(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 21)

Big Bill Broonzy And Pete Seeger - STUDS TURKELS WEEKLY ALMANAC ON FOLK MUSIC BLUES ON WFMT

  • ブルース/フォークLP
 Big Bill Broonzy And Pete Seeger- ビッグ・ビル・ブルーンジー&ピート・シーガー - "STUDS TURKEL'S WEEKLY ALMANAC ON FOLK MUSIC BLUES ON WFMT"
USA / LP / Mono / Folkways FS3864 / Rec 1956 / Pub late50s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤擦れほとんどなし、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■作家スタッズ・ターケルのラジオ番組仕立てで収録されたビッグ・ビルとピート・シーガーの共演盤。
100以上の仕事に関して働く人々にインタビューをした口伝『仕事』などで知られる作家、スタッズ・ターケルが、シカゴのラジオ局WFMTでやっていた番組のレコード編。ブルースマン、ビッグ・ビル・ブルーンジーとピート・シーガーを迎え、インタビューを交えた演奏を収録。オリジナルは56年、これは恐らく60年前後の盤。【曲】「Studs Terkel / Introduction」「Pete Seeger / The Frog」「Big Bill Broonzy / Alberta」「Pete Seeger / Cripple Creek」「Old Joe Clark」「Leather Britches」「Sally Ann」「Big Bill Broonzy / I Wonder Why」「Makin My Get A-Way」「Little Margaret」「In The Evening When The Sun Goes Down」「Love You Baby(試聴)」「Pete Seeger / Hush A-Bye」「Big Bill Broonzy / John Henry」「Pete Seeger / Jesu, Joy Of Man's Desiring」「Big Bill Broonzy And Pete Seeger / You Got To Walk That Lonesome Valley(試聴)」「You Got To Stand In Judgement」「The Midnight Special」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Whitey Pullen - COUNTRY MUSIC STAR

  • ロカビリー/カントリーLP
 Whitey Pullen- ホワイティ・プーレン - "COUNTRY MUSIC STAR"
USA / LP / Mono / Crown CLP5332 / Rec 1950s / Pub 1963
ジャケット表裏擦れ少々、背部上部にテープ、裏ジャケットに小書き込み、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか、クラウン特有のサーフェイスノイズ少々
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3680 yen
■アラバマのロカビリアン、ホワイティ・プーレン。
カントリー・ミュージック・スターとあるように、ロカビリーだけでなくカントリー的なレパートリーも多く含んだ、クラウン・レーベルからの音源集。61年に30歳の若さで亡くなってしまった彼、残したシングルはどれもがコレクターズ・アイテムで入手困難。63年オリジナル盤。【曲】「Walk My Way Back Home(試聴)」「Moonshine(試聴)」「What Are We Going To Do」「Tight Slacks」「Tuscalusa Lucy」「So Much To Remember」「I Won The Day I Lost You(試聴)」「Let Your Left Hand Know」「Waltz Of The Blues」「I'm Beggin Your Pardon」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Red Allen And The Kentuckians - BLUEGRASS COUNTRY

  • ブルーグラスLP
Red Allen And The Kentuckians- レッド・アレン&ザ・ケンタッキアンズ - "BLUEGRASS COUNTRY"
USA / LP / Mono / County 704 / Rec 1963 / Pub 1963
ジャケット表裏擦れ少々、色あせ少々、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■元オズボーン・ブラザーズのレッド・アレンのファースト・アルバム。
ノンストップで最初から最後まで高純度のブルーグラスで埋め尽くされた一枚。コレクターで研究家のデヴィッド・フリーマンが興したカントリー、ヒルビリーの名門カウンティから、オズボーン・ブラザーズのメンバーでもあったレッド・アレンの63年作。フォークウェイズ盤に先立つファーストで、名フィドラーとして後に名をはせるリチャード・グリーンが全面参加。【曲】「Summer Time Is Past And Gone(試聴)」「Whose Shoulder Will You Cry On(試聴)」「Purple Heart」「Are You Waiting Just For Me」「Heaven」「That's How I Can Count On You」「My Baby's Gone」「I Heard My Mother Call My Name In Prayer(試聴)」「I'm On My Way Back To The Old Home」「What About You」「Out On The Ocean」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Browns Ferry Four - SIXTEEN SACRED SONGS VOL.2

