(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 25)

Jack Guthrie And His Oklahomans - NO NEED TO KNOCK UPON MY DOOR cw LOOK OUT FOR THE CROSSING

  • カントリー78rpm
 Jack Guthrie And His Oklahomans- ジャック・ガスリー&ヒズ・オクラホマンズ - "NO NEED TO KNOCK UPON MY DOOR cw LOOK OUT FOR THE CROSSING"
USA / 78rpm / Mono / Capitol 40131 / Rec 1946 / Pub 1946
レーベルにシール、盤擦れほぼ無し
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 2980 yen
■ジャック・ガスリーの46年の一枚。
ウディ・ガスリーのいとこで、そのウディの「Oklahoma Hills」のヒットが知られるジャック・ガスリー。ヒルビリー・ブギ名曲「Oakie Boogie」もおなじみ。これは46年の一枚で、初期のキャピトルのカントリー、ブラック・ミュージックを出していたアメリカーナというレーベルから。趣味よく歌を盛り上げるギターも乾いた歌も本当いい音で刻まれた2曲。新品のような美品です。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Gene Autry - THE GENE AUTRY COLLECTION

  • ヒルビリーLP
 Gene Autry- ジーン・オートリー - "THE GENE AUTRY COLLECTION"
USA / LP / Mono / Murray Hill M61072 / Rec 1930s, 40s / Pub 1983
ボックス擦れほぼ無し、内側にマジック書き込み、他きれい、レーベル4枚ともひげ無し、盤4枚とも擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3680 yen
■LP4枚組ボックス・セットの編集盤。
ジミー・ロジャースと同じく戦前ヒルビリー界のトップ・シンガーだったジーン・オートリー。しかし早逝したロジャースとは違い50年代まで長く歌い続け多くのクラシックを生みました。これはデビュー年29年から30年代を中心にした4lpボックス・セット編集盤。40、50年代も含まれています。多数の曲で聞けるスライド・ギターはロイ・スメックやフランク・マーヴィン。マール・トラヴィスがバリバリのトラヴィス・ピッキングでサポートするナンバーや、ジミー・ロジャース・カバー(トリビュート曲も二曲あり)、歯切れいいウエスタン・スウィング調のナンバー、多くのカバーを生んだ代表作「Back In The Saddle Again」のオリジナル・バージョン、そして未発表も7曲収録した全40曲。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Baby Dodds - TALKING AND DRUM SOLOS - FOOTNOTES TO JAZZ VOL.1

  • ジャズ/ドラム10LP
 Baby Dodds- ベイビー・ドッズ - "TALKING AND DRUM SOLOS - FOOTNOTES TO JAZZ VOL.1"
USA / 10LP / Mono / Folkways FP30 / Rec 1946 / Pub 1951
ジャケット擦れ、スタンプ、鉛筆書き込み、レーベルひげわずか、盤小プツ音でる小スクラッチ、擦れ
Jacket 2.5 / Disc 2.5 / Sound 2.5~3  2980 yen
■ベイビー・ドッズのドラム・デモ演奏+インタビューの10インチLP。
ドラム演奏そのものを発展させたニューオーリンズの偉大なドラマー、ベイビー・ドッズ。これは、1946年にドッズをスタジオに呼んで、インタビューを交えながらジャズ・ドラムについて様々な考察を加えたという音源。ドッズ自身の説明とデモ演奏によって構成されていて、トラップ・セット(戦前ドラマーが良く使っていた大量のカウベルや木魚等を含むセット)を乱れ打ちしたり、プレス・ロール(音が伸びないドラムに色を与えるテクニック。ドッズは名人)を披露したりしてます。裏面は様々なドラムのパターンを演奏。ブックレット欠品で状態今一つですが、非常に珍しい1stエディション。【曲】「Drums In The Twenties(試聴)」「Spooky Drums No.1」「Shimmy Beat And Press Roll Demonstration(試聴)」「Careless Love Blues」「Rudiments」「Maryland」「Spooky Drums No.2」「Tom Tom Workout(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Gordon Heath And Lee Payant - SONGS OF THE ABBAYE

