(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 29)

Ernest Ansermet(Cond.), Orchestre De La Suisse Romande - RAVEL : MA MERE LOYE / LE TOMBEAU DE COUPERIN / VALSE NOBLES ET SENTIMENTALS

  • クラシックLP
 Ernest Ansermet(Cond.), Orchestre De La Suisse Romande- エルネスト・アンセルメ(指揮)、スイス・ロマンド管弦楽団 - "RAVEL : MA MERE L'OYE / LE TOMBEAU DE COUPERIN / VALSE NOBLES ET SENTIMENTALS"
U.K. / LP / Stereo / Decca SDD374 / Rec mid50s? / Pub 1961
コーティング・ジャケット擦れわずか、裏面しみ少々、レーベルひげわずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■エルネスト・アンセルメによるラヴェル管弦楽曲集。
特にフランス近代の演奏では牽引的役割を果たした20世紀最高の名楽団の一つ、エルネスト・アンセルメ率いるスイス・ロマンド管弦楽団が、ラヴェルの三作を演奏した一枚。恐らくは50年代初~中期に録音したもので、それを61年にデッカのクラシック・アーカイヴ・シリーズ、エイス・オブ・ダイアモンズがリリースしたアルバム。『マ・メール・ロワ(マザーグース組曲)(試聴第三楽章)』『クープランの墓(試聴第二楽章)』『高雅で感傷的なワルツ』の三作で、全てピアノ曲として作曲されたものを後にラヴェルが管弦楽にアレンジしたもの。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Hans Haidler, Okko Becker, John Newton, etc. - ENGLAND - IRELAND - SCOTLAND - WALES

  • イギリスの音楽LP
 Hans Haidler, Okko Becker, John Newton, etc.- ハンス・ハイダー、オッコー・ベッカー、ジョン・ニュートン、etc. - "ENGLAND - IRELAND - SCOTLAND - WALES"
Germany / LP / Stereo / Selected Sound 158 / Rec 1983 / Pub 1983
コーティング・ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■イギリス4つの国の民謡ライブラリー集。
ドイツ人ギタリスト&作曲家ハンス・ハイダーを中心に作られた、イギリスの4つの国の民謡ライブラリー集。アコースティック楽器、民俗楽器を使った親しみやすいインストゥルメンタル集。歌入り2曲あり。ペンギン・カフェ・オーケストラが好きな人にもいいかも。【曲】Ireland「Roy Henley / Paddy's Polka(試聴)」「Hans Haider / Shepherd's Song」「Henning Ruete / Zoological Gardens」「Okko Bekker / What Shall We Do With The Drunken Sailor」「Roy Henley / Paddy's Walk」「Henning Ruete / The Jolly Tinker(試聴)」, Wales「Roy Henley / Welsh Ballad」「Roy Henley / Welsh Folk-Dance」, England「Berry Lipman / Heart Of Rule Britannia」「Roy Henley / Old English Picture(試聴)」「Roy Henley / Old English Ballad」「Victor Cavini / British Brigade」, Scotland「John Newton, Okko Bekker / Amazing Grace」「Roy Henley / The Crazy Bagpipers」「Hans Haider / Shepherd's Dance」「Roy Henley / The Drunken Bagpipers(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mitchell-Ruff Duo - CAMPUS CONCERT

  • ジャズLP
Mitchell-Ruff Duo- ミッチェル・ラフ・デュオ - "CAMPUS CONCERT"
USA / LP / Mono / Epic LN3318 / Rec 1956 / Pub 1956
ジャケット擦れ少々、上部右側と背の下部にテープ、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、小プツ音でる表層スクラッチ少し
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■ライブ風のタイトルですが、スタジオ録音作品。こんな特殊なデュオは世界で只一組。
ハンプトン楽団をそろって抜けたピアニスト、ドゥワイク・ミッチェルと、ベース&フレンチ・ホルンのウイリー・ラフが55年に結成した独創的なジャズ・デュオ、ミッチェル・ラフ・デュオ。ピアノ&ベース又はピアノ&フレンチ・ホルンという組み合わせで、演目はジャズ系スタンダード。原曲を何十倍にも膨らませた抽象的な和音と奏法で波のようすを表したピアノが絶品の「Red Sails In The Sunset」、スペイシーなフレンチ・ホルンと機械仕掛けのようなピアノで演奏される「Out Of This World」等々収録。ちなみにウィリー・ラフは後年天文学者ケプラーの理論で電子音楽を始める人。オリジナル盤。【曲】「They Can't Take That Away From Me(試聴)」「Red Sails In The Sunset」「My Heart Stood Still」「Little Girl Blue」「I'll Take Romance」「Body And Soul」「'Round Midnight」「But Beautiful」「Out Of This World(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Monks Of The Abbey Of St. Thomas, Herbert Tachezi(Organ) - A TREASURY OF GREGORIAN CHANT