  • カントリーLP
Brown's Ferry Four- ブラウンズ・フェリー・フォー - "SIXTEEN SACRED SONGS VOL.2"
USA / LP / Mono / Pine Mountain PMR250 / Rec 1940s, early50s / Pub 1970s
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■こんな連中によるヒルビリー・ゴスペル・グループ。ベスト盤第二集。
メンバーはなんと、デルモア・ブラザーズの二人、そしてマール・トラヴィス、さらにグランパ・ジョーンズというちょっと信じられない4人。40~50年代の短期間活動、リリース数は多くは無いものの、厚みのあるハーモニーとシンプルなバッキングのいい曲多し。そのデルモア・ブラザーズやブルー・スカイ・ボーイズなどカントリーを主に出したパイン・マウンテンというレーベルから。【曲】「Will The Circle Be Unbroken?」「Just A Little Talk With Jesus」「If We Never Meet Again(試聴)」「The Lord Is Watching Over Me」「Everybody Will Be Happy Over There」「Hallelujah Morning」「When The Good Lord Cares」「Over In The Glory Land」「When He Blessed My Soul」「I'm Naturalized For Heaven」「When He Calls His Reapers」「Throne Eternal(試聴)」「I'll Meet You In The Morning」「Jesus Hold My Hand」「We Should Walk Together」「There's A Page In The Bible」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Roy Orbison - HILLBILLY ROCK

  • ロカビリーLP
 Roy Orbison- ロイ・オービソン - "HILLBILLY ROCK"
EU / LP / Mono / Je-Wel JELP331011-12 / Rec mid50s / Pub ?
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 4  2480 yen
■ロイ・オービソンのサン時代の音源集。未発表多数。
ティーン・キングスとともに録音した「Ooby Dooby」は問答無用の名曲で有名、しかしこれはステイブル・メイツ、ロージーズというグループでのナンバーや未発表/アウトテイクも収録したサン時代の音源集。既にロカビリーの枠に収まらないナンバーもあり。【曲】「Domino(試聴)」「A True Love Goodbye」「Ooby Dooby」「Trying To Get To You」「Chicken Hearted(試聴)」「I Was A Fool」「Greenback Dollar」「Ooby Dooby」「Tryin' To Get To You」「An Empty Cup」「Ooby Dooby」「I Fell In Love」「Rockabilly Gal(試聴)」「Domino」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Kokomo Arnold, Peetie Wheatstraw - BLUES CLASSICS

  • ブルースLP
 Kokomo Arnold, Peetie Wheatstraw- ココモ・アーノルド、ピーティー・ウィートストロー - "BLUES CLASSICS"
USA / LP / Mono / Blues Classics 4 / Rec 1930s / Pub 1970s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげごくわずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ココモ・アーノルド、ピーティー・ウィートストローを両面に収録した編集盤。
シカゴで活躍した左利きのスライド・ギタリスト、ココモ・アーノルドと、セントルイスの"Devil's Son In Law"ことピーティー・ウィートストローの2人をカップリング。プレスリーがカバーした「Milk Cow Blues」が有名なアーノルドは、「Red Beans And Rice」等アグレッシヴなボーカルとスライドが最高。大恐慌の最中でも高い人気で録音を続けたセント・ルイスのピーティー・ウィートストローは、アーノルドとコンビを組むことも多かったピアニストで、ウォルター・デイヴィスに負けない仕事量をこなし、アーノルド同様ロバート・ジョンソンにも多大な影響を与えた事でも有名。【曲】「Kokomo Arnold / Old Original Kokomo Blues(試聴)」「Kokomo Arnold / Mean Old Twister」「Kokomo Arnold / Front Door Blues」「Kokomo Arnold / Milk Cow Blues(試聴)」「Kokomo Arnold / Head Cutting Blues」「Kokomo Arnold / Let Your Money Talk」「Kokomo Arnold / Red Beans And Rice 」「Kokomo Arnold / Stop, Look And Listen」「Peetie Wheatstraw / Peetie Wheatstraw Stomp(試聴)」「Peetie Wheatstraw / Mama's Advice」「Peetie Wheatstraw / Ice And Snow Blues」「Peetie Wheatstraw / Peetie Wheatstraw Stomp #2」「Peetie Wheatstraw / Road Tramp Blues」「Peetie Wheatstraw / Working On The Project」「Peetie Wheatstraw / Shack Bully Stomp」「Peetie Wheatstraw / Working Man」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Stefan Grossman, Aurora Bloack - HOW TO PLAY BLUES GUITAR

