  • ジャズ45rpm EP
 V.A. Leadbelly, Zutty Singleton's Trio, Nappy Lamare's Louisiana Levee Loungers- レッドベリー、ズティ・シングルトン・トリオ、ナッピー・ラメアズ・ルイジアナ・リーヴィー・ラウンジャーズ、etc. - "THE HISTORY OF JAZZ VOL.1 : THE SOLID SOUTH"
USA / 45rpm EP / Mono / Capitol EBF239 / Rec 1944, 1945 / Pub early50s
ボックス端々擦れ、破れ等無し、内側きれい、レーベル二枚ともきれい、盤二枚とも美品
Jacket 3 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4
■キャピトルがまとめた例を見ないヒストリー・オブ・ジャズ第一集。4曲入りEP二枚のボックス・セット。
1945年、まだ新進のレーベルだったキャピトルが、ジャズの歴史を紐解こうと、SP盤5枚のアルバム・セットを4巻製作、その後EPのボックス・セットまたは10インチLPでリリース。これが、素晴らしいものになりました。というのも、大概この手のヒストリー~という冠のものは、過去の名演を選りすぐり再発のSP盤としてリリースするものが多いのですが、これは、当時の新録の音源の中からそれぞれのスタイルのものを選び収録しています。これは第一巻目で、南部のルーツ・オブ・ジャズ特集。12弦ギターを持った黒人ブルース・シンガー、レッドベリーの2曲を皮切りに、元ルイ・アームストロング・バンドのドラマー、ズティ・シングルトンの3曲、ニューオーリンズのサックス奏者エディ・ミラー、ジャズ・ギタリスト、ナッピー・ラメアなどなどを収録。SP盤セットより2曲少ない8曲入りです。【曲】「Leadbelly / Rock Island Line(試聴)」「Leadbelly / Eagle Rock Rag」「Zutty Singleton's Trio / Lulu's Mood(試聴)」「Zutty Singleton's Trio / Barney's Bounce」「Zutty Singleton's Creole Band / Crawfish Blues」「Eddie Miller's Crescent City Quartet / Cajun Love Song」「Nappy Lamare's Louisiana Levee Loungers / At The Jazz Band Ball(試聴)」「Nappy Lamare's Louisiana Levee Loungers / High Society」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Brian Rust, Rex Harris - RECORDED JAZZ : A CRITICAL GUIDE

  • ジャズ書籍CDetc
 Brian Rust, Rex Harris- ブライアン・ラスト、レックス・ハリス - "RECORDED JAZZ : A CRITICAL GUIDE"
U.K. / CDetc / n/a / Pelican Books A417 / Rec 1958 / Pub 1958
表紙表裏しみ少々、本文きれい、経年の色あせ、薄い鉛筆による英文書き込みわずか
Jacket 3.5 / Disc n/a / Sound n/a
■ジャズ研究に大進歩をもたらしたブライアン・ラストらによるジャズ・ガイド。58年の初版。
誕生から42年までの、アメリカ(といくつかの主要諸外国)のジャズのSP盤を、マスター&レコード番号、録音場所、メンバーも記載しほぼ全て網羅したディスコグラフィ"Jazz Records"を作ったブライアン・ラストと、やはりイギリスのジャズ評論家レックス・ハリスが出版した一冊。"Jazz Records"は61年初版、これは58年初版でこちらのほうが前ですが、言ってみれば"Jazz Records"から、著者の目を通して重要なジャズ・マン数百人を選び出し、簡潔でしっかりとしたバイオグラフィ、そしていくつかの推薦盤(LP含む)を録音データも踏まえ紹介したガイド本。58年の初版、ペリカン・ブックス(新書サイズ)、全256ページ。数か所うすく鉛筆で書き込みあり。参加ミュージシャンから逆引きできる索引付き。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Kouta Katsutaro - SATSUMA SA cw KARAKASA

