(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 282)

Glenn Miller And His Orchestra - MOONLIGHT SERENADE cw SUNRISE SERENADE

  • ジャズ78rpm
 Glenn Miller And His Orchestra- グレン・ミラー&ヒズ・オーケストラ - "MOONLIGHT SERENADE cw SUNRISE SERENADE"
USA / 78rpm / Mono / Bluebird 10214 / Rec 1939 / Pub 1939
レーベルきれい、盤浅い擦れ、表層スクラッチ少々
Jacket n/a / Disc 3 / Sound 3~3.5
■20世紀の名曲。
何も説明はいらないと思われます。この曲、ミラーがシリンガー・システム(ロシアの作曲家ヨーゼフ・シリンガーが提唱した作曲法。ガーシュウィン、グッドマン、カウエルらに伝授され、バークリー・メソッドの基にもなりました)を勉強中に作ったもの。ガーシュウィンもそれを勉強中に『Porgy And Bess』を書いたといいます。実はアメリカ盤オリジナルは初入荷。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Merle Travis - THREE TIMES SEVEN cw STEEL GUITAR RAG

  • カントリー78rpm
 Merle Travis- マール・トラヴィス - "THREE TIMES SEVEN cw STEEL GUITAR RAG"
USA / 78rpm / Mono / Capitol 384 / Rec 1947 / Pub 1947
レーベルBのセンターに汚れ、盤極浅い擦れ、トレースノイズ少々
Jacket n/a / Disc 3.5~4 / Sound 3~3.5 
■47年、両面ともに大ヒットした一枚。
チェット・アトキンスが彼の演奏を聴いてギターを志したという話も知られる、アメリカ史上最高のギター・レジェンドの一人、マール・トラヴィス。レス・ポールと同様に発明家としての才もあり、種々意見はあるものの、いわゆるソリッド・ボディのエレキ・ギターを作ったのはこのマール・トラヴィスというのが定説。これは初期47年で、両面大ヒットした一枚。両面歌入りで、トラヴィスのピリッと締まったソロも含むA、ウェスタン・スウィング・クラシックに歌詞を付けて歌うB。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Raymond Scott And His Orchestra - ON THE SWINGING SIDE

  • ジャズLP
 Raymond Scott And His Orchestra- レイモンド・スコット&ヒズ・オーケストラ - "ON THE SWINGING SIDE"
USA / LP / Mono / Sound Of Swing LP107 / Rec 1940s / Pub early1970s?
ジャケット表裏擦れわずか、レーベルひげわずか、盤美品、擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4
■レイモンド・スコットの40年代の音源集に、クラヴィヴォックスを使ったレア曲を収録した一枚。
サウンド・オブ・スウィングという、詳細不明ながら40年代のジャズ・バンドのSP盤コンピをリリースしていたレーベルから、40年代のレイモンド・スコットを集めた一枚。歯切れのいいスウィング・ナンバーに加え、スコットが発明した電子楽器クラヴィヴォックスを使った「Twilight Zone」(60年・『Raymond Scott Songbook』に収録されています)が入っているのがうれしい。ちなみにこの曲はトップランクから7インチでリリースされた曲ですが、裏面の「Uncle Willie's Tune」まで入ってます。【曲】「Mr. Basie Goes To Washington」「Evening Star」「Toonerville Trolley」「Blues My Girl Friend Taught Me」「Enchanted Forrest」「Twilight Zone(試聴)」「Uncle Willie's Tune」「At An Arabian House Party」「Copyright 1950」「When Cootie Left The Duke」「Four Beat Shuffle」「Petite(試聴)」「Eagle Beak」「Magic Garden」「On The Jersey Side(試聴)」「Two Way Stretch」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Skip Easterling - IM YOUR HOOCHIE KOOCHIE MAN cw OOH POO PAH DO