  • ブルースLP
 Stefan Grossman, Aurora Bloack- ステファン・グロスマン、オーロラ・ブロック - "HOW TO PLAY BLUES GUITAR"
Japan / LP / Mono / Kicking Mule WKS71028 / Rec 1966 / Pub 1970s
ジャケット表裏擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、ブックレットきれい
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  1680 yen
■ステファン・グロスマンとロリー・ブロックのブルースギター教則レコード。
行着く先はこれ、というと怒られそうですが、しかし確実に彼の他のレコードには無い魅力があることも事実な、このジャンルの番外的名盤。フィンガー・ピッキング・ギタリスト、ステファン・グロスマンのファーストで、女性ギタリスト、ロリー・ブロックとのデュオとして出された一枚。教則レコードなのに名盤というのはこれいかに。過剰な主張のない演奏が異様な深遠さを現しているのですが、この味わいは聞いていただくしかありません。、床屋さんだったウイリアム・ムーアの名曲「Old Country Rock」、「Freight Train」で有名な女性ギタリスト、エリザベス・コットン、国会図書館に録音された幻の名曲「Mississippi Blues」などなど収録。国内盤で、曲解説のみならず、タブ譜、ギターのおさえ方の写真等も載った親切な日本語インサート。【曲】「Old Country Rock(試聴)」「Future Blues」「Turn Your Money Green」「God Moves On The Water」「Monday Morning Blues」「M & O Blues」「Whistling Blues」「Candyman」「Banty Rooster」「Save Up Your Money」「Canned Heat」「Vestapol」「Brownsville Blues」「Police Dog Blues」「You Got The Pocketbook, I Got The Key」「Mississippi Blues(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Merle Travis - BACK HOME

  • カントリー/ブルースLP
 Merle Travis- マール・トラヴィス - "BACK HOME"
USA / LP / Mono / Capitol T891 / Rec 1957 / Pub 1957
ジャケット擦れわずか、下部中央に縁裂け、レーベルひげわずか、盤浅い擦れ、プツ音でるスクラッチ少し
Jacket 3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5  3680 yen
■アメリカン・ギタリスト、マール・トラヴィスの57年のアルバム。
チェット・アトキンスが彼の演奏を聴いてギターを志したという話も知られる、アメリカ史上最高のギター・レジェンドの一人、マール・トラヴィス。レス・ポールと同様に発明家としての才もあり、種々意見はあるものの、いわゆるソリッド・ボディのエレキ・ギターを作ったのはこのマール・トラヴィスというのが定説。これは代表曲「Nine Pond Hammer」他を収録した57年リリースの大名盤。【曲】「Nine Pound Hammer(試聴)」「That's All」「John Bolin」「Muskrat」「Dark As A Dungeon」「John Henry」「Sixteen Tons」「Possum Up A Simmon Tree(試聴)」「I Am A Pilgrim(試聴)」「Over By Number Nine」「Barbara Allen」「Lost John」※本日のアップはこれのみです

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Delmore Brothers - VOL.2 SINGING MY TROUBLES AWAY

  • カントリーLP
 Delmore Brothers- デルモア・ブラザーズ - "VOL.2 SINGING MY TROUBLES AWAY"
USA / LP / Mono / Old Homestead OHCS154 / Rec 1930s / Pub 1984
ジャケット表面に小汚れ、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■デルモア・ブラザーズの初期30年代を中心にした編集盤。
声を張らない鼻声風のコーラス、卓越したギター・デュエット演奏、満点のブルース・フィーリング、本当にワン&オンリーなヒルビリー・デュオ、デルモア・ウラザーズ。ボブ・ディランが片思いのようにほれ込んでいたり、代表曲「Blues Stay Away From Me」などなどこの辺に興味がある方だったら耳にしたことがあると思います。これは、ヒルビリー、オールドタイムの名門レーベル、オールド・ホームステッドからのベスト。デビューしたばかり33年を含む30年代のナンバーを8割、40年代のものもいくつか収録。【曲】「Singing My Troubles Away(試聴)」「Goodbye Booze」「That Yodelin' Gal Miss Julie」「Wabash Blues」「Take Away This Lonesome Day」「False Hearted Girl」「Where Is My Sailor Girl」「Beale Street Boogie」「Leaving Town(試聴)」「 Lonesome Jailhouse Blues」「Brown's Ferry Blues, Pt. 2」「Blow Yo' Whistle Freight Train(試聴)」「Lorena The Slave」「When It's Summertime In A Southern Clime」「Happy Hickey The Hobo」「I'm Going Away」「Go Easy Mabel」「See That Coon In The Hickory Tree」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ruth Wallis - WALLIS ON THE PARTY LINE

