(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 235)

Tommy Ladnier - TOMMY LADNIER

  • ジャズ10LP
 Tommy Ladnier- トミー・ラドニア - "TOMMY LADNIER"
USA / 10LP / Mono / X LVA3027 / Rec 1938 / Pub 1954
コーティング・ジャケット表裏擦れ少々、取り出し口にコート材のはがれ、レーベルひげ少々、盤表層スクラッチ少し、たまにプツ音
Jacket 3~3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5
■伝説の名TP奏者トミー・ラドニアの38年録音。Xレーベルの10インチLP。
ジミー・ヌーン、キング・オリバー、シドニー・ベシェなど世紀の名バンドを渡り歩いたニューオーリンズの伝説的なトランペット奏者トミー・ラドニア。これは、メズ・メズロウ(CL)、シドニー・デ・パリス(TP)、ジェームスPジョンソン(P)、テディ・バン(G)、ズティ・シングルトン(D)らとの38年録音を収録した、RCAのサブ・レーベル、Xからの54年の10インチLP。テディ・バンがリーダーと言われても信じてしまうぐらいに頑張ってます。選曲、監修はすぐあとにリバーサイド・レーベルを立ち上げるオーリン・キープニュースとビル・グロアー。【曲】「Comin' On With The Come On Part 1(試聴)」「Comin' On With The Come On Part 2」「Revolutionary Blues」「Gettin' Together(試聴)」「Everybody Loves My Baby」「I Ain't Gonna Give Nobody None of My Jelly Roll」「If You See Me Comin'(試聴)」「Royal Garden Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ismael Santiago - EN DANZAS EN SINFONIA Y OTROS RITMOS TIPICOS

  • 民俗音楽/プエルト・リコLP
 Ismael Santiago- イスマエル・サンティアゴ - "EN DANZAS EN SINFONIA Y OTROS RITMOS TIPICOS"
USA / LP / Mono / Tropical TRLP4578 / Rec 1960s / Pub 1960s
ジャケット表裏擦れわずか、下部縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤A1にプツ音でる長めのスクラッチあり、音さほど目立ちません、他きれい
Jacket 3.5 / Disc 3 / Sound 3
■プエルト・リコのアコーディオン奏者イスマエル・サンティアゴ。
プエルト・リコを代表するアコーディオン奏者、イスマエル・サンティアゴ。1910年生まれで戦中にアメリカへ渡り、まずはトランぺッターとして活動、その後アコーディオンにスウィッチしニューヨークで人気となりました。これは地元プエルト・リコのトロピカル・レーベルから、恐らく60年代と思われる一枚。ボタンをあまり使わない素朴なアコーディオン、キラキラしたこれはトレスでしょうか、それとギター、ギロで全て演奏される至福の12曲。【曲】「No Tienes Corazon」「Ya La Pagaras」「Virginia(試聴)」「Manuel Garcia」「Sueno De Amor(試聴)」「La Hija Del Penal」「El Torbellino」「Bosque Humbrio」「Delia Y Belen」「Amor Clandestino」「Laura Y Georgina」「Fin De Fiesta(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

V.A. Musicians Of Louisiana, John A Lomax(Rec.), Alan Lomax(Rec.) - LOUISIANA CAJUN AND CREOLE MUSIC 1934