  • フォーク10LP
 Gordon Heath And Lee Payant- ゴードン・ヒース&リー・パヤント - "SONGS OF THE ABBAYE"
USA / 10LP / Mono / Elektra EKL19 / Rec 1953 / Pub 1954
ジャケット擦れ少々、下部中央に縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか、ブックレットきれい、カンパニー・ビニール・スリーブ破れもなくきれい
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 3800 yen
■パリに移り住んだフォーク・デュオ、ゴードン・ヒース&リー・パヤントの1stアルバム。
黒人フォーク・シンガーで俳優でもあったゴードン・ヒース、やはりフォーク・シンガーで映画監督でもあったリー・パヤントのデュオのファースト10インチLP。48年にパリに移り住み、49年にはパリでコーヒーハウスを経営、自分たちやパリのミュージシャンだけでなく、リタ・ヘイワースやレナ・ホーンを呼んだりしていたそうです。その店でかはわかりませんが、パリで53年に録音された一枚。二人ともガット・ギターで、親密な弾き語りを10曲収録。仏語曲一曲あり。オリジナル・レーベル。【曲】「Another Man Done Gone」「Chanson De La Mariee」「The Youth Of The Heart」「Black Girl(試聴)」「I Wash My Face(試聴)」「Big Rock Candy Mountain」「Jacob's Ladder」「J'Ai Un Long Voyage A Faire」「We Will Break Bread Together」「Wandering」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Wayne McGuinnis With The Swing Teens, Bill Bowen And The Rockets, etc. - METEOR ROCKABILLIES

  • ロカビリー/カントリーCDetc
 Wayne McGuinnis With The Swing Teens, Bill Bowen And The Rockets, etc.- ウェイン・マッギニス・ウィズ・スウィング・ティーンズ、ビル・ボーウェン&ザ・ロケッツ、etc. - "METEOR ROCKABILLIES"
U.K. / CDetc / Mono / Ace CDCHM484 / Rec mid50s / Pub 1993
ケース擦れ少々、 ブックレットきれい、盤面きれい
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  1980 yen
■50年代メンフィスのメテオ・レコードのロカビリーを収録した一枚。
ロサンゼルスでモダン・レーベルをやっていたバイハリ兄弟がメンフィスに作ったレーベル、メテオ。エルモア・ジェイムス等のブルース、R&B、チャーリー・フェザーズやジュニア・トンプソンなどロカビリー、ヒルビリーをリリース、サンほど有名ではないものの、濃いレコードを多数リリース。これはメテオのロカビリー、ロッキン・ホンキートンク・カントリーを選りすぐった英エイスの編集盤。50年代中期メンフィスのアンダーグラウンドな空気が伝わってきます。24曲収録。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Johnny Bond And His Red River Valley Boys, Spade Cooley And His Orchestra, etc. - HILLBILLY BOOGIE