  • ボーカルLP
Ruth Wallis- ルース・ウォリス - "WALLIS ON THE PARTY LINE"
USA / LP / Mono / Wallis Original WLP10 / Rec 1957 / Pub 1957
ジャケット擦れ少々、下部取り出し口に極小縁割け、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れ、極表層のスクラッチ少し
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  3680 yen
■ワン&オンリーな女性シンガー、ルース・ウォリスの57年のアルバム。
カルメン・ミランダのような可愛くてパンチのある歌、アネットのようなヤンキー娘の明るさを足したガール・シンガー、ルース・ウォリス。彼女が40年代後半に設立したレーベル、ウォリス・オリジナルからの一枚。知的で弾けるポップなジャズ・バンドは、元アレック・ワイルダー・オクテットのジミー・キャロル。いつものご機嫌なラテンものもありつつ、ジャズ色濃いナンバーもいい、じっくり聞ける一枚。57年。【曲】「Miss Custer's Last Stand」「Do It Yourself Kit(試聴)」「The American Plan(試聴)」「Vulture For Culture」「Red Lights And Bells」「Seventh Wife Of Seventh Son」「Letter From Bermuda(試聴)」「He Called Me Comrade」「A Man, A Mink And A Million」「Pink And Purple Pills」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Diamonds - DIAMONDS WITH PETE RUGOLO

  • オールディーズLP
 Diamonds- ダイアモンズ - "DIAMONDS WITH PETE RUGOLO"
USA / LP / Mono / Mercury MG20368 / Rec 1958 / Pub 1958
ジャケット表裏擦れ少々、裏ジャケット書き込み、下部中央に縁裂け、レーベルAに小はがれ、ひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4 2980 yen
■オールディーズ・ボーカル・グループ、ダイアモンズの58年のアルバム。
カナダはトロント出身のホワイト・ドゥワップ・グループ、ダイアモンズ。「Little Darlin」のヒットで知られる、オールディーズの代名詞的名ボーカル・グループ。これは58年のアルバムで、アレンジャー、ピート・ルゴロとガブリ四つで作られた名盤。ルゴロらしい、華やかでいて緻密なビッグバンドjをバックに溌剌と歌う一枚で、オールディーズとジャズ・コーラスの中間的なサウンド。【曲】「Wrap Your Troubles In Dreams (And Dream Your Troubles Away)」「Baby Won't You Please Come Home(試聴)」「The Best Things In Life Are Free」「Ain't Misbehavin'(I'm Savin' My Love For You) 」「Until The Real Thing Comes Along(試聴)」「I'll Always Be In Love With You」「Will You Still Be Mine」「Tenderly」「For All We Know」「One For My Baby (And One More For The Road)」「Lulu's Back In Town」「You'll Never Walk Alone」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Koizumi Fumio(Rec.,Dir.) - HARUKANARU UTA SILKROAD

  • 民俗音楽/アジアLP
 Koizumi Fumio(Rec.,Dir.)- 小泉文夫(録音、監修) - "HARUKANARU UTA SILKROAD"
Japan / LP / Stereo / Toho AX7007-8 / Rec 1977 / Pub 1970s
見開きジャケット表裏きれい、内側擦れ少々、下部中央に小縁裂け、レーベル二枚ともひげわずか、盤二枚とも擦れほぼ無し、ブックレット擦れ少々、帯小折れ目
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■小泉文夫ら"民音シルクロード音楽調査団"がアジア諸国で録音した民俗音楽を収録した2LP。
77年に決行され、帰国後に発表された"シルクロード音楽に関する三つの発見"という記録映画のレコード盤。ディスク1のA面はモンゴル(4曲)、ネパール(9曲)、B面はウズベキスタン(8曲)、ディスク2のA面はパキスタン(10曲)、B面はインド(12曲)という内容。インドも芸術古典音楽ではなく、民衆の息吹が聞こえてくるような素朴でリアルな音楽を収録。一曲一曲、写真付きの丁寧な解説があるブックレット付き。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.