  • ケイジャンLP
V.A. Musicians Of Louisiana, John A Lomax(Rec.), Alan Lomax(Rec.)- ルイジアナのミュージシャン、ジョンAロマックス(録音)、アラン・ロマックス(録音) - "LOUISIANA CAJUN AND CREOLE MUSIC 1934"
USA / LP / Mono / Swallow LP8003-2 / Rec 1934 / Pub 1987
見開きジャケット表裏内側擦れわずか、ブックレットきれい、ジャケットに接着している部分が取れています、レーベル二枚ともひげ無し、盤二枚とも擦れほとんど無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■ジョンとアランのロマックス親子による、34年ルイジアナのフィールド・レコーディング集。
20世紀に入った頃には既に高名なアメリカ民謡研究家だったジョンAロマックスと、後にジョンを超える研究家となる19歳のアラン・ロマックスの親子が1934年にルイジアナでフィールド録音したケイジャン&クレオール音楽集。アランの最初期(初めて?)の現地録音の本作は、なぜかフォークウェイズからは音源化されておらず、この87年の2枚組で初LP化。アメリカの中の音楽独立国ルイジアナの現地録音ものの中でも最も素晴らしいものと言える内容。全4面あるうちの計3面は無伴奏の歌を収録。第1面はホフパワー・ファミリーという家族を特集。第3面はバラッドや悲歌、ドリンキング・ソング、第4面はザディコやブルース。アメリカ民謡と非アメリカ民俗音楽のどちらの面白さが入ったあまりに豊潤なメロディにただただカンゲキで、いわゆるケイジャン音楽が物足りなくなってしまいそう...第2面には楽器演奏が入っていて、これも衝撃的にいい内容。ロマックスによる詳細解説、オリジナルの仏語と英訳の歌詞付きのブックレット。地元ルイジアナのケイジャン、スワンプ・ポップの名門、スワロウから。この中から半分ほどを収録したものがCDになっています。※曲目省略します

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Cleo Brown - LIVING IN THE AFTERGLOW

  • ジャズLP
 Cleo Brown- クレオ・ブラウン - "LIVING IN THE AFTERGLOW"
USA / LP / Stereo / Audiophile AP216 / Rec 1988 / Pub 1988
ジャケット表裏円状の擦れ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4
■30年代からのピアノ弾き語りジャイヴ・ガール、クレオ・ブラウンの落ち着いた88年作。
パンチの効いたブギウギ・ピアノ演奏、チャーミングな歌で30年代から活躍した、ピアノ弾き語り系ジャイヴ・ガールの草分け的存在のクレオ・ブラウン。これはなんと88年のアルバムで、全盛期と変わらない可愛らしさに落ち着きも感じさせる一枚。数曲、女性ピアニスト、マリアン・マクパートランドが参加、ピアノ・デュエットも披露。【曲】「I'm a Little Old Woman(試聴)」「Afterglow」「Down by the Riverside」「High Up on the Mountain(試聴)」「Silent Night」「I'm Gonna Rise Up Singing」「A Great Big Wonderful God」「Marian's Mood」「Walk All Over God's Heaven(試聴)」「Just a Closer Walk With Thee」「I've Been 'Buked and Scorned」「I'm Gonna Tell God How You Treat Me」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Henry Allen And His Orchestra - FEELING DROWSY cw SWING OUT

  • ジャズ78rpm
Henry Allen And Orchestra- ヘンリー・アレン&オーケストラ - "FEELING DROWSY cw SWING OUT"
USA / 78rpm / Mono / Bluebird 10702 / Rec 1929 / Pub 1940
レーベル擦れ少々、盤浅い擦れ、Aの冒頭にプツ音でる小スクラッチ
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5
■名ジャズ・トランぺッター、ヘンリー・レッド・アレンの初リーダー・セッション。再発SP盤。
ジャズの滋味を歌心溢れる満点の演奏で聞かせてきた20年代からの大ジャズ・トランぺッター、ヘンリー・レッド・アレン。これは29年の記念すべき初リーダー・セッションからの二曲で、ブルーバードからの再発SP盤。相棒JCヒギンボサム(TB)、アルバート・ニコラス(CL)、ルイス・ラッセル(P)、ポップス・フォスター(B)ら鉄壁の面々。エリントンやキャブ系のハーレム・ジャズど真ん中のA、小手先無しにホットなソロを回すアップのB。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bernard Krainis With Krainis Consort And Baroque Ensemble - SWEET PIPES : FIVE CENTURIES OF RECORDER MUSIC