  • カントリー/ウエスタン・スウィングCDetc
 Johnny Bond And His Red River Valley Boys, Spade Cooley And His Orchestra, etc.- ジョニー・ボンド&ヒズ・レッド・リバー・バレイ・ボーイズ、スペード・クーリー&ヒズ・オーケストラ、etc. - "HILLBILLY BOOGIE"
USA / CDetc / Mono / Columbia Country Classics CK53940 / Rec 1940s / Pub 1994
ケース擦れ、表面にひび、ブックレットきれい、盤面擦れわずか
Jacket 2.5~3 / Disc 3.5~4 / Sound 4  1680 yen
■40年代ヒルビリー・ブギの名演を収録した編集盤CD。
20年代、好景気に沸くシカゴで、高騰した家賃を稼ぐために個人が自宅で開いたパーティ・イベントで生まれたというブギウギ。それがカントリーと合体し、ロックンロールのルーツの一つとなったのがヒルビリー・ブギ。これは40年代テキサスの名ウエスタン・スウィング・バンドの音源を中心に、ヒルビリー・ブギ名演を20曲収録した、コロンビア・レコード・オフィシャルの編集盤CD。.【曲】「Johnny Bond / Smoke! Smoke! Smoke!」「Spade Cooley / Three Way Boogie(試聴)」「Leon McAuliffe / Take It Away, Leon(試聴)」「Al Dexter / New Broom Boogie」「Johnny Hicks / Hamburger Hop」「Paul Howard / Drinking All My Troubles Away」「Curley Williams / Georgia Boogie」「Bob Wills / Cowboy Stomp」「Johnny Bond / Mean Mama Boogie」「Spade Cooley / Yodeling Polka」「Al Dexter / Saturday Night Boogie」「Paul Howard / Rootie Tootie」「Leon McAuliffe / Blue Guitar Stomp」「Louise Massey / Squeeze Box Polka」「Andy Reynolds / Beer Bottle Mama」「Curley Williams / Fiddlin' Boogie」「Lefty Frizzell / My Baby's Just Like Money(試聴)」「Johnny Hicks / Get Your Kicks」「Smiley Maxedon / Give Me A Red Hot Mama And An Ice Cold Beer」「Little Jimmy Dickens / Salty Boogie」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jimmie Rivers And The Cherokees - BRISBANE BOP

  • ウエスタン・スウィングCDetc
Jimmie Rivers And The Cherokees- ジミー・リバース&ザ・チェロキーズ - "BRISBANE BOP"
USA / CDetc / Stereo / Joaquin 2501 / Rec early60s / Pub 1995
ケース擦れ、内側の盤を留める箇所にダメージ、ブックレットきれい、盤面きれい
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 4  1980 yen
■幻の60年代ウエスタン・スウィング・バンド、ジミー・リバース&チェロキーズ。
レフティ・フリゼルのような大物が出演していた、サンフランシスコ南方の町ブリスベンのナイト・クラブ、23クラブ。そのバックをやっていたここのハウス・バンド、ジミー・リバース&チェロキーズは、そんなシンガーが出ていない時、自分たちの音楽を演奏していて、それがスピーディ・ウエスト&ジミー・ブライアントをグッとジャズ色濃くした感の本当に素晴らしいウエスタン・スウィング。バーニー・ケッセルに影響を受けたジャズ・ギタリストのジミーと、スティールのヴァンス・テリーを中心にしたライブ音源で、全てクラブ23での録音の全19曲。当時かれらはレコードを出しておらず、編集盤LP一枚と、それに入らなかった7曲を収録したこのCDが現在のところ全ての音源集。【曲】「Back Bay Shuffle(試聴)」「Jimmie's Blues」「Jammin' With Jimmy」「On The Alamo」「Hold It」「A Smo-o-o-oth One」「Slow Boat To China」「It's All Your Fault」「Steelin' Home」「Tippin' It」「After You've Gone」「Swedish Pastry」「Buffalo Burgers」「Airmail Specia(試聴)l」「How High The Moon」「Surf Ride」「Rose Room」「It's A Sin To Tell A Lie」「Twin Guitar Special」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Siddheshwari Devi, Zamir Ahmad Kahn, etc. - AN ANTHOLOGY OF NORTH INDIAN CLASSICAL MUSIC VOL.2 : VOCAL MUSIC / STRING INSTRUMENTS / DRUMS

