(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 194)

Moon Mullican - SINGS AND PLAYS 16 OF HIS FAVORITE TUNES

  • カントリー/ロックンロールLP
Moon Mullican- ムーン・マリカン - "SINGS AND PLAYS 16 OF HIS FAVORITE TUNES"
USA / LP / Mono / King King / Rec 1950s / Pub 1980s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■テキサスのカントリー・シンガー、ムーン・マリカンの58年作。リイシュー。
40年代には既にロックンロール~ロカビリーと呼ばれるものを形作り、なんと言って売ったらいいのかわからずレコード会社を困らせていたというテキサスのカントリー・シンガー&ピアニスト、ムーン・マリカン。これは58年のアルバムのリイシュー。試聴はロックンロール系ですが、バラードも味のあるいいもの多し。【曲】「Jambalaya(試聴)」「A Mighty Pretty Waltz」「So Long」「A Thousand And One Sleepless Nights」「Short But Sweet」「A Crushed Red Rose (And A Faded Blue Ribbon)」「I'm Mad With You(試聴)」「Keep A Light In The Window For Me」「Heartless Lover」「The Lamp Of Life Is Burning Low」「Love Is The Light That Leads Me Home」「Seven Nights To Rock」「Southern Hospitality」「Leaving With You With A Worried Mind」「Well Oh Well(試聴)」「Where Beautiful Flowers Grow」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

O.E. Risher - A MEMORY SONG(FOR J. F. KENNEDY)

  • n/a 45rpm
 O.E. Risher- O.E.ライシャー - "A MEMORY SONG(FOR J. F. KENNEDY)"
USA / 45rpm / Mono / Risher RR001 / Rec 1964 / Pub 1964
レーベル擦れ、B面に書き込み(本人のサイン)、盤表層スクラッチ少々
Jacket n/a / Disc 3 / Sound 3~3.5  1980 yen
■ジョンFケネディのことを歌った自主制作盤。
無名のO.E.ライシャーという人が、ケネディが亡くなった翌年に彼の歌を作り録音した自主制作シングル。B面は無音溝。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Washington Phillips - THE KEY TO THE KINGDOM

  • ゴスペル/ブルースCDetc
 Washington Phillips- ワシントン・フィリップス - "THE KEY TO THE KINGDOM"
USA / CDetc / Mono / Yazoo Yazoo / Rec 1927 to 1929 / Pub 2005
ケース、ブックレットともにきれい、盤面きれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■天国のゴスペルを奏でたワシントン・フィリップスの全曲集。
ゴスペル系カントリー・ブルース・シンガーには個性的な人が多いですが、彼こそワン&オンリー。チェレスタフォンというチター系弦楽器で夢のような弾き語りを聞かせるテキサス生まれのワシントン・フィリップス。これは2005年にヤズーがリリースした彼の音源集。全16曲全く同じような天国のナンバーが並ぶ一枚。そしてラストには、これまたゴスペル・カントリー・ブルースの秘宝ブラインド・マミー&ACフォアハンドの4曲を収録。このCD、原盤の状態がいいだけでなく、音メチャメチャいい。【曲】「Washington Phillips / Lift Him Up That's All(試聴)」「Paul And Silas In Jail」「Mother's Last Word To Her Son」「The Church Needs Good Deacons」「Jesus Is My Friend」「A Mother's Last Word To Her Daughter」「I Had A Good Father And Mother」「I Am Born To Preach The Gospel」「Take Your Burden To The Lord And Leave It There(試聴)」「Denomination Blues - Part 1」「Part 2」「What Are They Doing In Heaven Today」「I've Got The Key To The Kingdom」「Train Your Child」「You Can't Stop A Tattler - Part 1」「Part 2」「Blind Mamie And A.C. Forehand / Wouldn't Mind Dying If Dying Was All」「I'm So Glad Today, Today」「Honey In The Rock(試聴)」「Mother's Prayer」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Amamiya Yasukazu - NATSUNEBUTSU

