(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 220)

Sauter Finegan Orchestra - THE SOUND OF THE SAUTER-FINNEGAN

  • ジャズ/イージー・リスニングLP
 Sauter Finegan Orchestra- ソーター・フィネガン・オーケストラ - "THE SOUND OF THE SAUTER-FINNEGAN"
USA / LP / Mono / RCA Victor LPM-1009 / Rec 1954 / Pub 1954
ジャケット表裏擦れ少々、下部中央に小縁裂け、レーベルひげ少々、盤美品、極浅い擦れわずか、チリ音少々
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 
■プログレッシヴ・ノン・カテゴリー・ジャズ・バンドSF楽団の54年作。
この盤の1stエディション。試聴は違う曲なのでそちらもどうぞ)30年代から未来的な感覚で知られていたアレンジャーEソーターとGlenn Miller楽団のアレンジャーを経て現代音楽も学んだBフィネガンのチーム。スウィング最重要作を作っていたからこそ脱却できたと思わせるこの恐るべきアレンジ・センスは新鋭のアレンジャー達に相当影響を与えたそう。本作は54年、彼らの初12インチLP。何度聴いても新しい驚きあり。オリジナル・レーベル・フラット・エッジ、両面1S。【曲】「Child's Play」「Horseplay(試聴)」「Time To Dream」「The Honey Jump」「Nina Never Knew(試聴)」「Love Is A Simple Thing」「Tweedle Dee And Tweedle Dum」「Stop Beatin' 'Round The Mulberry Bush」「Now That I'm In Love」「Yankee Doodletown」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Billy Ward - PAGAN LOVE SONG

  • ドゥワップ/オールディーズLP
 Billy Ward- ビリー・ワード - "PAGAN LOVE SONG"
USA / LP / Mono / Liberty LST7113 / Rec 1959 / Pub early60s
ジャケット表裏擦れほぼ無し、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか、きれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■ドミノズのビリー・ワードの59年作。
ドゥワップ愛好家はもとよりエキゾ・ファンからも目を付けられていた、ドゥワップとエキゾを融合させた無二の一枚。名ドゥワップ・グループ、ドミノズを率いたビリー・ワードの59年のソロ作。名妓はワード一人になっていますが、じつはドミノズも参加。アトランティックのような太いバック・ビートのコンボにエキゾなストリングズが絡み、引き締まったリード・ボーカルに引き込まれるタイトル曲、レス・バクスターのような南国風のアレンジにマクファター系(誰かわかりません)のハイトーン声がまったりとのる「Moonlight And Shadows」、R&Rビートにリズムミックなバック・コーラスも心地よい「Tradewinds」などなど。一つ前の黒銀ステレオもあり、これはセカンド・レーベル。【曲】「Pagan Love Song(試聴)」「Moonlight And Shadows(試聴)」「Trade Winds」「I'll Weave A Lei Of Stars For You」「Bird Of Paradise」「Hurricane」「A Lei, A Candle And A Prayer」「Blue Hawaii」「Behave, Hula Girl」「Magic Island」「Hawaiian Wedding Song (Ke Kali Nei Au)」「Aloha Oe」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Clarence Williams Orchestra - VOLUME 2 : 1927-1928

  • ジャズLP
 Clarence Williams Orchestra- クラレンス・ウィリアムス・オーケストラ - "VOLUME 2 : 1927-1928"
USA / LP / Mono / Biograph BLP12006 / Rec 1927 to 1929 / Pub 1972
ジャケット表裏きれい、下部中央に縁裂け、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れ
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4
■QRSレーベルの音源を中心にした一枚。キング・オリバー、コールマン・ホーキンス参加。
作曲、演奏、プロモーター、出版などなど、20年代ニューヨークの黒人音楽に関係することはまずほとんどやったんじゃないかというクラレンス・ウィリアムス。彼の回りには飛び切りのミュージシャンたちが沢山いました。これは27年~28年で、原盤は最もレアで高値なレーベルの一つQRSに残した音源を中心に編まれた一枚。キング・オリバー、コールマン・ホーキンス、エド・アレン、バスター・ベイリーらが参加。鋭いアップの曲もいいのですが、このアルバムで特にグッとくるのは、各々の演奏が生々しく響くスロー。【曲】「Shootin' The Pistol」「Bottomland」「Shake 'Em Up」「Jingles」「Long Deep And Wide」「Speakeasy Blues」「Squeeze Me(試聴)」「New Down Home Blues」「Wild Flower Rag」「Midnight Stomp」「I'm Through, Goodbye(試聴)」「Bozo(試聴)」「Bimbo」「Longshoreman's Blues」「Beau Koo Jack」「I Wish I Could Shimmy Like My Sister Kate」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Fletcher Henderson Orchestra - FLETCHER HENDERSON ORCHESTRA 1923-1927

