(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 19)

Paul McZiel, Sidney Babineaux, Amade Ardoin, etc. - ZYDECO

  • ザディコLP
 Paul McZiel, Sidney Babineaux, Amade Ardoin, etc.- ポール・マクジール、シドニー・バビノー、アマディ・アルドワン、etc - "ZYDECO"
USA / LP / Mono / Arhoolie F1009 / Rec 1934 to 1962 / Pub 1970s
ジャケット擦れわずか、下部中央小縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ケイジャンとR&B、ブルース等々がミックスされたザディコの歴史的名演集。
初めてザディコを録音したクレオール、アミディ・アルドワンからザディコを広めたクリフトン・シェニエあたりまでの、ルイジアナのワイルドなザディコ名演を収録した一枚。クラレンス・ガーロウ「Bon Ton Roulet」のオリジナルVer、ライトニング・ホプキンズがオルガンを弾き語る珍しい「Zydeco (zo Lo Go)」、そのクリフトン・シェニエの、マディやハウリンを思わせる「Cliftons Blues」「Louisiana Stomp」などなど。A面はこのレーベルの社長クリス・ストラフィッツが現地録音したローカル・ザディコの生演奏。【曲】「Paul McZiel, Wallace Gernger / Alons A Lafayette(試聴)」「Paul McZiel, Wallace Gernger / Tap Dance」「Sidney Babineaux / One Step & Original Zydeco」「Albert Chevalier / Les Haricot Sont Pas Sale」「Robert Clemon / Mont Ma Coucher」「Willie Green / Green's Zydeco」「Herbert Sam, Harold "Frenchy" Joseph / They Call Me Good Rocking」「Amade Ardoin / La Valse De Amities(試聴)」「Amade Ardoin / Les Blues De Voyages」「Leadbelly / Corn Bread Rough」「Leadbelly / Sukey Jump」「Lightning Hopkins / Zydeco (Zolo Go)」「Clifton Chenier / Clifton's Blues」「Clifton Chenier / Louisiana Stomp」「Clarence Garlow / Bon Ton Roulet(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Matsuura Ichiro(Rec., Notes) - DAISHIZEN TONO KAIKO

  • 非音楽LP
Matsuura Ichiro(Rec., Notes)- 松浦一郎(録音、解説) - "DAISHIZEN TONO KAIKO"
Japan / LP / Stereo / Columbia GX7104 / Rec 1979 / Pub 1979
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し、帯小やぶれ、インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  1980 yen
■デジタル方式で、鳥や蝉、蛙、虫の鳴き声をフィールド録音した最も初期の一枚。
デジタルのポータブル録音機が無い時代に大変な手間をかけて録音された一枚で、数種類づつ、鳥、蛙、蝉、草むらの虫の鳴き声を収録。45回転。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bobby Williamson, Hank Snow, Darrell Glenn, Rosalie Allen - WESTERN CARAVAN VOL.2

  • カントリー45rpm EP
 Bobby Williamson, Hank Snow, Darrell Glenn, Rosalie Allen- ボビー・ウィリアムソン、ハンク・スノウ、ダーレル・グレン、ロザリー・アレン - "WESTERN CARAVAN VOL.2"
Japan / 45rpm EP / Mono / Victor EP1048 / Rec mid50s / Pub mid50s
ジャケットしみ、レーベルきれい、盤浅いすれ、表層スクラッチ少々
Jacket 3 / Disc 3~3.5 / Sound 3.5  1980 yen
■日本独自で50年代当時出された4曲入りEP。
当時、日本独自で製作された4曲入りEP。これのみでなく日本ビクター独自盤EPはいくつかあるのですがそのどれもが素晴らしい。ドゥワップ・ヒット"Sh-Boom"をカバーしたテキサス・カントリー・シンガー、ボビー・ウィリアムソン、おなじみハンク・スノウの53年のヒット"For Now And Always(試聴)"、"Crying In The Chapel"のオリジナル・シンガー、ダーレル・グレンがスタンダードを同路線で歌った"In The Chapel In The Moonlight"、女性ヨーデル・シンガー、ロザリー・アレンとエルトン・ブリットのデュオ"Tennessee Yodel Polka(試聴)"の4曲。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bill Blacks Combo - THE UNTOUCHABLE SOUND