  • 日本の音楽/端唄78rpm
 Kouta Katsutaro- 小唄勝太郎 - "SATSUMA SA cw KARAKASA"
Japan / 78rpm / Mono / Victor KI7 / Rec 1938 / Pub 1938
レーベルきれい、盤極浅い擦れのみ
Jacket n/a / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4 
■「薩摩さ」の38年バージョン。
気にして聞いている人もいないかも知れませんが、勝太郎はこの曲を二度録音。32年録音のものも◎、しかしこれは38年で、軽く呆けてしまうほどカッコいい太鼓のコンビネーションが入った最高のバージョン。中盤以降の驚きのアクセントも聞いてください。裏面は三味線のみでリズミックに唄われる「からかさ」。細身でいて存在感たっぷりの歌の良さは言うまでもなし。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mizoue Yasuhito - IWAI MEDETA cw KURODA BUSHI

  • 日本の音楽/民謡78rpm
 Mizoue Yasuhito- 溝上康人 - "IWAI MEDETA cw KURODA BUSHI"
Japan / 78rpm / Mono / Taihei M59 / Rec cir.1950 / Pub cir.1950
レーベルきれい、盤浅い擦れ
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5 
■福岡の民謡歌手、溝上康人の一枚。
福岡の民謡歌手、溝上康人による博多民謡の一枚。Aは祝いの席や、博多祇園山笠でも歌われる祝い唄「祝目出度」。乾いた三味線と太鼓のシンプルでビート感豊かな演奏に、低い声でいて女性的なゆらぎもある歌が素晴らしいナンバー。裏面は黒田節で、小編成の洋合奏を伴奏に唄う一曲。後にマーキュリーからもリリースされますが、これは日本マーキュリーの前身、タイヘイからのオリジナル盤。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Andrews Sisters - HIS FEET TOO BIG FOR DE BED cw JACK, JACK, JACK

  • ジャズ・コーラス78rpm
 Andrews Sisters- アンドリュース・シスターズ - "HIS FEET TOO BIG FOR DE BED cw JACK, JACK, JACK"
USA / 78rpm / Mono / Decca 23860 / Rec 1947 / Pub 1947
レーベルきれい、盤極浅い擦れのみ
Jacket n/a / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4
■シスターズ・コーラス・グループの最高峰、アンドリュース・シスターズ。47年の両面ラテン・リズムの一枚。
実の3姉妹コーラス・グループ、アンドリュー・シスターズ。ボスウェル・シスターズを真似することから始まった彼女たち、中高生ぐらいの時からステージに立ち、37年の「Bei Mir Bist Du Schon」から注目され、黄金時代が始まります。これは47年、両面ノン・ヒットのようですが内容は◎の一枚。スペイン語なまりでチャーミングに歌うA、アップのラテン・ビートで跳ねるB。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Henry Red Allen And His Orchestra - DRINK HEARTY cw THE CRAWL

  • ジャズ78rpm
 Henry Red Allen And His Orchestra- ヘンリー・レッド・アレン&ヒズ・オーケストラ - "DRINK HEARTY cw THE CRAWL"
USA / 78rpm / Mono / RCA Victor 20-1813 / Rec 1946 / Pub 1946
レーベルきれい、盤ピカピカです
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4
■名ジャズ・トランぺッター、ヘンリー・レッド・アレンの46年作。ジャイヴ調のA、ワイルドなB、どちらも◎。
ジャズの滋味を歌心溢れる満点の演奏で聞かせてきた20年代からの大ジャズ・トランぺッター、ヘンリー・レッド・アレン。46年の一枚で、朋友J.C.ヒギンボサム(トロンボーン)をフィーチュア。A面はルイ・ジョーダンなんかに通じる楽しいコーラスを入れたジャイヴ調のナンバー。裏面はスリリングなアップのビバップ風ナンバー。ほとんどリズム&ブルースですね。試聴はB→A。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jack Rowe And His Whichita Mountain Boys - BOMB BOSH BOOGIE cw TEXAS STOMP