  • ジャズLP
 Fletcher Henderson Orchestra- フレッチャー・ヘンダーソン・オーケストラ - "FLETCHER HENDERSON ORCHESTRA 1923-1927"
USA / LP / Mono / Biograph BLP12039 / Rec 1920s / Pub 1972
ジャケット表裏きれい、裏ジャケットに小鉛筆書き込み、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■サッチモ、コールマン・ホーキンス等がいた時代を中心とした音源集。
エジソン、アジャックス、ジェネット、ブロードウェイ等のレーベルから変名でリリースされた音源や、それまで米では聞けなかったテイク等をパラマウントの音源に混ぜ、またヘンダーソン楽団の選抜スモール・グループによる、ブルース・シンガーのトリキシー・スミス、クート・グラント&キッド・ウィルソンの伴奏音源などを編集した一枚。ドン・レッドマンのユニークで大胆なアレンジも素晴しく、エルマー・チェンバース(CNT)、ベニー・クルーガー(AS)等の演奏も最高、コールマン・ホーキンズの珍しいベース・サックスも聞けるし、トリキシーの伴奏のサッチモなんて言葉なくします。【曲】「Beale Street Mama」「Don't Think You'll Be Missed」「Linger Awhile」「Lonesome Journey Blues」「Bull Blues」「Feelin' The Way I Do」「I Can't Get The One I Want(試聴)」「Mining Camp Blues」「The World's Jazz Crazy So Am I(試聴)」「Everybody's Doing That Charleston Now」「He Likes It Slow」「Come On, Coot Do That Thing」「Find Me At The Greasy Spoon」「Prince Of Wails(試聴)」「Sorry」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Record Case - 12INCH RECORD CASE (RED)

  • レコード・ケースCDetc
Record Case- レコード・ケース - "12INCH RECORD CASE (RED)"
Japan / CDetc / n/a / rcred 20160528 / Rec 1960s to 1970s / Pub 1960s to 1970s
端々擦れ、小汚れ少し、取っ手、金具部しっかりしています、内側きれい
Jacket 3.5 / Disc  / Sound 
■12インチ・サイズのレコード・ケース。
恐らく60~70年代の日本製、赤の12インチ用レコード・ケース。丈夫な木製で、LPなら10枚ちょっと、SP盤なら20枚弱収納可能。中にレコードを取りやすくするための紐付き。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Record Case - 45RPM RECORD CASE (BLUE)

  • レコード・ケースCDetc
 Record Case- レコード・ケース - "45RPM RECORD CASE (BLUE)"
Japan / CDetc / n/a / rcblue 20160528 / Rec 1960s to 1970s / Pub 1960s to 1970s
端々擦れ、ペイントはがれ少々、取っ手、金具部しっかりしています、内側きれい
Jacket 3 / Disc  / Sound 
■7インチ・シングル用レコード・ケース。
恐らく60~70年代の日本製、前後に両開きするタイプの7インチ・シングル用レコード・ケース。丈夫な木製で、50枚ほど収納可能。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Robbie Basho - ART OF THE ACOUSTRIC STEEL STRING GUITAR 6 AND 12