  • 民俗音楽/インドLP
 Siddheshwari Devi, Zamir Ahmad Kahn, etc.- シッドゥシュワリ・デヴィ、ザミル・アーマド・カーン、etc. - "AN ANTHOLOGY OF NORTH INDIAN CLASSICAL MUSIC VOL.2 : VOCAL MUSIC / STRING INSTRUMENTS / DRUMS"
Germany / LP / Stereo / Musicaphon BM30SL2052 / Rec 1970s / Pub 1970s
見開きコーティング・ジャケット擦れ極わずか、内側ブックレット部色あせ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  4500 yen
■ユネスコ×ムジカフォンの北インド音楽シリーズの二枚目。
ユネスコ×ムジカフォンの民俗音楽シリーズは、他のレーベルが霞んでしまうような名盤だらけですが、中でも非常に力を入れて製作されたのがインド音楽。これは北インドだけで4枚作られたシリーズの二枚目(一枚目はこちら)。まずは一枚目の続きの古典声楽を二曲、続いて二大弦楽器ヴィーナとサーランギーの演奏を二曲、ラストは打楽器パカーワジとタブラの演奏を三曲収録。例によって徹底した英仏独三か国語ライナー。【曲】「Bhajana In The Raga Kaushi Kanada」「Tappa In The Raga Adana-vasanta」「Sarangi. Raga Mishra Khammaj」「Raga Vasanta, Jhampa Tala(試聴)」「Chautala」「Tintala」「Tala Dadra(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Carl Orff And Gunild Keetman - ORFF : SCHULWERK - MUSIK FUR KINDER TEIL 1 UND 2

  • クラシックLP
 Carl Orff And Gunild Keetman- カール・オルフ&グニルト・ケートマン - "ORFF : SCHULWERK - MUSIK FUR KINDER TEIL 1 UND 2"
Germany / LP / Stereo / EMI 1C147-01386-87 / Rec 1970s / Pub 1970s
見開きジャケット擦れわずか、上部中央に小縁裂け、内側ブックレット部きれい、レーベル二枚ともひげ無し、盤二枚とも擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■カール・オルフの『SCHULWERK』のドイツ製作盤2LP。
ドイツの作曲家カール・オルフ(1895-1982)。ドビュッシーやシェーンベルクを学んだオルフ、36年に作曲したオペラ『カルミナ・ブラーナ』が良く知られる人。しかしオルフはまじめなクラシック・ファンには全く聞かれていない、言葉もなくなる素晴らしい作品集を創作。それがこの『Schulwerk』。教え子の作曲家グニルト・ケートマンとともに30年代に作り上げた、現代音楽や民俗音楽、ヨーロッパ民謡等のエッセンスを噛み砕き、知育音楽として結晶させた、一分から三分程度の短い曲からなる膨大な作品集。この世界ではマスターピースとされ、各国で製作されました。日本でもあり。これはドイツ製作のもので、オルフとキートマンが指揮した第一・二集の2LP。詳細解説ブックレット付き。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mr. Freddie, Willie Walker, Will Bennett, etc. - LETS GO RIDING

  • ブルースLP
 Mr. Freddie, Willie Walker, Will Bennett, etc.- Mrフレディー、ウィリー・ウォーカー、ウィル・ベネット、etc. - "LET'S GO RIDING"
USA / LP / Mono / Origin Jazz Library OJL18 / Rec 1920s, 30s / Pub 1969
ジャケット擦れわずか、背部色あせと擦れ、上部取り出し口縁裂け、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れ、極表層のスクラッチわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  3980 yen
■オリジン・ジャズ・ライブラリーのブルース・ギター・ラグ集。
これぞ皆を狂わせた大名盤。ミシシッピ・ブルース・マン、フレディ・スプルエルのタイトル曲、しゃっきりしたギター・プレイが素晴らしいウィリー・ウォーカーの「South Carolina Rag」、床屋のウィリアム・ムーアのラグ・クラシック、初めてギター・ブルース・インストを録音したシルベスター・ウィーバー、カバーしたサム・ファークも原曲の恐ろしくディープなギターにはお手上げなハンボーン・ウィリー・ニューバーン、ハーモニカ、ギター、洗濯板のトリオのエリス・ウィリアムス、ジョー・バザードが"さすらいのレコード・コレクター"でかけてノリノリになっていたギットフィドル・ジムなどなど、本当に濃い内容。後発盤はたまに見ますがこれはオリジナル。【曲】「Mr. Freddie / Let's Go Riding(試聴)」「Willie Walker / South Carolina Rag」「Will Bennett / Railroad Bill」「Pink Anderson & Simmie Dooley / Gonna Tip Out Tonight」「William Moore / Ragtime Crazy」「Walter Hawkins / A Rag Blues」「Sylvester Weaver / I'm Busy And You Can't Come In」「Hambone Willie Newbern / Way Down In Arkansas(試聴)」「Ellis Williams / Buttermilk Blues」「Bo Carter / Sue Cow」「Carl Martin / Good Morning Judge」「Peg Leg Howell And His Gang / Peg Leg Stomp」「Blind Blake / Southern Rag」「Gitfiddle Jim / Paddlin' Madeline Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Kenny Baker And Uncle Josh Graves - SOMETHING DIFFERENT