  • クラシックLP
 Amamiya Yasukazu- 雨宮靖和 - "NATSUNEBUTSU"
Japan / LP / Stereo / RCA RVC2154 / Rec 1977 / Pub 1977
ジャケット表裏擦れわずか、帯縁に小裂け、インサートしみ、レーベルひげ少々、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■打楽器奏者、雨宮靖和が、自作とモートン・フェルドマンの打楽器作を演奏した一枚。
冒頭は雨宮のタイトル曲で、クラシックで使うものから民俗楽器、おもちゃのようなものまで何十もの打楽器、プリペアド・ピアノ、ミュージカル・ソウ、尺八、口笛、テープ・レコーダーを使った「夏念仏」。続いて、音符ではない図形の譜面で自由な創作を可能にしたアメリカのモートン・フェルドマンの「デンマークの王」。スティック、マレットを使わずにすべて手で叩くことで、独特の静けさを保つ不思議な作。B面は雨宮の「墨に染まりゆく海」。電子音響を積極的に使い深海の様子を描いた作。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Carter Family - I WALK THE LINE

  • カントリーLP
Carter Family- カーター・ファミリー - "I WALK THE LINE"
USA / LP / Stereo / Columbia Harmony HS11392 / Rec 1967 / Pub 1970
ジャケット表裏円状の擦れ少々、下部中央に小縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■メイベル・カーターと三人の娘の新生カーター・ファミリー。
オリジナル・カーター・ファミリーの三人のうちの一人、メイベル・カーターが、50年代に入り、ヘレン、ジューン、アニタの3人の娘と改めて結成した新生カーター・ファミリーの67年のアルバム(これは70年にジャケットを差し替えリリースされたリイシュー)。ジューンは翌年ジョニー・キャッシュと結婚、タイトル曲はキャッシュの代表作。人がギターを持って歌うことのひな形のような味はオリジナル・カーター・ファミリーと変わらず、彼女たちならではの華やかさのあるいい一枚。【曲】「I Couldn't Care Less」「That'll Be The Day」「While The World Goes Whizzin By」「For Lovin Me」「I Walk The Line(試聴)」「These Boots Are Made For Walking」「It'll Aggravate Your Soul(試聴)」「I'll Never Find Another You(試聴)」「Less Of Me」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Han Pyung Sook, Jea Kyung Whang, Korean Folk Choir - SONGS OF KOREA

  • 民俗音楽/韓国LP
 Han Pyung Sook, Jea Kyung Whang, Korean Folk Choir- ハン・ピョン・スク、ジェ・ギョン・ワン、コリアン・フォーク・クワイアー - "SONGS OF KOREA"
USA / LP / Stereo / Request RLP8031 / Rec 1959 / Pub 1959
コーティング・ジャケット表裏円状の擦れ少々、下部中央に小縁裂け、レーベルひげわずか、盤表層スクラッチ少々、チリ音
Jacket 3 / Disc 3 / Sound 3  2480 yen
■韓国のソプラノ歌手ハン・ピョン・スクが韓国民謡を歌った一枚。
これは韓国盤。内容同じで試聴は違う曲です)国立音大に留学、帰国後はソウルの国立歌劇場の名ソプラノ歌手として活躍したハン・ピョン・スクが、女性コーラス、男性シンガーとともに「アリラン」始め韓国の民謡を歌った一枚。真ん中のカヤグム奏者がジェ・ギョン・ワン?シンガーかもしれませんが、彼と打楽器隊の芸術的にばらけたパワフルな伴奏と、クラシックの流儀の歌、コーラスが凄まじいマッチングを見せる一枚。アメリカ盤。【曲】「Arirang」「Nong-Boo-Gah」「Nil Li Ri A」「Dan-SO(試聴)」「Kwae-Ji-Na Ching Ching Nah Neh」「Dah Rah! Dah Rah!」「Yang Sahn Do」「Nohdle Kahang Byun」「Toraji Tahryung(試聴)」「Choon-Pi Choon-Heung」「Jin-Do Arirang」「Kahng Gang Sool Le」「Miryang Arirang(試聴)」「Pahgyun Pockpo」「Mong-Gum-Po Tahryung」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Canhoto E Seu Conjunto, Silvio Caldas, Waldir Azevedo, etc. - HOMENAGEM A VELHA GUARDA