  • ソウル45rpm
 Skip Easterling- スキップ・イースタリング - "I'M YOUR HOOCHIE KOOCHIE MAN cw OOH POO PAH DO"
USA / 45rpm / Mono / Instant 3309 / Rec 1970 / Pub 1970
レーベル、盤ともに美品
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 
■ニューオーリンズの白人ソウル・シンガー、スキップ・イースタリング。
ニューオーリンズの白人シンガー、スキップ・イースタリングの70年のヒット曲。ヒューイ・スミスがプロデュースした一枚で、マディ・ウォーターズの有名曲を気持ちいいビートでカバーしたA、ニューオーリンズR&Bクラシックをファンキーに唄ったB。


By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

V.A. Harvey Hull, Henry Sims, Skip James, etc. - MISSISSIPPI BLUES 1927-1941

  • ブルースLP
 V.A. Harvey Hull, Henry Sims, Skip James, etc.- ハーヴェイ・ハル、ヘンリー・シムズ、スキップ・ジェイムスetc. - "MISSISSIPPI BLUES 1927-1941"
USA / LP / Mono / Yazoo L1001 / Rec 1927 to 1941 / Pub mid1970s?
ジャケット表裏きれい、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4
■ヤズー・レーベルの記念すべき第一弾。
ヤズーの初LPは、当然、ブルースが生まれたミシシッピのカントリー・ブルースを収録した編集盤。超有名曲から知られざるナンバーまでいろいろ、しかしブルースのSP盤を長い間集め続けた彼らが満を持して組んだこの選曲、静けさや永遠を感じさせる曲が多いためか凄みがほんと段違い。ラストのロバート・ジョンソン「Dead Shrimp Blues」が終わると同時に全てが終わるような気になる一枚。【曲】「Harvey Hull / Gang Of Brown Skin Women」「Henry Sims / Be True Be True Blues」「William Harris / I'm Leavin' Town」「Skip James / Special Rider Blues」「Skip James / Cypress Grove Blues(試聴)」「Charlie Patton / Hang It On The Wall」「Geeshie Wiley / Eagles On A Half(試聴)」「Mattie Delaney / Tallahatchie River Blues(試聴)」「John Bird / Billy Goat Blues」「Charley Patton / Mean Black Moan」「Charley Patton / Pea Vine Blues」「Bobby Grant / Nappy Head Blues」「Son House / Delta Blues」「Robert Johnson / Dead Shrimp Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Louis Bellson (Louie Bellson) - JOURNEY INTO LOVE

  • ジャズLP
 Louis Bellson (Louie Bellson)- ルイ・ベルゾン - "JOURNEY INTO LOVE"
USA / LP / Mono / Norgran MGN1007 / Rec 1954 / Pub 1954
ジャケット表面円状の擦れ、裏側きれい、レーベルひげ極わずか、盤浅い擦れ、プツ音でる小スクラッチ少し
Jacket 3~3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5
■ジャズ・ドラマー、ルイ・ベルゾンの傑作。エキゾチックでスペイシーなムード・ジャズ。
エリントンが“世界一のドラマーであるばかりで無く、世界一の音楽家である”と賞賛したドラマー、ルイ・ベルゾン。これはそのエリントンが言ったことがこれっぱかしも大げさで無いことに気づいてしまう、全く驚きのチェンバー・ムード・ジャズ。ライナーにもありますが、作曲家、アレンジャーとしてのベルゾンをクローズ・アップした作品で、どれもが想像のはるか上を行くナンバーばかり。はっきり言ってこの域に達している人ほとんどいないと思う。同時期のラルフ・バーンズぐらいではないでしょうか。ファン・ティゾール(TB)、ウィリー・スミス(AS)、ベルゾン(D)らのクインテットにストリングスの編成。ジャケットはデヴィッド・ストーン・マーチン。オリジナル・レーベル。【曲】「Lonesome」「Mirror On The Water」「Javille(試聴)」「Can This Be True」「Unforgettable(試聴)」「Be My Pretty Flower」「Dancing On A Moonbeam(試聴)」「Don't Be Afraid To Love Me」「Out Of This World」「Love Me Forever」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lefty Frizzell - IM LONELY AND BLUE cw CALIFORNIA BLUES