  • カントリー/ブルースLP
 Kenny Baker And Uncle Josh Graves- ケニー・ベイカー&アンクル・ジョッシュ・グレイブズ - "SOMETHING DIFFERENT"
USA / LP / Stereo / Puritan 5001 / Rec 1972 / Pub 1972
ジャケット擦れ少々、レーベルひげほぼ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 3980 yen
■フィドラー、ケニー・ベイカーがギターを弾き、ドブロ奏者バック・グレイブズとデュオった一枚。
ハーモニカ・フランクの音源集を出している幻のレーベル、ピューリタンからの一枚。かのビル・モンローの片腕だった名フィドラー、ケニー・ベイカーと、フラット&スクラッグスのドブロ奏者アンクル・ジョッシュ・グレイブズのデュオ盤。なんとベイカーはほとんどギターを弾いていて(フィドルは2曲)、その腕前に惚れ惚れ。ライナーによると、ベイカーは若い頃、アーネスト・ジョンソンという盲目の黒人ギタリストにギターを習っていたそう。それとグレイブズの新鮮なドブロとのコンビネーションはまさしく"Something Different"。一曲ある歌ものはブラインド・ボーイ・フラーのカバー。 【曲】「The Sands Of Monterey(試聴)」「Evelina」「Legend Of The Whistling Brakeman(試聴)」「I'll Be All Smiles Tonight」「Lonesome Hobo」「Roll On Buddy」「Snowbird」「High Country」「Fireball」「The White Rose」「Step It Up And Go(試聴)」「Carroll County Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Doc Watson - HOME AGAIN

  • ブルース/フォークLP
 Doc Watson- ドク・ワトソン - "HOME AGAIN"
USA / LP / Stereo / Vanguard VSD79239 / Rec 1967 / Pub 1970s
ジャケットシュリンク入り、背部色あせ、レーベルひげほんのわずか、盤浅い擦れ少々、B2に小プツ音でるスクラッチ一本
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2480 yen
■67年のアルバム。
『Anthology...』にも収録された伝説の20年代ヒルビリー・シンガー、クラレンス・アシュレイが60年に再発見され彼のもとに録音班が向かったところ、スゴイ奴がいる、と見いだされたのがこのドク・ワトソン。すぐさま64年にファースト・ソロが作られ一躍寵児に。これは66年のアルバム。トラディショナルを中心に、カーター・ファミリー等ヒルビリーのカバー、自作曲もまじえ親密に自然体で演奏する一枚。この一つ前のレーベルもあり、これはセカンド・レーベル。【曲】「Down in the Valley to Pray」「Georgie」「The Old Man Below」「Katie Morey」「F. F.V.(試聴)」「A-Rovin' on a Winter's Night(試聴)」「Dill Pickle Rag(試聴)」「Sing Song Kitty」「Froggie Went A-Courtin'」「Pretty Saro」「Childhood Play」「Rain Crow Bill」「Matty Groves」「Victory Rag」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
2019年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.