  • 古楽LP
 Monks Of The Abbey Of St. Thomas, Herbert Tachezi(Organ)- 聖トーマス修道院の修道僧、ヘルベルト・タヘツィ(オルガン) - "A TREASURY OF GREGORIAN CHANT"
USA / LP / Stereo / Vox STPL516420 / Rec 1970s / Pub 1970s
ジャケット表裏円状の擦れ少々、右上小汚れ、レーベルひげほぼ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■チェコの都市ブルノの聖トーマス修道院のグレゴリオ聖歌集。オルガン・ソロが絶品。
チェコの第二の都市、ブルノにある聖トーマス修道院の僧たちによるグレゴリオ聖歌集。グレゴリオ聖歌のレコードをチェックしている人はナヌ?となるはず。ヘルベルト・タヘツィによるオルガン、とあり、まさか伴奏をと思ったのですが、やはりそれぞれ収録されており、それはありませんでした。ところが、全6曲中2曲あるこのタヘツィのオルガン・ソロが恐ろしくいい。まるでロウリー・オルガンのようなモダンな音色で優しくパラパラと弾かれる宇宙的広がりのある演奏。聖歌の方はしんとした静けさの中比較的表情豊かに歌われます。【曲】「Communion For Corpus Christi Day (Mode 7), Introit For The Feast Of The Immaculate Conception (Mode 3), Introit For Easter Sunday (Mode 4), Alleluia For Easter Sunday (Mode 7)」「Organ Interlude(試聴)」「Introit For The 3rd Christmas Mass (Mode 7), Communion For The 2nd Sunday After Epiphany (Mode 6), 」「Introit For The Feast Of Christ The King (Mode 3), Communion For The Feast Of Christ The King (Mode 6, )Introit For All Saints Day (Mode 1)」「Organ Interlude」「Offertory For Palm Sunday (Mode 8), Tract Of Sexagesima Sunday (Mode 8), Offertory For Maundy Thursday (Mode 2)(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Nakatsubo Reiji(Dir., Notes) - KISETSU NO KOTORI

  • 非音楽LP
 Nakatsubo Reiji(Dir., Notes)- 中坪礼治(監修、解説) - "KISETSU NO KOTORI"
Japan / LP / Mono / Stereo / Polydor MB9015-9017 / Rec 1960s / Pub 1969
ボックス表面擦れ少々、内側きれい、ディスク1と3のレーベルにひげわずか、2は無し、盤3枚ともに擦れほぼ無し、ブックレットしみ少々、書き込み等無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  4800 yen
■NHKとポリドールが協力、日本に棲むあらゆる鳥の鳴き声を、LP三枚+大判ブックレットでまとめたボックス・セット。
当初、オープンリール用テープ4巻のセットで出ていたものを少々補い、レコードでリリースされたもの。ディスク1は『(A)初夏 / (B)夏へ』、ディスク2は『(A)夏から秋 / (B)冬から春へ』で、冒頭に鳥の名前を紹介、そして一種類づつ100種収録。ここまで全てモノラル録音。ディスク3はステレオで、『(A)深みどり - さるおがせ / (B)星降る - 朝やけ』として、4曲それぞれ15分超、自然の中の鳥たちの鳴き声をシチュエーション別に収録。試聴、最後までぜひ。偶然性の音楽や自然発生の民俗音楽を飛び越えるような部分もあり。ブックレットは、イラストと種の解説(英訳付き)ほかの全51ページ。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

J.B. Lenoir - THE PARROT SESSIONS 1954-5

  • ブルースLP
 J.B. Lenoir- J.B.ルノア - "THE PARROT SESSIONS 1954-5"
USA / LP / Mono / Relic 8017 / Rec 1954, 1955 / Pub 1988
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ブルース・シンガー、JBルノアの50年代中期音源集。
29年ミシシッピ生まれ、ブラインド・レモン・ジェファーソンに影響を受け、40年代のニューオーリンズでエルモア・ジェイムス等と共演、その後シカゴへ流れつき、持ち前のハイトーン・ボイスと最高のサポートでキラーを連発したJBルノア。これはその頃54~55年にシカゴのマイナー、パロットに残した音源を未発表も含め収めたレリックからのオフィシャル編集盤。ドゥワップでおなじみのレリック、ブルースはもしかするとこの一枚だけ?【曲】「Mama, Talk To Your Daughter(試聴)」「Eisenhower Blues」「I Lost My Baby(試聴)」「Give Me One More Shot」「Man, Watch Your Women」「I'm In Korea」「I'm Gonna Die Someday」「What Have I Done」「Fine Girls」「We've Both Got To Realize」「Eisenhower Blues」「Sittin' Down Thinkin'(試聴)」「Mama, Your Daughter's Gonna Miss Me」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Le Quatuor De Saxophones Contemporain - AUBERT LEMELAND : CONCERTINO / EPILOGUE NOCTURNE / VARIATIONS / NOCTUOR