  • カントリー78rpm
 Lefty Frizzell- レフティ・フリゼル - "I'M LONELY AND BLUE cw CALIFORNIA BLUES"
USA / 78rpm / Mono / Columbia 21102 / Rec 1953 / Pub 1953
レーベルきれい、盤極浅い擦れわずか
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 
■レフティ・フリゼルの53年作。
50年代以降のカントリーのヴォーカル・スタイルに新しい潮流を作ったレフティ・フリゼル。この鼻から抜けるような声でカラリと唄い飛ばすスタイルでデビュー早々ナンバーワン・ヒットを連発、後のシンガーたちに大きな影響を与えました。これは53年の一枚。デルモア・ブラザーズの録音などで知られるウェイン・レイニーのハーモニカと誰かわかりませんが印象的なドブロをバックにした天国のナンバー。裏面はジミー・ロジャースのカバー。びっくりするような音で鳴るSP盤。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jimmy Witherspoon - IT AINT NO SECRET cw WHY DO I LOVE YOU LIKE I DO

  • ブルース/リズム&ブルース78rpm
 Jimmy Witherspoon- ジミー・ウィザースプーン - "IT AIN'T NO SECRET cw WHY DO I LOVE YOU LIKE I DO"
USA / 78rpm / Mono / Checker 826 / Rec 1955 / Pub 1955
Bのレーベル縁に細いはがれ、盤浅い擦れ、細かなスクラッチあり
Jacket n/a / Disc 2.5 / Sound 
■ブルース・シンガー、ジミー・ウィザースプーンの55年の一枚。
たっぷりとしたシャウター系の声で、ブルース、ジャンプ・ブルース、ブギウギ、ジャズ風なものも唄ったジミー・ウィザースプーン。これは3枚あるチェッカーからの一枚で、55年。ウィリー・ディクソン(B)らチェスおなじみの面々がサポートしたゴスペル風味のロッキンR&Bナンバー。どっしりしたミッドテンポで迫るBもグレイト。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Marjorie Meinert - HI FI AND MIGHTY

  • ムード・ミュージック/オルガンLP
 Marjorie Meinert- マージョリー・マイナート - "HI FI AND MIGHTY"
USA / LP / Mono / RCA Victor LPM2169 / Rec 1960 / Pub 1960
ジャケット表裏円状の擦れ少々、下部中央、上部取り出し口縁裂け小、レーベルひげ少々、盤擦れわずか、プレスミスによる小突起少し、やぶれありますがカンパニースリーブ
Jacket 3 / Disc 3.5 / Sound 3.5
■女性オルガン奏者マージョリー・マイナートの白昼夢的なオルガン・アルバム。
オルガンの魔術師といわれる人、自ら名乗った人はいろいろいますが、この女性オルガン奏者マジョリー・マイナートこそその名にふさわしい。50年代~60年代に残したアルバムは、どれも使う電子オルガンのポテンシャルを最大限にいかしものばかり。これは60年の一枚で、いつもの小気味よい音とは違い、アルバム通してゆらめくオーロラのようなふわふわの演奏が聞ける一枚。このアレンというオルガンを使用。「Rhapsody In Blue」「A Song Of India」「Syncopated Clock」「Star Dust」「ある晴れた日に」等など、霞がかった白昼夢的演奏が広げられています。オリジナル盤。【曲】「Tonight We Love」「The Syncopated Clock」「A Song Of India」「Musetta's Waltz(試聴)」「Valencia」「Rhapsody In Blue」「Ol' Man River」「Rags To Riches」「Star Dust(試聴)」「Reverie(試聴)」「Guaglione」「Un Bel Di, Vedremo (One Fine Day)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Boswell Sisters - OKAY AMERICA! : ALTERNATER TAKES ND RARITIES

