(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 2)

Ralph Burns - FREE FORMS

  • ジャズ10LP
 Ralph Burns- ラルフ・バーンズ - "FREE FORMS"
USA / 10LP / Mono / Clef C115 / Rec 1952 / Pub 1152
コーティング・ジャケット擦れ少々、下部中央縁裂け、レーベルひげわずか、盤浅い擦れ、プツ音でる小スクラッチあり
Jacket 3 / Disc 2.5~3 / Sound 2.5~3  2680 yen
■アレンジャー、ラルフ・バーンズの1stアルバム。室内楽ジャズの名盤。
モダン・ジャズ・アレンジャー、ラルフ・バーンズの52年の室内楽ジャズ作。ライナーによれば、バッハ、ヴェルディー、エリントン、パーカー等に影響された曲を軽い感覚で書き出したということですが、ほんとでしょうか。話半分で読んでしまいます。弦楽、木管の小編成の室内楽団にフレンチ・ホルン、リズム隊を加えた編成で、聴感は極めて洗練され優雅ながら、巧妙に野心的なフレーズを繰り出してくる手腕に惚れ惚れ。ストリングスがこれほど雄弁なジャズ作もそうないのでは。全曲バーンズの自作で、各々の見せ場はありつつも基本全てアンサンブル。アルトのソロはリー・コニッツ。【曲】「Terrisita(試聴)」「Lileth(試聴)」「Vignette At Verney's」「Cameo」「Places Please」「Tantallon」「Spring Is」「Someday, Somewhere」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Texas Alexander - COMPLETE RECORDINGS IN CHRONOLOGICAL ORDERVOLUME 3

  • ブルースLP
 Texas Alexander- テキサス・アレクサンダー - "COMPLETE RECORDINGS IN CHRONOLOGICAL ORDERVOLUME 3"
U.K. / LP / Mono / Matcbox MSE220 / Rec 1929, 30 / Pub 1986
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげわずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■テキサス・アレクサンダーのマッチボックス編集盤第三集。
テキサスのブルースマン、テキサス・アレクサンダーのマッチボックス編集盤第三集。特にロニー・ジョンソンとエディ・ラングがバックを付けたものが知られる彼ですが、このアルバムにはその組み合わせは無し。まずはエルヴィー・トーマス&ギーシー・ワイリーに影響を与えたリトル・ハット・ジョーンズと、同じテキサスのカール・デイヴィスが伴奏を付けたものをA面に収録。裏面は全て、"Sitting On The Top Of The World"でおなじみブルース・ストリング・バンド、ミシシッピー・シークスが伴奏。両面まるで違うムードで、彼の野卑でいて旨い歌が楽しめるいい一枚。【曲】「Gold Tooth Blues」「Johnny Behrens Blues」「Rolling Mill Blues」「Broken Yo Yo(試聴)」「Texas Special」「When You Get To Thinking」「Thirty Day Blues」「Peaceful Blues」「Days Is Lonesome」「Seen Better Days(試聴)」「Last Stage Blues」「Stealing To Her Man」「She's So Fair」「Rolling And Stumbling Blues」「Frost Texas Tornado Blues」「Texas Troublesome Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Francis Scrapper Blackwell - BLUES THAT MAKE ME CRY

  • ブルースLP
 Francis Scrapper Blackwell- フランシス・スクラッパー・ブラックウェル - "BLUES THAT MAKE ME CRY"
Holland / LP / Mono / Agram AB2008 / Rec 1928 to 35 / Pub 1980
ジャケット擦れわずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ブルース・ギタリスト、スクラッパー・ブラックウェル2~30年代をまとめたアグラム編集盤。
20~30年代に活躍したピアノ&ギターのデュオ、リロイ・カーとスクラッパー・ブラックウェル。ジャズ一歩手前のピアノと、シングル・トーンの生ギターをアレンジして作られた、都会的でいてドロリとした味のあるブルースを演奏。これはそのスクラッパー・ブラックウェルのギターに着目して編まれたオランダ・アグラムの編集盤。そのリロイ・カーやジミー・ブライス等とのデュエットありつつもメインはやはり卓抜したギターと野性味あふれるボーカルの弾き語り。戦前に唯一録音したブルース・ギター・インストSP盤も両面収録。音質ちょいばらつきあります。【曲】「Mr. Scrapper's Blues」「Down And Out Blues」「Non-Skid Tread」「Be-Da-Da-Bum」「Mean Baby Blues」「Sneaking Blues」「Morning Mail Blues」「Blues That Make Me Cry」「D Blues(試聴)」「A Blues」「My Old Pal Blues」「Bad Liquor Blues」「The Death Of Leroy Carr」「Smoky Mountain Blues」「Wayback Blues(試聴)」「Sail On Sail On Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Latvian SSR State Academic Choir - AR DZIESMU DZIVIBA