  • クラシックLP
 Le Quatuor De Saxophones Contemporain- ル・クワテュオール・デ・サクソフォン・コンテンポラン - "AUBERT LEMELAND : CONCERTINO / EPILOGUE NOCTURNE / VARIATIONS / NOCTUOR"
France / LP / Stereo / Cybelia CY654 / Rec 1980s / Pub 1980s
コーティングの見開きジャケット擦れ極わずか、取り出し口にコート材のはがれ少し、内側きれい、レーベルひげ極わずか、盤擦れ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■仏の作曲家オベール・ルムランのサックス四重奏曲集。
仏シベリアの"20世紀のフランス音楽"シリーズの中でもかなり珍しい一枚。32年生まれ、長らく健康に問題をかかえ、ようやく60年代中期から作曲活動を始めたオベール・ルムラン。セリエル音楽には近づかず、アーロン・コープランドやアイヴズ、ジャズからも多くの影響を受け、新古典主義の路線で作曲を続けた人。これは彼が71年から80年に作曲したサックス4重奏を収録したアルバムで、全てここで初めて録音された4作。その全てが試聴のような隣接した音が密集した淡いアンサンブル曲。彼の流儀と時代との拮抗も感じ果てしない気分にさせられます。大推薦。試聴は「Concertino」「Epilogue Nocturne」。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Acquaviva And His Orchestra - A MAN AND HIS DREAM

  • ムード・ミュージックLP
 Acquaviva And His Orchestra- アクアヴィヴァ&ヒズ・オーケストラ - "A MAN AND HIS DREAM"
USA / LP / Mono / MGM E3696 / Rec 1958 / Pub 1958
ジャケットシュリンク入り、擦れ少々、下部に小縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■アクアヴィヴァの58年のアルバム。ドリーミーなムード・ミュージック・アルバム。
作曲家&ピアニスト&バンドリーダー、アクアヴィヴァの58年のアルバム。厚めのストリングスが中心のムード・オーケストラで、昔のスタンダードはほとんどなく、彼の相棒ボブ・ヘイムス作のナンバーや自作曲を演奏。いろんなアイディアが詰め込まれたアップから、ドリーミーなメロウまでクオリティ高い12曲。オリジナル盤。【曲】「Curtain Time(試聴)」「Always The Sea」「This Might Be Love(試聴)」「Every Day」「One Moment More」「NY In A Nutshell(試聴)」「A Man With A Dream」「Road Show」「Alone With You」「Am I In Love」「Joni」「Prayer For Peace」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ocie Stockard And The Wanderers - 1937 THE FAMOUS FOURTEEN

  • ウエスタン・スウィングLP
 Ocie Stockard And The Wanderers- オシー・ストッカード&ザ・ワンダラーズ - "1937 THE FAMOUS FOURTEEN"
USA / LP / Mono / Origin Jazz Library OJL8103 / Rec 1937 / Pub 1970s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ウエスタン・スウィング・バンド、オシー・ストッカードの編集盤。
ブルース、ジャズのSP盤リイシュー・レーベルのパイオニア、オリジン・ジャズ・ライブラリーが、カントリーをリリースしていたとはオドロキ。でもやっぱり、オリジンが出すだけあって内容は抜群。ミルトン・ブラウンと一緒にやっていたバンジョー奏者オシー・ストッカードが始めたグループで、40年代初頭に特に活躍するのですが、これは初録音を収録した一枚。なんと収録の全14曲、37年のある日たった一日で全て録音されたそうで、ジャズ・トランぺッターのハリー・パーマーが全編に参加。カントリー色は薄めで、南部の田舎のジャズという感じ。全てこの盤で初めてLP化されたものだそう。【曲】「There'll Be Some Changes Made(試聴)」「Just Blues」「Same Thing All The Time」「Wabash Blues」「Please Sing For Me(試聴)」「To My House」「Black And Blues」「Ain't Nobody Truck Like You」「One Of Us Was Wong」「Turn Your Lights Down Low」「How Come?」「Why Shouldn't I」「Long Ago」「What's The Matter」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lew Stokes Georgia Potlickers, Georgia Crackers, Bill Helms Upson Country Band, etc. - HELL BROKE LOOSE IN GEORGIA