  • クラシックLP
 Bernard Krainis With Krainis Consort And Baroque Ensemble- バーナード・クレイニス・ウィズ・クレイニス・コンソート&バロック・アンサンブル - "SWEET PIPES : FIVE CENTURIES OF RECORDER MUSIC"
USA / LP / Stereo / Columbia MS6475 / Rec 1962 / Pub 1962
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげ無し、盤擦れ極わずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4
■リコーダー、そして弦楽、ハープシコード、リュート等で16~7世紀のリコーダー音楽を演奏した一枚。ボブ・ドロウ作のリコーダー・ブルースも収録。
中世やルネッサンス期に全盛を迎えたリコーダー、18世紀中盤以降は徐々に廃れましたが、20世紀になりようやく復権。これは、16~17世紀の作曲家が書いたリコーダーの作を、古楽やアーリー・ミュージックの研究家で、ほとんどその道を開いたといっていい名手バーナード・クレイニスのグループが演奏したもの。弦楽と高音のソプラニーノ・リコーダーのためのヴィヴァルディ「Concert In C Major」、宗教曲をもとにしたブルの「In Nomie」は5本のリコーダーのみの薄暗い中世の雰囲気を漂わせる物悲しい作、ソプラノ・リコーダーとバスーンの2本が自由にインプロしているようなローゼンミューラー「Sonata A 2 In D Minor」等等収録。ラスト2曲は20世紀ナンバーで、これまた絶品。特に素晴らしい締め曲はあのボブ・ドローが書いたリコーダー・ブルース。4ビートのベースの上で、4本のリコーダーが空気を揺らす繊細な演奏を披露。オリジナル・レーベル。 【曲】『Five Villancicos(試聴)』「Concerto In C Major」「In Nomine(試聴)」『Sonata A 2 In D Minor』『Sonata A 4 In G』「Canzona Seconda」『Sonata Pro Tabula A 10』「Fantasia A 2」「Song」「Eons Ago Blue(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Hank Williams With His Drifting Cowboys - SETTIN THE WOODS ON FIRE cw YOU WIN AGAIN

  • カントリー45rpm
 Hank Williams With His Drifting Cowboys- ハンク・ウィリアムス・ウィズ・ヒズ・ドリフティング・カウボーイズ - "SETTIN' THE WOODS ON FIRE cw YOU WIN AGAIN"
USA / 45rpm / Mono / MGM K11318 / Rec 1952 / Pub 1952
レーベルきれい、盤極浅い擦れわずか
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4
■ハンク・ウィリアムスの52年作。両面、文句なしの名曲。
53年の元旦に29歳で亡くなるまでの短い活動期間で、あまりに大きな足跡を残した真のカリスマ、ハンク・ウィリアムス。もしかすると、ロカビリーやカントリーのファンだけでなく、米音楽全般のファンから最も尊敬されているカントリーの人なのでは。本作、亡くなる少し前のナンバーで、両面ともにヒットした一枚。特にBはジョニー・キャッシュやジェリー・リー・ルイス(「火の玉ロック」のB面)、ジーン・ヴィンセントといったロカビリアンたちの50年代カバーから、ボブ・ディラン、グレイトフル・デッド等々多くの人がとりあげた名曲中の名曲。チャート2位となったAものりのいいグレイトなナンバー。美品のオリジナル。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sophisticates - LIEBESTRAUM cw SWING LOW SWEET CHARIOT

  • ジャズ78rpm
 Sophisticates- ソフィスティケイツ - "LIEBESTRAUM cw SWING LOW SWEET CHARIOT"
USA / 78rpm / Mono / Decca 1818 / Rec 1938 / Pub 1938
レーベルに貼り物、極小はがれ、盤プツ音でるスクラッチ、擦れ
Jacket n/a / Disc 3 / Sound 3.5
■知られざるスモール・コンボ・ジャズ・グループ、ソフィスティケイツ。
その名もソフィスティケイツというこのグループ、マッティ・マルネック(CL)やマニー・クライン(TP)ら一流ジャズマンに、若きミルトン・デラッグ(アコーディオン)、ルイス・チコ(ハープ)が加わり洗練されたスモールコンボ・ジャズを演奏したグループ。とはいえ演奏はかなりホット。A面はリストの「愛の夢」、B面はニグロ・スピリチュアル「Swing Low Sweet Chariot」。恐らく2枚だけのグループ。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

/////////// 500円のSP盤、沢山出しました

- 500円のSP盤、沢山出しました -

500円のSP盤、沢山出しました。上はほんの一部です。
なお、これまで500円だった盤のかなりの数を、100円~300円に値下げし、600円~980円のコーナーも用意しました。それにともない、今後、バーゲンSP盤のコーナーは、3000円以上のお買い上げで20%オフとさせていただきます。
そしてこれが一番やりたかったのですが、500円SP盤のコーナーを全てジャンル分けしました。見やすくなっていると思います。ご来店をお待ちしております!