  • ジャズ・コーラスLP
 Boswell Sisters- ボズウェル・シスターズ - "OKAY AMERICA! : ALTERNATER TAKES ND RARITIES"
USA / LP / Mono / Jass 1 / Rec 1931 to 1935 / Pub 1986
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■ジャズ・コーラスの先駆的グループ、ボズウェル・シスターズ。
広い音域のシンプルなハーモニーがほとんどだったコーラスの世界で、声を真ん中の音域に密集させ、ぶつかり合う音の濁りに気持ちよさを見出した、クローズ・ハーモニーでジャズった最初のグループ、ボズウェル・シスターズ。戦前NYの最高のジャズマンがほとんど顔をそろえた伴奏も魅力。これは31年から35年の未発表曲、もしくはアメリカで当時出ていなかったナンバーを14曲収録したコンピレーション。【曲】「Put That Sun Back In The Sky」「Was That The Human Thing To Do?」「We Just Couldn't Say Goodbye」「Sing A Little Jingle(試聴)」「Stardust(試聴)」「OK America! Parts One & Two」「Sleep Come On And Take Me(試聴)」「Down Among The Sheltering Palms」「The Darktown Strutter's Ball」「If I Had A Million Dollars」「Dinah」「Fare Thee Well, Annabelle」「Lullabye Of Broadway」「When It's Sleepytime Down South」※本日はこれでアップ終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Chet Atkins - INDIAN LOVE CALL cw MUSIC IN MY HEART

  • カントリー78rpm
 Chet Atkins- チェット・アトキンス - "INDIAN LOVE CALL cw MUSIC IN MY HEART"
USA / 78rpm / Mono / RCA Victor 21-0428 / Rec 1950 / Pub 1950
レーベルきれい、盤浅い擦れ、きれい
Jacket n/a / Disc 3.5~4 / Sound 4
■チェット・アトキンスの50年の一枚。
アメリカン・ギタリスト、チェット・アトキンス。マール・トラヴィスの親指と人指し指のピッキングと複数の指を使うコードも加えたスタイルに、ジャンゴやレス・ポールのプレイにも影響されたという彼の演奏は、超テクニカルでいてかつ親しみの沸く心温まる演奏。ギターのみならずナッシュヴィル・サウンドの立役者でもあり、もうアメリカ音楽のハートとさえ言える人。これは50年の一枚。声よりもリアルに音楽の芯が伝わってくる「Indian Love Call」、妹(姉?)のシスター・ビリー・ローズとの可愛らしいデュエットの「Music In My Hert」。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

James P. Johnson - JAMES P. JOHNSON

  • ジャズLP
 James P. Johnson- ジェイムスPジョンソン - "JAMES P. JOHNSON"
U.K. / LP / Mono / Xtra 1024 / Rec 1940s / Pub 1965
コーティングのペラジャケット擦れ少々、裏ジャケットしみ少々、レーベルひげわずか、盤美品、擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 
■ハーレム・ストライドの生みの親ジェームスPジョンソン。
イギリスのトランスアトランティック・レコードが60年代に始めた、アメリカのトラディショナルなジャズ、フォーク、ブルース等をリリースするレーベル、エクストラから、ピアニストJPジョンソンの編集盤。一言、最高の内容。アッシュ・レーベルやフォークウェイズの音源から、ジョンソン自作のピアノ・ソロを中心に選ばれた12曲で、こんなのがあったのかと思わせるサロン・ミュージック的なナンバー、スパニッシュ・ムード漂うナンバーなど収録。ライ・クーダーが『JAZZ』でカバーした「The Dream」や、ビックス・バイダーベックのピアノ曲風なものなど、先日のウィリー・ザ・ライオン・スミスに通じるものあります。【曲】「Snowy Morning Blues」「Impressions(試聴)」「The Dream(試聴)」「Lorenzo's Blues」「Euphonic Sounds」「Theme」「Blue Moods」「Rag(試聴)」「Liza」「Twilight Rag」「Aunt Hagar's Blues」「Sweet Lorraine」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.