  • カントリー/ヒルビリー・ブギ78rpm
 Jack Rowe And His Whichita Mountain Boys- ジャック・ロウ&ヒズ・ウィチタ・マウンテン・ボーイズ - "BOMB BOSH BOOGIE cw TEXAS STOMP"
USA / 78rpm / Mono / Decca 46398 / Rec 1951 / Pub 1951
プロモーション盤(盤はビニール質)、レーベル擦れ少々、盤浅い擦れ少し
Jacket n/a / Disc 3.5~4 / Sound 
■ロッキン・ヒルビリー・ブギ名作。
ロッキン・ヒルビリー最高の一枚。ジャック(Vo)、ルーク(G)、ガイ(SteelG)、AD(B)、ヘンリー(D)、DL(Fiddle)、アール(Fiddle)の7人兄弟で結成されたオクラホマのヒルビリー・コンボ、ジャック・ロウ&ウィチタ・マウンテン・ボーイズ。47~51年の間活動、数枚のレコードを残した彼らのラスト録音にして本命盤。A面はコンピ等にもたまに収録されているヒルビリー・ブギ大名曲。ギラギラしたツイン・フィドルに太いエレキ、野卑な歌も最高。裏面「Texas Stomp」はガイのスティール・ギター・インスト。ジャズ、ブルースのセンスもある人とお見受けしました。プロモのビニール盤で音も素晴らしくいいです。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

John Kirby And Orchestra - KEEP SMILIN cw COMIN BACK

  • ジャズ78rpm
John Kirby And Orchestra- ジョン・カービー&オーケストラ - "KEEP SMILIN' cw COMIN' BACK"
USA / 78rpm / Mono / Victor 27890 / Rec 1942 / Pub 1942
レーベルきれい、盤極浅い擦れ、ピカピカです
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4
■ベーシスト、ジョン・カービーが始めた、黒人版RSQといえそうなスモール・ジャズ・コンボ。
意図的にスモール・コンボでジャズる人たちは少なかったスウィング時代。レイスコやワイルダーはそれに挑戦してきた人たちですが、このジョン・カービーもそう。20年代からチューバ~ベースで腕をふるった彼が自分の楽団を作ったのが30年代後半、そして揃えたメンバーがなんと、チャーリー・シェイヴァーズ(TP)、バスター・ベイリー(CL)、ラス・プロコープ(AS)、ビリー・カイル(P)、オニール・スペンサー(D)というドリーム・チーム。このメンバーが不動ということではなく、ソーンヒルがピアノをやっていた事もあります。ビッグ・バンドのコンパクト化とは違う編曲・譜面重視のバンドで、レパートリーもレイスコに影響されたと思しきクラシックのモディファイなど、チェンバー・ジャズと言われるものをかなり早くに作り出しています。これは42年、ストでビクターの戦前時代が終わる直前にリリースされた最高の一枚。Aはなんとシェイヴァーズ、プロコープ、ベイリー3人の歌もの!で、ほとんど"Let's Keep Smilin', Let's Keep Laughin', Let's Be Happy Ho-Ho-Ho-Ha"だけの歌をこんなムードで唄うナンバー。裏はレイスコ路線の細切れリフレインをコンパクトにまとめたナンバー。短く構成されたソロの輝きっぷりもスゴイ。試聴はB→A。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lorbass - WIE ES UNS GEFALLT