  • ロックンロールLP
 Bill Blacks Combo- ビル・ブラックス・コンボ - "THE UNTOUCHABLE SOUND"
USA / LP / Mono / Hi HL12009 / Rec 1962 / Pub 1962
コーティング・ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■62年のアルバム。
サン時代のエルヴィスのベーシスト、ビル・ブラックが59年に始めたインスト・グループ。エルヴィスやリロイ・アンダーソンなどをカバーし、ロックンロールとイージーリスニングを掛け合わせた新境地でアルバムを連発。これは62年のアルバム。コンパクトにまとまった本当気持ちいい新感覚のロッキン・インストを12曲収録。そして演奏のスタイル以上に彼らに特徴的なのは音の良さですが、本作もしかり。オリジナル盤。【曲】「Joey's Song」「Castle Rock(試聴)」「Red Top」「Tippin' Inn(試聴)」「Skokiaan」「Woodchopper's Ball」「So What」「Night Train」「Your Cheatin' Heart」「Ain't That A Shame」「Little Brown Jug」「I Can't Stop Loving You」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Louis Jordan And His Tympany Five - MORE 1944-1945

  • ジャズ/ジャイヴLP
 Louis Jordan And His Tympany Five- ルイ・ジョーダン&ヒズ・ティンパニ・ファイブ - "MORE 1944-1945"
USA / LP / Mono / Circle CLP97 / Rec 1944, 45 / Pub 1986
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■40年代中期をまとめたサークル・レコードの編集盤。
スウィング全盛の影に隠れていたジャンプをコンボ・プレイでR&Bという所まで持って行き、加えて娯楽性をベッタリしみこませた男、ルイ・ジョーダン。チャック・ベリーもリトル・リチャードもお世話になっていて、ブラックR&Rの元ネタを探すと大体ここに帰ってきます。これはサークル・レコードがまとめた全盛期40年代の編集盤。まさにこれぞという、彼のエッセンスが詰まった曲が目白押し。【曲】「Deacon Jones」「Five Guys Named Moe(試聴)」「Baby, You're Just Too Darned Good To Be True」「Honey Child」「Seventh Avenue」「When I Grow Too Old To Dream」「Is You Is Or Is You Ain't (Ma Baby)」「Junior」「Tillie」「I Like'em Fat Like That」「If You Can't Smile And Say Yes (Please Don't Cry And Say No)」「A Chicken Ain't Nothin' But A Bird(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Red Rector And Fred Smith - SONGS FROM THE HEART OF THE COUNTRY

  • ブルーグラス/ヒルビリーLP
 Red Rector And Fred Smith- レッド・レクター&フレッド・スミス - "SONGS FROM THE HEART OF THE COUNTRY"
USA / LP / Stereo / County 721 / Rec 1969 / Pub 1970s
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■マンドリン奏者レッド・レクターと、ギタリスト、フレッド・スミスのデュオ。ファースト。
チャーリー・モンローのケンタッキー・パドナーズのメンバーで、50~60年代にはフラット&スクラッグスをはじめとする名グループの録音で大活躍したマンドリンの職人中の職人、レッド・レクター。そして40年代にレクターとデュオを組んでいたギタリスト、フレッド・スミス。2人が再結成、そして出された69年のファースト・アルバム。淡いジャケットとは真逆の瑞々しい演奏、朴訥とした歌で、トラディショナルと自作曲を混ぜた12曲。フィドルはケニー・ベイカー、バンジョーはビル・チェンバース。【曲】「One Little Word」「Foggy Valley(試聴)」「Gathering Flowers From The Hillside」「This Is The End(試聴)」「Cotton Eyed Joe」「Are There Tears Behind Your Smile」「More Pretty Girls Than One」「Blue Tomorrow」「Stoney Fork」「Before I Met You」「Indian Warrior」「I'll Never Let You Worry My Mind Anymore」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Hank Ballard And The Midnighters - GREATEST JUKE BOX HITS