  • ラトビアの音楽LP
 Latvian SSR State Academic Choir- ラトビアンSSRステイト・アカデミック・クワイアー - "AR DZIESMU DZIVIBA"
USSR / LP / Stereo / Melodiya C10-15555-6 / Rec 1982 / Pub 1982
ジャケット円状の擦れ、背部中央、下部中央に縁裂け、裏面に小剥落、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、もとからの小チリ音
Jacket 2.5 / Disc 4 / Sound 4  1980 yen
■ラトビアの恐らくは大学のコーラス・グループ。静謐なコーラス曲集。
すみません、結局は詳しくはわかりませんでした。恐らくはソビエト時代のラトビアの大学?のコーラス・グループ。アルフレッド・カルニンス?という作曲家の曲や、ラトビアの民謡をアレンジしたものを全12曲収録。ジャケットはモーセが紅海を割った出エジプト記と思われるので、クリスチャン系の歌詞でしょうか。アルバム・タイトルは"With Song In Life"。静謐なコーラス曲を12曲収録。【曲】「Singing Born, I Grew Up Singing」「Why Do Harps Resound So Bitter」「Me To Mother Mine」「How High The Mountains」「Ancient Lullaby(試聴)」「Spring Time Morn」「Salute To The Sun」「Madrigal For Double Choir」「Gastronomy」「Silvery Rain Was Falling(試聴)」「Thr Fir Tree's Lullabye」「With Song In Life」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

G.L. Crocket, Bobby Sisco, Dale Hawkins, etc. - CHESS ROCKABILLIES : JUST GO WILD OVER ROCK AND ROLL

  • ロカビリーLP
 G.L. Crocket, Bobby Sisco, Dale Hawkins, etc.- G.L.クロケット、ボビー・シスコ、デイル・ホーキンス、etc. - "CHESS ROCKABILLIES : JUST GO WILD OVER ROCK AND ROLL"
USA / LP / Mono / Chess CH9173 / Rec 1950s / Pub 1984
ジャケット擦れわずか、背部の下の方に縁裂け、プロモスタンプ、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■チェス・レコードのロカビリー集。
お持ちの方ご注意を:かなり重なっています)偶像的に崇拝されているチェス・レコード、それはブラック・ミュージックやニューオーリンズ・ファンだけでなくロカ・マニアにも言えることだと思います。掘れば掘るほど出てくるチェス、しかしこれは誰も知らないようなレア曲というよりも、その辺りの一軍的名曲をたんまり収録したチェス・オフィシャルの編集盤。全20曲収録。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Herman E. Johnson - LOUISIANA COUNTRY BLUES

  • ブルースLP
 Herman E. Johnson- ハーマンEジョンソン - "LOUISIANA COUNTRY BLUES"
USA / LP / Stereo / Arhoolie 1060 / Rec 1961 / Pub 1972
ジャケット擦れ極わずか、上部取り出し口縁裂け、レーベルひげわずか、盤音に出ない表層スクラッチ少々、A3、4に小プツ音でるスクラッチ
Jacket 3~3.5 / Disc 3 / Sound 3  2680 yen
■ブルースマン、ハーマンEジョンソンのアルバム。
全世界にファンを生んだロバート・ピート・ウィリアムスを見つけ録音したことが特に有名な研究家、ハリー・オスターがこれまた尽力、そして製作された、彼の唯一のアルバム。61年に録音され、72年にリリースされたこの盤が初出。ワンストリング・ギターにも通じる独創的なギターで生々しく歌う11曲。【曲】「I Just Keeps On Wanting You」「You Don't Know My Mind」「Motherless Children」「Depression Blues(試聴)」「She's A-Looking For Me」「She Had Been Drinking(試聴)」「I'm Growing Older」「Po' Boy」「Leavin' Blues」「Piano Blues(試聴)」「Where The Mansion's Prepared For Me」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Charlie Jordan, John Byrd, Isaiah Nettles, etc. - COUNTRY BLUES ENCORES