By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

/////////// 9/5(土)500円SP盤を大量に出します

- 9/5(土) 500円SP盤沢山出します -

明日、最近出していなかった500円SP盤を大量に出します。ジャズ、ヒルビリー、ボーカルもの、クラシック、民俗音楽、日本の民謡などなど、コーナー拡大して用意する予定です。オープンの2時までには間に合わせます。どうぞご期待ください。ご来店をお待ちしております。









By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Howard McGhee, Illinois Jacquet, Willie Smith, etc. - JAZZ AT THE PHILHARMONIC VOL. 1

  • ジャズ78rpm
 Howard McGhee, Illinois Jacquet, Willie Smith, etc.- レスター・ヤング、ディジー・ガレスピー、etc - "JAZZ AT THE PHILHARMONIC VOL. 1"
USA / 78rpm / Mono / Asch 453 / Rec 1945 / Pub 1945
ジャケット背部にテープ、表面擦れ少々、汚れ少々、端々擦れ、内ジャケットしみ、スリーブ3枚とも下部中央縁裂け、バインダー部にテープ、レーベル3枚ともきれい、盤3枚とも浅い擦れのみ、音に出るキズ無し、アッシュにしてはトレースノイズも少な目
Jacket 2.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4
■JATPの記念すべき第一巻目。12インチSP盤三枚のアルバム・セット。
瞬間瞬間に新しいメロディを紡いでいくジャズの面白さをライブ形式で録音、バップ~モダン・ジャズのバイブルともなっている、ノーマン・グランツ主催のイベントJATPの実況中継盤。これは45年、後にフォークウェイズを作るモーゼス・アッシュのレーベルからリリースされた第一弾。12インチSP盤3枚のアルバム・セット。メンバーは、ハワード・マッギー、ジョー・ガイ(TP)、イリノイ・ジャケー(TS)、ウィリー・スミス(AS)、ガーランド・フィニー(P)、ユリシーズ・リヴィングストン(G)、レッド・カレンダー(B)ら。それぞれ3面づつに渡る「How High The Moon Part 1-3」、「Lady Be Good Part 1-3」。※本日はこれでアップ終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Neil Johnston - MIXED BAG

  • ジャズ/オールドタイムLP
 Neil Johnston- ニール・ジョンストン - "MIXED BAG"
USA / LP / Stereo / Voyager VRLP314S / Rec 1974 / Pub 1974
ジャケット表裏円状の擦れわずか、レーベルひげわずか、盤擦れほとんどなし
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■老フィドラー、ニール・ジョンストン。ストリング・バンドで、ブルース、讃美歌、ジャズ等を演奏。
40年代から、ヴァイオリン、クラリネット、ピアノを弾きはじめたというニール・ジョンストン。どういう活動をしたか詳細は不明、しかし、ポートランドとシアトルの間の、テニーノという街のオールド・タイム・ミュージック・フェスを主宰していた、街の顔役だった人。これはシアトルのマイナー・レーベルからの恐らく唯一のソロで、地元の仲間たちがサポートした74年のアルバム。アコーディオン等を入れたストリング・バンド編成で、ブルースや讃美歌、古いアメリカ民謡を演奏した心温まる一枚。チャーリー・パットンの相棒フィドラー、ヘンリー・シムズってこんな感じだったのでは?全16曲、2曲ライブ音源あり。【曲】「Goofus(試聴)」「One Rose」「Bride of the Wind」「St. Louis Blues」「Goodnight Waltz」「Turkey in the Cottonwoods(試聴)」「In the Garden」「Love Letters in the Sand」「Darkness on the Delta」「Forty Years Ago Waltz」「Fishers Hornpipe」「Martin's Waltz(試聴)」「Silver Threads Among the Gold」「When My Baby Smiles at Me(試聴)」「Shamus O'Brien」「Old Rugged Cross」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.