  • ブラジルの音楽LP
 Canhoto E Seu Conjunto, Silvio Caldas, Waldir Azevedo, etc.- カニョート・イ・セウ・コンジュント、シルヴィオ・カルダス、ヴァルジール・アゼヴェド、etc. - "HOMENAGEM A VELHA GUARDA"
Brazil / LP / Stereo / Phonodisc 034405486 / Rec 1970s? / Pub 1988?
ジャケット端々折れ目少々、裏面しみ、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■サンバ・パレードの長老たち、ヴェーリャ・グァルダを讃えるトリビュート・アルバム。内容最高。
多くのチームが競い合うブラジルのサンバ・パレード。これはそのチームの功労者たち、ヴェーリャ・グァルダへのオマージュとして製作されたオムニバス・アルバム。エリゼッチ・カルドーゾ、シルヴィオ・カルダス等錚々たるシンガーから、ショーロの名カバキーニョ奏者ヴァルジール・アゼヴェド、伝説的な名ギタリスト、ディレルマンド・レイスのギター独奏などなど、インスト多めで12アーティスト12曲収録。ちなみに冒頭タイトル曲はシヴーカのバック・バンド。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bill Haley And His Comets, Al Hibbler, Morris Stoloff, etc. - THE ORIGINAL HIT PERFORMANCES : THE LATE FIFTIES

  • オールディーズ/ボーカルLP
 Bill Haley And His Comets, Al Hibbler, Morris Stoloff, etc.- ビル・ヘイリー&ヒズ・コメッツ、アル・ヒブラー、モーリス・ストロフ、etc. - "THE ORIGINAL HIT PERFORMANCES : THE LATE FIFTIES"
USA / LP / Mono / Decca DL4005 / Rec 1950s / Pub
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れ少し
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■デッカ50年代ヒット・ナンバーを収録した、当時のオムニバス盤。
ビル・ヘイリーの「Shake Rattle & Roll」、元エリントン楽団の専属シンガー、アル・ヒブラー、50年代で最も美しいイージー・リスニングの一つ、モーリス・ストロフ楽団「Moonglow And...」、オールディーズを代表する一曲と言ってもいいボビー・ヘルムズ「My Special Angel」などなど10アーティスト12曲収録。デッカのパキパキフラット盤で音もすごいいいです。【曲】「Bill Haley And His Comets / Shake, Rattle And Roll」「Al Hibbler / Unchained Melody」「Al Hibbler / He」「Bill Haley And His Comets / See You Later, Alligator(試聴)」「Morris Stoloff / Moonglow And Theme From "Picnic"(試聴)」「Roberta Sherwood / Lazy River」「Victor Young & His Orchestra / Around The World」「Bobby Helms With The Anita Kerr Singers / My Special Angel」「Kalin Twins / When」「Domenico Modugno / Volare」「Warren Covington / Tea For Two Cha Cha(試聴)」「Earl Grant / (At) The End (Of) Of A Rainbow」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mickey And Sylvia - DO IT AGAIN

  • リズム&ブルース/オールディーズLP
 Mickey And Sylvia- ミッキー&シルヴィア - "DO IT AGAIN"
USA / LP / Mono / RCA Victor APM1-0327 / Rec 1956 to 1965 / Pub 1973
ジャケット擦れわずか、左下カット、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ミッキー&シルヴィアのベスト・アルバム。
「Love Is Strange」のヒットで知られるミッキー&シルヴィア。ギタリスト、ミッキー・ベイカーとシルヴィア・ロビンソンのデュオ。これは、その「Love Is Strange」も含め、50年代のシングルを中心にまとめられたRCAの編集盤。【曲】「Love Is Strange(試聴)」「What Would I Do」「A New Idea On Love」「Love Will Make You Fail In School」「There'll Be No Backing Out」「Bewildered」「No Good Lover(試聴)」「Dearest」「Say The Word」「Love Is The Only Thing」「There Oughta Be A Law」「This Is My Story(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Paul Zukofsuky(VLN), Takahashi Yuji(P) - A PROSPECT OF CONTEMPORARY VIOLIN MUSIC