  • ギターLP
Robbie Basho- ロビー・バショー - "ART OF THE ACOUSTRIC STEEL STRING GUITAR 6 AND 12"
USA / LP / Stereo / Windom Hill LL83 / Rec 1979 / Pub 1979
ジャケット表裏円状の擦れ少々、レーベルひげ少々、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■ギタリスト、ロビー・バショーの79年作。
ウィンダム・ヒルからの作で、恐らくレーベル創始者ウイリアム・アッカーマンがもっとも望んだであろう一枚。というのも、アッカーマンはほとんど唯一といってよいバショーの弟子。結果それまでのバショーの音楽を濃縮したような、代表作と言っていい内容。ニュー・エイジ的な作風はあまり感じられず、ひたすらバショー自身が映し出されています。東西の要素を混合した6弦のためのネオ・ゴシック作だという、タコマでの1stのタイトル曲を筆頭に、自作曲のみならず、衛藤公雄の箏曲の変奏曲、ドビュッシーの「月の光」などなど収録。【曲】「The Grail And The Lotus(試聴)」「Cathedrals Et Fleur De Lis(試聴)」「Pasha II」「A Study For Steel String」「Ackerman Special」「Apres Midi American」「Variations On Grieg」「Scottish Rites」「Pavan India」「Variations On Ezumi」「Variations On Clair De Lune」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Frankie Trumbauers Orchestra - IM COMING VIRGINIA cw WAY DOWN YONDER IN NEW ORLEANS

  • ジャズ78rpm
 Frankie Trumbauer's Orchestra- フランキー・トランバウアーズ・オーケストラ - "I'M COMING VIRGINIA cw WAY DOWN YONDER IN NEW ORLEANS"
U.K. / 78rpm / Mono / Parlophone R2687 / Rec 1927 / Pub 1930s
レーベル擦れわずか、盤新品のようなコンディション
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 4
■ビックス・バイダーベックらの最高傑作の一つ。
絶頂期のポール・ホワイトマン楽団の核だったビックス・バイダーベック、フランキー・トランバウアーらが、ホワイトマンとは違う、リアルなジャズをやった数枚のトランバウアー楽団のレコードは、ビックスや彼らの最高傑作とゆるぎない評価を得ているものばかり。これもその中の一枚。その二人にエディ・ラング、ジミー・ドーシー等の中編成で、生涯最高のプレイを聞かせる二曲。27年。美品のイギリス盤。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Julverne - EMBALLADE...

  • ロック/ベルギーLP
 Julverne- ジュールヴェルヌ - "EMBALLADE..."
Belgium / LP / Stereo / Hasard HAS037 / Rec 1983 / Pub 1983
ジャケット折れ目小、レーベルひげわずか、盤浅い擦れ少々
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4
■ベルギーのチェンバー・ロック・グループ、ジュールヴェルヌのサード・アルバム。
ベルギーの名チェンバー・ロック・バンド、ジュールヴェルヌ。フルート、サックス、クラリネット、バスーンなどの木管に、コンバス、チェロ、バイオリンなどの弦、曲によってはヴィブラフォンやピアノもいれた、クラシックとジャズの中間的な編成で脱構築的な魅惑の音楽を奏でるグループ。本作は83年のサードで、女性シンガーをいれ、アメリカの古いジャズやラグタイム、シャンソンなどを、きめの細かい上質なポップ室内楽演奏で聞かせる一枚。インサート無し。【曲】「Le Sheik」「Solace(試聴)」「Moon Song」「Le Bonheur Des Dames(試聴)」「Tu Me Plais」「Long Lost Mamma」「Caravan」「Mama Loves Papa...(試聴)」「Mejico Tango」「Original Rag」「When Lights Are Low 」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Napoleons Emperors - YOU CANT CHEAT A CHEATER cw ANYTHING