  • リズム&ブルース/ドゥワップLP
 Hank Ballard And The Midnighters- ハンク・バラード&ザ・ミッドナイターズ - "GREATEST JUKE BOX HITS"
USA / LP / Mono / King 541 / Rec mid50s / Pub 1970s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れほんのわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ファースト・アルバム。
黄金期のドゥワップから、50年代に巻き起こった新型のリズム&ブルース、そしてロックンロールを旺盛に取り込み、クローバーズやコースターズと同じくR&Bに新しい道を開いたウルトラ名グループ、ハンク・バラード&ミッドナイターズ。これは54年の初ヒットにしてNo1"Work With Me Annie"から初期の最も勢いのあった時代をまとめた名曲ズラリの1stアルバムの70年代リイシュー。ノン・ヒットのナンバーもいいです。しっかりしたカードボード・ジャケット。【曲】「Work With Me Annie(試聴)」「Moonrise(試聴)」「Sexy Ways」「Get It」「Switchie Witchie Titchie」「It's Love Baby (24 Hours A Day)」「Annie Had A Baby」「She's The One」「Annie's Aunt Fannie」「Crazy Loving (Stay With Me)」「Henry's Got Flat Feet」「Tore Up Over You」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Midnighters - VOLUME TWO

  • リズム&ブルース/ドゥワップLP
 Midnighters- ミッドナイターズ - "VOLUME TWO"
USA / LP / Mono / King 581 / Rec mid50s / Pub 1970s
ジャケット円状の擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れほんのわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■セカンド・アルバム。
黄金期のドゥワップから、50年代に巻き起こった新型のリズム&ブルース、そしてロックンロールを旺盛に取り込み、クローバーズやコースターズと同じくR&Bに新しい道を開いたウルトラ名グループ、ハンク・バラード&ミッドナイターズ。さてこれは上に続くセカンド・アルバムで、やはり絶頂期50年代中期中心、しかし一曲もチャート・インが無いという...ファーストに比べると瞬発力は確かに減るものの、ズッシリ心に響くソウルフルな本物曲多し、そしてバラエティにも富んだ内容。70年代リイシュー、しっかりしたカードボード・ジャケットです。【曲】「Open Up The Back Door(試聴)」「In The Doorway Crying(試聴)」「Oh So Happy」「Let 'Em Roll」「E Bosta Cosi」「Stay By My Side」「Daddy's Little Baby」「Partners For Life」「Is Your Love For Real」「What Made You Change Your Mind」「Let Me Hold Your Hand」「Early One Morning」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Joe Tex - THE BEST OF JOE TEX

  • リズム&ブルースLP
Joe Tex- ジョー・テックス - "THE BEST OF JOE TEX"
USA / LP / Mono / King 935 / Rec 1950s / Pub 1970s
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■最初期キングからのアルバム。
64年の"Hold What You've Got"、そして70年代に入り"I Gotcha"でブレイクしたR&Bシンガー、ジョー・テックス。しかし掘れば掘るほど面白い盤が出てくるタイプの人で、あまり有名でないこのキング期はまさにそんなナンバーの宝庫。実は55年にキングからA1の"Come In This House"でデビューした人で、これは50年代のキングをまとめ当時出たアルバムの70年代リイシュー。誰かわかりませんがいいエレキギターをかましたバッキングにシャウト系ボーカルの熱いR&B集。ステージングも相当個性的だったそうで、JBはテックスの動き、マイク使いをまんま真似したんだそう。しっかりしたカードボード・ジャケット。【曲】「Come In This House」「I Had To Come Back To You」「Pneumonia(試聴)」「My Biggest Mistake」「Get Way Back」「Right Back To My Arms(試聴)」「Ain't Nobody's Business」「I Want To Have A Talk With You」「Another Woman's Man」「She's Mine」「Gee I Really Want You」「Davy You Upset My Home」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Hunki-Dori, Veltones, Southern Jubilees, Prisonaires - THE SUN BLUES ARCHIVES : DEEP HARMONY