  • クラシックLP
 Paul Zukofsuky(VLN), Takahashi Yuji(P)- ポール・ズーコフスキー、高橋悠治 - "A PROSPECT OF CONTEMPORARY VIOLIN MUSIC"
Japan / LP / Stereo / Victor SJK7535 / Rec 1975 / Pub 1975
ジャケット擦れほぼ無し、薄いしみ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、インサートきれい、帯テープ跡少し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■高橋悠治とヴァイオリニスト、ポール・ズーコフスキーによる現代室内楽集。
高橋悠治と、特にアメリカの現代音楽を得意とするヴァイオリニスト、ポール・ズーコフスキーの現代室内楽集。A面は武満徹の「ヒカ」、高橋悠治がズーコフスキーのために作ったヴァイオリン独奏曲「ローザス1 1/2(試聴)」、林光の「72丁目の冬」の三作。B面は全てジョン・ケージで、「Nocturn」と、6曲からなる『6つのメロディー(試聴)』。帯、解説付き。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Georgie Auld And His Orchestra - JUMP GEORGIE JUMP

  • ジャズLP
Georgie Auld And His Orchestra- ジョージー・オールド&ヒズ・オーケストラ - "JUMP GEORGIE JUMP"
U.K. / LP / Mono / Hep 27 / Rec mid1940s / Pub 1982
ジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■テナー奏者ジョージー・オールドの、自身の楽団の音源を集めた一枚。
ゆるく太いビブラートをかけたいやらしい音から、ワイルドなホンカータイプの音まで表現豊かな音色をもち、スウィングを基礎にしながらバップも吹けるテナー・マン、ジョージー・オールド。アーティー・ショウとベニー・グッドマンの黄金期を出入りした後に結成した自身の楽団のラジオ音源。ハワード・マッギー(TP)、アル・コーン(TS)、オールドの妻となるパティ・パワーズ(Vo.)etc他参加。【曲】「Short Circuit」「Mandrake Root」「Poinciana」「Jivin' With Te Jug(試聴)」「Yesterdays」「I'll Always Be In Love With You」「Stomping At The Savoy(試聴)」「Sentimental Journey(試聴)」「Jump, Georgie, Jump」「I'm Always Chasing Rainbows」「Stomping At The Savoy」「I Can't Get Started」「Taps Miller」「Concerto For Tenor」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Carolina Tar Heels - THE CAROLINA TAR HEELS

  • ヒルビリーLP
 Carolina Tar Heels- キャロライナ・ター・ヒールズ - "THE CAROLINA TAR HEELS"
USA / LP / Mono / Old Homestead OHCS113 / Rec 1920s / Pub 1978
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■ヒルビリー・ストリング・バンド、キャロライナ・ター・ヒールズの音源集。
かのクラレンス・アシュレイがソロ活動を始める前に在籍していた三人組ストリング・バンド、キャロライナ・ター・ヒールズ。マウンテン・ミュージックやブルーグラスのルーツ系オールドタイム・バンドとは全く違う、親密でブルージーな音。【曲】「I Love My Mountain Home」「Farm Girl Blues(試聴)」「Washing Mama's Dishes」「There's A Man Going Round Taking Names」「I Don't Like The Blues No How」「The Old Grey Goose」「Hand In Hand We Have Walked Along Together」「The Apron String Blues(試聴)」「Roll On Boys(試聴)」「Somebody's Tall And Handsome」「Rude And Rambling Man」「Oh, How I Hate It」「The Bulldog Down In Sunny Tennessee」「My Home's Across The Blue Ridge Mountains」「Who's Gonna Kiss Your Lips Dear Darling」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2019年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.