  • ジャズ78rpm
 Napoleon's Emperors- ナポレオンズ・エンペラーズ - "YOU CAN'T CHEAT A CHEATER cw ANYTHING"
U.K. / 78rpm / Mono / His Masters Voice B4955 / Rec 1929 / Pub late1920s to early1930s
レーベルBに印紙、他擦れ少々、盤極浅い擦れわずか、美品
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 
■フィル・ナポレオンの最高のナンバー2曲。
ボストン出身のトランペッター、フィル・ナポレオン。フランク・シニョレリらとオリジナル・メンフィス・ファイヴを結成、いち早くリアルな白人ジャズを演奏、その後エディ・ラング&ジョー・ヴェヌーティ等と出会い、歩みをともにすることに。これはその頃の一枚で、当時は黒人音楽として売り出された、このグループの最も素晴らしい2曲。上の4人にドーシー兄弟が参加、29年に録音された一枚。このセッションを最後に8年先までナポレオンのリーダー録音は無し。Aのみならず、この時代にこんなダークなジャズがあったんだと驚くB。美品のイギリス盤。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Helen Boatwright, John Kirkpatrick - CHARLES IVES : 24 SONGS

  • クラシックLP
 Helen Boatwright, John Kirkpatrick- ヘレン・ボートライト、ジョン・カークパトリック - "CHARLES IVES : 24 SONGS"
USA / LP / Mono / Overtone Over 7 / Rec mid50s / Pub mid50s
ジャケット表裏擦れ少々、下部中央に縁裂け、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れ、プツ音でる小スクラッチ少し
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5~4
■チャールズ・アイヴズの歌曲が初めてLPになった一枚。
アイヴズの研究家で、アイヴズのディスコグラフィ本を作ったリチャード・ウォーレンは、自分の中でこのアルバムがアイヴズのレコードのベストだと言っています。アメリカが精神的にもヨーロッパから独立する契機の一つとなった、エマーソンらの18世紀の超越主義思想の影響を受け、音楽でアメリカの独立を果たしたアイヴズ(1874-1954)。本作は、アイヴズの歌曲が録音された初めてのレコード。ソプラノはアメリカの作品を得意にしたヘレン・ボートライト、ピアノは、アイヴズが全く認められていなかったころから彼の才能に気づき、『コンコード・ソナタ』を初録音した、アイヴズの親友でもあったジョン・カークパトリック。欧の作曲家とは違い歌詞も自分で書くことが多いアイヴズ、エマーソンに影響された彼の思想が決定的に表れた試聴一曲目「Walking」など、誰にも似ていない、真に独立したナンバーで満たされています。【曲】「主よ、われと共にありませ」「歩く(試聴)」「鷲が見ることのできない場所」「心のあらわれ」「白いかもめ」「2つの小さな花」「最も偉大な人」「子供の時間」「子守歌」「アン・ストリート」「ブース将軍天国へ行く(試聴)」「秋」「水泳をする人々」「夕べ」「ゴモクムシ」「タラント・モス」「静けさ」「川にて」「予言者」「メイプル・リーヴズ」「1,2,3」「トムが船出する」「彼はそこに」「フランダースの野で」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mark Lang - TEXAS JOHN BOSCOE

  • ギターLP
 Mark Lang- マーク・ラング - "TEXAS JOHN BOSCOE"
USA / LP / Stereo / Symposium 2006 / Rec 1976 / Pub 1976
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤浅い擦れ極わずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4
■ミネソタのギタリスト、マーク・ラングのファースト・アルバム。
先日アップしたピーター・ラングの弟だという、ミネソタのフィンガー・ピッキング・ギタリスト、マーク・ラングのファースト。レオ・コッケの3rdと同じミネソタのシンポジウム・レーベルから。スライドも巧みな、目の覚めるようなハイテクニックでいて、心温まる音楽性。個人的にはゆったりした優しいナンバーが特によかったです。3曲、マンドリンやバンジョーを自分で重ねた一人ストリング・バンド曲あり。ジャケットのイラストの古いギターを使っているのでしょうか、柔らかくキラキラした独特の音がします。【曲】「Mexicali Slide」「Strawberry Man」「J.P. (Jota Pe)」「Sin Is A Heavy Burden(試聴)」「Emerald Bay」「The Loco Bandito」「Texas John Boscoe」「Northwest Something」「Good Neighbor Game」「Eulogy For The Bulb」「Genesis」「Bee Bite(試聴)」「Ozona(試聴)」「Red Root Breakdown」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2018年8月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.