  • ブルースLP
 Charlie Jordan, John Byrd, Isaiah Nettles, etc.- チャーリー・ジョーダン、ジョン・バード、イサイア・ネトルズ、etc. - "COUNTRY BLUES ENCORES"
USA / LP / Mono / Origin Jazz Library OJL8 / Rec 1920s, 30s / Pub 1970s?
ジャケット擦れしみ少々、上下部右側縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 2.5~3 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■オリジンのカントリー・ブルース集。
住んでいた地域、スタイルを限定せず、オリジンの最強コレクターたちがお薦めするカントリー・ブルースを収録した、下の『Really The Country Blues』の続編と言える一枚。"Really..."にも収録されたトミー・ジョンソン、ウィリアム・ムーア、スキップ・ジェイムス、イシュマン・ブレイシーらに加え、極太のスライドと野卑な歌を聞かせるルイジアナのブラインド・ジョー・レイノルズ、ブルース・ハープの神的存在のジェイバード・コールマン、ワシントン・フィリップスを思わせる天国的な響きのギターにワークソング風の歌が意外なレッド・ホット・オールド・モーズなどなど、やはりウルトラ濃密な一枚。【曲】「Ishman Bracey / Saturday Blues」「Blind Joe Reynolds / Outside Woman Blues」「Tommy Johnson / Cool Drink Of Water」「Henry Sims / Farrell Blues」「Rube Lacey / Mississippi Jailhouse Groan」「Jaybird Coleman / Man Trouble Blues」「John Byrd / Old Timbrook Blues」「Skip James / I'm So Glad」「Red Hot Old Mose / Molly Man」「Big Bill And Thomps / House Rent Stomp」「Garfield Akers / Jumpin' And Shoutin' Blues」「Charley Jordan / Keep It Clean」「"Bill" Wilber / My Babe, My Babe」「Isaiah Nettles / It's Cold In China Blues」「Sonny Boy And His Pals / Don't You Leave Me Here」「William Moore / One Way Gal」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Clifton Chenier - SINGS THE BLUES

  • リズム&ブルース/ザディコLP
 Clifton Chenier- クリフトン・シェニエ - "SINGS THE BLUES"
USA / LP / Stereo / Arhoolie 1097 / Rec 1969 / Pub 1987
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■キング・オブ・ザディコ、クリフトン・シェニエの69年録音をまとめた一枚。
音楽のガラパゴス、ルイジアナ。その最たるものがケイジャン。フレンチ・カナディアン達がこの土地にたどり着いて以来守ってきた音楽なのですが、このケイジャンにR&Bの要素が加わり出来上がったのがザディコ。このアコーディオン奏者、クリフトン・シェニエは、「Bon Ton Roula」のクラレンス・ガーロウとともにザディコを世界に広めた男。このアルバムは69年4月のセッションをまとめたもので、オリジナルはホームクッキングというレーベルからのもののリイシュー。ディープで生々しいロッキン&ブルージーな一枚。アコーディオン+ウォッシュボードのインストや、グレン・ミラーの「In The Mood」をゴツイザディコにしたカバーもあり。【曲】「Ain't No Need Of Cryin' (Every Day Is The Same)」「Rosemary(試聴)」「Brown Skinned Woman」「Done Got Over」「Gone A La Maison」「Be My Chauffeur」「My Little Angel」「Paper In My Shoe(試聴)」「Blues After Hours」「Trouble In Mind」「In The Mood」「Worried Life Blues」※閉店時にもアップします

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Clifton Chenier - BON TON ROULET

  • リズム&ブルース/ザディコLP
 Clifton Chenier- クリフトン・シェニエ - "BON TON ROULET"
France / LP / Stereo / Arhoolie AR19015 / Rec 1966 / Pub 1967
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■66年のこれまた傑作アルバム。
モダン・ザディコの大パイオニア、シニエ(アコーディオン)がスペシャルティ後66年に録音した、当時のファンキー・ブルースやR&B、R&Rを独断な解釈で豪快にミックスした彼のこれまた傑作アーフーリー盤。30年代ピアノ・ブルース界のスキップ・ジェイムス、ジョー・プラムの「Black Gal」カバー、スリム・ハーポ「Baby Scratch My Back」のザディコVer、ほとんどニューオリンズR&Bな「Ay,ai,ai」等強力な内容。フランス盤。【曲】「Bon Ton Roulet」「Frog Legs(試聴)」「If I Ever Get Lucky」「Black Gal」「Long Toes」「Baby Please Don't Go」「Ma Negresse」「Sweet Little Doll」「Jole Blonde」「Ay Ai Ai(試聴)」「Can't Stop Lovin' You」「Keep On Scratching」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Cab Calloway - MR. HI. DE. HO.