  • ヒルビリーLP
 Lew Stokes Georgia Potlickers, Georgia Crackers, Bill Helms Upson Country Band, etc.- ルー・ストークス・ジョージア・ポット・リッカーズ、ジョージア・クラッカーズ、ビル・ヘルムズ・アプソン・カントリー・バンド、etc. - "HELL BROKE LOOSE IN GEORGIA"
USA / LP / Mono / County 514 / Rec 1927 to 1934 / Pub 1968
ジャケット擦れほとんどなし、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■ジョージア州の戦前ヒルビリー・ストリング・バンド集。
ヒルビリー専門レーベル、カウンティから、戦前ジョージア州のストリング・バンドを収録した一枚。ジョージアといえばこの種のバンドのお宝どっさりで、ギッド・タナー&スキレット・リッカーズ、ジョージア・イエロー・ハンマーズ、フィドリン・ジョン・カーソンなどが地元。これはそれらも含みつつ、全く無名のバンドも収録。その無名バンドが面白い!ケイジャンとゴスペルが混ざったような曲をやるジョージア・クラッカーズ、まるで黒人バンドなデュプリーズ・ローム・ボーイズなどなど10組12曲収録。【曲】「Lowe Stokes' Georgia Potlickers / Four Cent Cotton」「Georgia Crackers / Diamond Joe(試聴)」「Lowe Stokes & Mike Whitten / Katy Did」「Earl Johnson & His Clodhoppers / Arkansas Traveler(試聴)」「Georgia Yellow Hammers / Kiss Me Quick」「Shores Southern Trio / Goin' Crazy」「Gid Tanner's Skillet Lickers / Don't You Cry My Honey」「Bill Helms' Upson County Band / Georgia Blues」「Swamp Rooters / Swamp Cat Rag」「Fiddlin' John Carson's Virginia Reelers / Christmas Time Will Soon Be Over」「Dupree's Rome Boys / 12th Street Blues」「Gid Tanner's Skillet Lickers / Soldier's Joy」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Fujita Asaya(Dir.), Ito Soichi(Narration) - OTO NO FUDOKI NIHON : HOKKAIDO HEN

  • 民俗音楽/日本LP
 Fujita Asaya(Dir.), Ito Soichi(Narration)- ふじたあさや(構成)、伊藤惣一(ナレーション) - "OTO NO FUDOKI NIHON : HOKKAIDO HEN"
Japan / LP / Stereo / CBS Sony SODL8 / Rec 1973 / Pub 1973
見開きジャケット擦れほぼ無し、裏ジャケット下部にインク色落ち、内側きれい、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し、インサート、帯ともにきれい
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■『音の風土記 日本』の北海道編。
70年代初頭に、日本全国の音、音楽、民俗芸能etc.を現地録音し全7枚リリースされた"音の風土記"シリーズの北海道編。千歳空港に到着する飛行機の機内の音に始まり、アイヌの音楽、登別地獄谷の音、釧路魚揚場のせり、オロチョンの火祭り、にしん場の歌、etcetc...と少しの民謡が、ナレーションに導かれ延々とつなげられたという内容。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Belgian Musicians - MUSICA BELGICA ALBUM 3

  • クラシックLP
 Belgian Musicians- ベルギーのミュージシャン - "MUSICA BELGICA ALBUM 3"
Belgium / LP / Stereo / BAP LBAP0089 / Rec 1987 / Pub 1987
コーティングの見開きジャケット擦れわずか、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、極表層のスクラッチ少し
Jacket 4 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2680 yen
■6人のベルギー現代音楽作曲家の6作を収録した非売品アルバム。
サバム(Sabam)という、ベルギーの芸術家をサポートする何かの団体?が非売品で製作した一枚。6人の現代音楽作曲家の6作を収録。ペーテル・ウェルフェンス(1924-2003)は、ルーベンスの絵に影響をもらったというダークな管弦楽「De Kruisoprichting」。グストン・ナイツ(1922-2016)は、三部からなる、フルート、バイオリン、ハープシコード、バスーンの四重奏『Bi-Triptychon』(試聴)。レイナー・ファン・ダー・フェルデ(1910-1993)は、ベルギーの彫刻家マーク・マッケンの作品のための夜想曲で、木管の室内楽作。ジャズ・トランぺッターでもあったエリアス・ヒステリンク(1935-2005)は、長い持続音の重なり、抜き差しで茫洋とした世界を作った室内オケ作「Elegie Voor Jan」(試聴)。ウィリー・カロン(1942)はドロドロした暗黒のパイプ・オルガン曲「Inauguration」、ローランド・コリン(1938-)は、5曲からなる『Sonate For Two Pianos』(試聴)。蘭、仏、英の三か国語ライナー。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2017年8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.