  • ドゥワップ/ゴスペルLP
 Hunki-Dori, Veltones, Southern Jubilees, Prisonaires- ハンキ・ドーリ、ベルトーンズ、サザン・ジュビリーズ、プリズネアーズ - "THE SUN BLUES ARCHIVES : DEEP HARMONY"
U.K. / LP / Mono / Sun 1062 / Rec 1950s / Pub 1989
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■サンのドゥワップ、ボーカル・グループを集めた編集盤。プリズネアーズ5曲収録。
サム・フィリップスは、ブラック・ボーカル・グループに関してはリリースに消極的だったこともあり、継続して(と言っても一年間だけ)出したのはプリズネアーズのみ。これは、必然的に未発表が多くなりますが、サンに残された貴重なボーカル・グループの音源を集めた一枚。A面は一曲も出さなかった、ゴスペルに強く影響を受けたグループ、ハンキ・ドーリで、この盤が最も完全な形でまとまっています。B面はまずホワイト・ドゥワップ・グループ、ベルトーンズで、このグループも当時はリリース無し。そしてゴスペル・グループ、サザン・ジュビリーズ、そして、囚人たちが組んだ全曲キラーなプリズネアーズの4グループで、全17曲収録。【曲】「Hunki Dori / Wonder Why」「I'd Like To Be There」「Why Don't You Use Your Head」「Baby Don't Leave Me(試聴)」「This Misery」「Workin' On A Bulding」「I Hear The Savior Calling」「Old Time Religion」「Down Home」「Veltones / Fire」「Did You」「Southern Jubilees / Blessed Be The Name」「Prisonaires / What Do You Do Next(試聴)」「There Is Love In You(試聴)」「Dreaming Of You」「Friends Call Me A Fool」「I Wish」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

T Bone Walker - I GET SO WEARY

  • ブルースLP
 T Bone Walker- Tボーン・ウォーカー - "I GET SO WEARY"
France / LP / Mono / Imperial 1561441 / Rec early50s / Pub 1985
ジャケット擦れほぼ無し、しみ極わずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■61年のアルバム。追加曲4曲収録したリイシュー。
エレキでブルースをかました最初の一人であり、いってみれば今で言うリード・ギターの役割までブルース・ギターをもっていった説明要らずのブルース・マン、Tボーン・ウォーカー。テキサス生まれでブラインド・レモンとも親交があり、20年代には既にデビュー、しかしブランクの後40年代に入りこのショッキングなスタイルで再デビュー。これは、50年代初頭の音源をまとめ61年に出された名盤"I Get So Weary"の質の高いリイシュー。マックスウェル・デイヴィス楽団をバックにしたLA録音とデイヴ・バーソロミュー楽団のニューオーリンズ録音を合わせた全14曲。Tボーンはギター、歌ともに文句なし。そしてバンド全体を引っ張るベーシストが特に素晴らしい。【曲】「Here In The Dark」「I Miss You Baby」「Life Is Too Short」「I Get So Weary」「You Just Wanted To Use Me」「When The Sun Goes Down」「Pony Tail(試聴)」「Through With Women(試聴)」「Street Walking Woman」「Party Girl」「High Society」「Lollie You」「Got No Use For You」「Wanderin' Heart」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Big Joe Williams, Country Jim, Pete McKinley, etc. - COUNTRY BLUES

  • ブルースLP
 Big Joe Williams, Country Jim, Pete McKinley, etc.- ビッグ・ジョー・ウィリアムス、カントリー・ジム、ピート・マッキンリー、etc. - "COUNTRY BLUES"
U.K. / LP / Stereo / Specialty SNTF5014 / Rec early50s / Pub 1973
コーティング・ジャケット擦れ少々、しみ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■スペシャルティのカントリー・ブルース集。ほとんど未発売音源。
リズム&ブルース、ゴスペルの殿堂として多くの名作を出し一時代を築いたスペシャルティ・レコード。スペシャルティはカントリー・ブルースというイメージはあまりないですが、こんなに濃いものがあったことに驚き。ビッグ・ジョー・ウィリアムスを皮切りに、カントリー・ジム、ピート・マッキンリー、パイン・ブラフ・ピート、クラレンス・ロンドンなど、すべてルイジアナ産(ビッグ・ジョーもルイジアナ録音で、全て未発)の全14曲。ルイジアナのカントリー・ブルースといってもひなびた味わいのものではなく、エルヴィス以前のサンのブルースのような強烈なナンバーばかり。【曲】「Big Joe Williams / Baby Please Don't Go」「Ride My New Car With Me」「Rather Be Sloppy Drunk」「Cottage Grove Blues」「Country Jim / Dial 110 Blues(試聴)」「Pete McKinley & Country Jim / Shreveport Blues」「Don't Want Me Blues」「Pine Bluff Pete / A Woman Acts Funny」「No. 4. Boogie」「Hampton Stranger」「Uncle Same Blues」「Pete McKinley / Mean Black Snake」「Clarence London / One Rainy Morning(試聴)」「Ain't Done Nothin' Wrong」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
2019年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.