  • ジャズLP
 Cab Calloway- キャブ・キャロウェイ - "MR. HI. DE. HO."
USA / LP / Mono / MCA 1344 / Rec 1930, 31 / Pub 1982
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■最初期編集盤。
最高のジャズのエッセンスにエンターテイメント性をべったりと染み付かせ、ジャイヴと呼ばれる音楽の大きなところを形作った不世出のジャズ・マン、キャブ・キャロウェイ。これは、エリントンに続きコットン・クラブのハコバンとなった頃、最初期の音源を集めた編集盤。史上最強のジャズ・バンド、ミズーリアンズの演奏もじっくり聞いてください。【曲】「Gotta Darn Good Reason Now」「Saint-Louis Blues」「Is That Religion?」「Some Of These Days(試聴)」「Nobody's Sweetheart」「Saint-James Infirmary(試聴)」「Minnie The Moocher」「Doin' The Rhumba」「Black Rhythm」「Six Or Seven Times」「Bugle Call Rag」「You, Rascal You」「Ain't Got No Gal In This Town」「Between The Devil And The Deep Blue Sea」「Trickeration」「Kickin' The Gong Around」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Tommy Johnson, William Moore, etc. - REALLY! THE COUNTRY BLUES

  • ブルースLP
 Tommy Johnson, William Moore, etc.- トミー・ジョンソン、ウィリアム・ムーア、etc. - "REALLY! THE COUNTRY BLUES"
USA / LP / Mono / Origin Jazz Library OJL2 / Rec 1920s, 1930s / Pub 1970s?
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■まさに歴史的な名盤。ブルース・コンピ・レーベルの先駆、オリジンの二作目。
1stエディションは62年(これは70年代?)で、その時はすべて初LP化の12曲。つまりスキップ・ジェイムス「Devil Got My Woman」、トミー・ジョンソン「Maggie Campbell Blues」、ウィリアム・ムーア「Old Country Rock」はこの盤で初めて世の人々が聞いたという一枚。他イシュマン・ブレイシー、サム・コリンズ、ガーフィールド・エイカーズなどなど収録。 【曲】「Tommy Johnson / Maggie Campbell Blues(試聴)」「William Moore / Old Country Rock」「Son House / My Black Mama...Part1; Part 2」「Sunny Boy & His Pals / France Blues」「Skip James / Devil Got My Woman」「Ishman Bracey / Woman Woman Blues」「Sam Collins / The Jail House Blues」「George "Bullet" Williams / Touch Me Light Mama」「Henry Sims / Tell Me Man Blues」「Buster Johnson / Undertaker Blues」「Henry Thomas / Don't Ease Me In」「Garfield Akers / Cottonfield Blues...Part1; Part2(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mississippi John Hurt - TODAY

  • ブルースLP
Mississippi John Hurt- ミシシッピ・ジョン・ハート - "TODAY"
USA / LP / Stereo / Vanguard VSD-79220 / Rec 1966 / Pub 1987
ジャケット円状の擦れ、裏面しみ、レーベルひげ少々、盤表層スクラッチ、試聴のようなチリ音あり
Jacket 3~3.5 / Disc 3 / Sound 3  2480 yen
■66年のアルバム。
農業の傍ら歌っていたジョン・ハート、同じミシシッピでもデルタを反面教師にしたような、他のブルースマンと接触が無かったようなスタイル。達観したような歌、シンプルに聞こえながら実際相当のテクを要するギター、外に向かって唄うのと同時に自分を充電しているような感じもあり。30年以上のブランクを経て60年代に再デビュー、66年に亡くなるまでいいLPを数枚録音。代表曲「Candy Man」「Spike Driver Blues」はじめ12曲収録した66年のアルバム。【曲】「Pay Day」「I'm Satisfied」「Candy Man(試聴)」「Make Me A Pallet On The Floor」「Talking Casey」「Corinna, Corinna」「Coffee Blues」「Louis Collins」「Hot Time In The Old Town Tonight」「If You Don't Want Me Baby」「Spike Driver's Blues(試聴)」「Beulah Land」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2019年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.