  • フォーク/民俗音楽/ドイツLP
 Lorbass- ロルバス - "WIE ES UNS GEFALLT"
U.K. / LP / Stereo / Burlington BURL004 / Rec 1979 / Pub 1979
コーティングのペラジャケット表裏円状の擦れ少々、レーベルひげわずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4
■ジャーマン・トラッド・フォーク・トリオ、ロルバスのファースト・アルバム。
ピーター・ブラウロック(コンサーティナ、リコーダー、ギターetc.)と、クラウス・ライバー(マンドリン、コンサーティナ、グロッケンetc.)というドイツ人ミュージシャン二人に、イギリスからスティーライ・スパンのナイジェル・ペグラム(フルート、オーボエ、パーカッションetc.)が参加し結成された、ジャーマン・トラッド・コンボ、ロルバス。二枚のアルバムをリリースした彼らのファースト、79年。穏やかで懐かしい楽器の音色に静かなハーモニーでトラッドを演奏。ブレヒトの詞に曲を付けたナンバーも二曲あり。【曲】「Der Gott Der Niedrigkeit」「Schwabenkrieg」「Der Tod」「Moder, Ick Will'n Ding Hem (Ehestandslied I)」「Allzeit Findet Man Grosse Sorgen (Ehestandslied II)(試聴)」「Das Lied Vom Gluck」「Gronlander / Nasendreher(試聴)」「Die Geschichte Vom Roten Papagei(試聴)」「Nachgesang」「Vetter Michel / Marie」「Wiegenlied」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Marc Cohen - OPEN YOUR DOOR

  • ジャズLP
 Marc Cohen- マーク・コーエン - "OPEN YOUR DOOR"
USA / LP / Stereo / All Seasons 001 / Rec 1976 / Pub 1976
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤擦れ極わずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■ジャズ・ピアニスト、マーク・コープランドが本名でリリースした自主制作ファースト・アルバム。
アート・ファーマー、カーティス・フラー、ゲイリー・ピーコックetc..多彩な共演で知られるジャズ・ピアニスト、マーク・コープランド。これは、本名マーク・コーエンとしてリリースされた彼の自主制作ファースト・ソロ・アルバム。A面の5曲はピアノ・ソロで、ジャズやクラシックに分類されるような演奏のエッセンスを消し去り、自分らしい響きを絞り出した感の透明なナンバーが並びます。裏面は多重録音作中心。一曲目はピアノ×2、三曲目は、デビュー当初はサックス奏者だった彼らしくアルト・サックスとピアノ、四曲目はアルト×2とテナー×2。【曲】「Child's Piece I」「Open Your Door(試聴)」「Free Piece」「A Song About being Sad」「Child's Piece II(試聴)」「Sparrow」「Bobs Montungo(試聴)」「Funk Pluck」「Improvisation for Four Saxophones(試聴)」※本日のアップは二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Duo Pohjola - LIGETI, A. MERIKANTO, SALLINEN, MERILAINEN, SEGERSTAM

  • クラシック/現代音楽LP
 Duo Pohjola- デュオ・ポホヨラ - "LIGETI, A. MERIKANTO, SALLINEN, MERILAINEN, SEGERSTAM"
Germany / LP / Stereo / Bis LP18 / Rec 1974 / Pub 1974
見開きコーティング・ジャケット表裏擦れわずか、内側きれい、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 
■フィンランドのポホヨラ姉弟による現代室内楽集。
北欧のクラシック、現代音楽を熱心にリリースするスウェーデンのビス・レーベルから、姉のリーサ・ポホヨラ(ピアノ)と弟パーヴォ・ポホヨラ(ヴァイオリン)二人によるデュオ・ポホヨラが、5作の現代室内楽を演奏した一枚。A面は、「アトモスフェール」などトーン・クラスター作が良く知られる原音の大家リゲティ(ポーランド・写真右から2人目)の、11曲からなるピアノ独奏『ムジカ・リチェルカータ(試聴は7曲目)』。最後の一音をのぞき全てAの音だけで弾かれる「Sostenuto...」で始まる、非常に特殊かつシンプルな作りでいて、最高に面白くゾクゾクする作。B面は4人のフィンランドの作曲家の4作。アーッレ・メリカントはラヴェルやリリ・ブーランジェなどを思い出させる『Preludio Viululle Ja Pianolle(試聴)』。現代フィンランドを代表するアウリス・サッリネンは「Cadenze Per Violino Solo(試聴)」。続いてやはりヴァイオリン独奏でウスコ・メリライネンの「Opusculum Per Violino Solo」。ラストは指揮者としても有名なレイフ・セーゲルスタム(写真左端)の「Poem For Violin And Piano」。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2018年8月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.