(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 19)

Thornton, Fradkin, Unger And Big Band - PASS ON THIS SIDE

  • ロックLP
 Thornton, Fradkin, Unger And Big Band- ソーントン、フレイドキン、アンガー&ビッグ・バンド - "PASS ON THIS SIDE"
USA / LP / Stereo / ESP Disk 63019 / Rec 1974 / Pub 1974
ジャケット表裏円状の擦れ少々、下部中央に縁裂け、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3680 yen
■ゴッズの実質的ラスト・アルバム。
ジャズのみならずロックでも様々な試みがなされたESPディスク。その代表格がこのグループ、ゴッズ。グループ名は違いますがこれは彼らの実質的ラスト・アルバム。ポールとリンダ、デヴィッド・ピールも参加、試聴のような懐かしく優しいナンバーを中心にしたいいアルバム。発売時は、ジャケット、レーベルに貼られているシールが別でついていました。リイシューもありますがオリジナル盤。【曲】「God Bless California(試聴)」「M'Lady(試聴)」「Jimi」「Christopher's Sorrow」「Walkin' Guitar Blues」「Oh Woman」「To Err Is Human(試聴)」「Sometimes」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bob Denton, Jerry Neal, Thunder Mountain Boys, etc. - THE SOUND OF EDDIE COCHRAN

  • ロックンロール/ロカビリーLP
 Bob Denton, Jerry Neal, Thunder Mountain Boys, etc.- ボブ・デントン、ジェリー・ニール、サンダー・マウンテン・ボーイズ、etc. - "THE SOUND OF EDDIE COCHRAN"
EU / LP / Mono / Lonely 2217 / Rec late50s / Pub 1989
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2480 yen
■エディ・コクランのベストではなく、コクランがギターを弾いた、実質プロデュースをした珍しいナンバーを収録した編集盤。
これはスペシャルな一枚。A面は全て、コクランの親友ボブ・デントンで、未発表も含む(が多い?)9曲。裏面はラリー・ブライトのワイルド・ロッカー「Mojo Workout」や、「Summertime Blues」「C'mon Everybody」をコクランと共作したジェリー・ケープハート、コクランがやっていたロッキン・コンボ、ギャラクシーズなどなど収録。【曲】「Bob Denton / Playboy」「Skinnie Minnie」「Love Me So I'll Know(試聴)」「I'm Sending You This Record」「Love Is Made Of This」「Time Will Tell」「On My Mind Again」「Always Late」「24 Hour Night」「Jerry Neal / I Hates Rabits(試聴)」「Thunder Mountain Boys / Olita」「Sherman Scott / Way Out Far」「Larry Bright / Mojo Workout」「Bobby Edwards / You're The Reason」「Larry Moore / Hooray For Week-End(試聴)」「Larry Moore / Two Young Lovers」「Galaxies / My Tattle Tale」「Jerry Neal / Scratchin'」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Kansei Kuniko - JONKARA BUSHI JO cw JONKARA BUSHI GE

  • 日本の音楽78rpm
Kansei Kuniko- 函青くに子 - "JONKARA BUSHI JO cw JONKARA BUSHI GE"
Japan / 78rpm / Mono / Nipponophone 16558 / Rec 1928 / Pub 1928
レーベル擦れ少々、盤浅い擦れ少々、良好
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5  3480 yen
■初期津軽民謡の名手、函青くに子のデビュー間もないラッパ録音盤。
名前の通り道南、津軽を中心に活躍した、初期津軽民謡の大名手の盲目の歌手、函青くに子。これは「塩釜小原節」のヒットを出す前、まだローカルの民謡歌手だった頃の「津軽じょんから」。28年リリースながらラッパ録音(録音はもっと古い?)、しかしこんな音。古いスタイルの太い津軽三味線演奏も最高の一言。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Fukushi Ritsu - TSUGARU YOSARE BUSHI cw TSUGARU AIYA BUSHI

  • 日本の音楽78rpm
Fukushi Ritsu- 福士りつ - "TSUGARU YOSARE BUSHI cw TSUGARU AIYA BUSHI"
Japan / 78rpm / Mono / Victor V41146 / Rec 1953 / Pub 1953
レーベル擦れ少々、盤浅い擦れ
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5  3800 yen
■福士りつが青森県民謡大会で優勝、そして録音された53年の一枚。
戦後すぐから2000年代まで活躍、津軽民謡の代表的歌手といえる福士りつ。これは53年の青森県民謡大会で優勝した契機に録音されたもので、師匠の名を冠した名前(原田栄次郎嬢)のものを除けば最初のものの可能性大。津軽三味線小山流の創始者小山貢の見事な演奏をバックにのびやかな歌を聞かせる完璧な2曲。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Japanese Musicians, Kawatake Shigetoshi(Dir.) - KABUKI GEZA ONGAKU SHUSEI

  • 日本の音楽LP
 Japanese Musicians, Kawatake Shigetoshi(Dir.)- 日本の演奏家、河竹繁俊(監修) - "KABUKI GEZA ONGAKU SHUSEI"
Japan / LP / Stereo / Victor SJL2010-2012 / Rec 1961 / Pub 1961
ジャケット表裏擦れ汚れ少々、内側書き込み一か所、ブックレット状のスリーブ3枚の内一枚だけふたの部分にやぶれ、レーベル三枚ともひげ少々、盤三枚とも極浅い擦れ少々、スクラッチありませんが時折プツ音
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  4500 yen
■歌舞伎の効果音楽を集大成した3LPアルバム・セット。
世界、日本問わず民俗音楽/芸能音楽の名盤だらけの文化庁芸術祭参加盤で、1961年のレコード部門最高賞を受賞した3LPセット。演劇学者、河竹繁俊の監修で、歌舞伎の効果音楽を徹底的にまとめたという作。試聴のラスト(ディスク3のB面で、これは1サイド一曲)などじっくり聞いてください。横、縦の崩れるようなポリリズム、楽器の材質感と音高の妙味が生かされたアンサンブル。これはムジカフォンやオコラでも作れない。録音も迫真的。。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Roger Bobo - PLAY GALLIARD, BARAT, KRAFT, HINDEMITH, WILDER

  • クラシックLP
Roger Bobo- ロジャー・ボボ - "PLAY GALLIARD, BARAT, KRAFT, HINDEMITH, WILDER"
USA / LP / Stereo / Crystal S125 / Rec 1970s / Pub 1970s
ジャケット表裏擦れ少々、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■クリスタル・レコードから、チューバ室内楽集。アレック・ワイルダー作収録。
マルセル・ミュールやアレック・ワイルダー等を掘っていくと必ず出くわすレーベル、クリスタル。66年にスタートしたクリスタルは、木管、金管のクラシック室内楽専門(パーカッションや弦楽等少々例外はあり)という全く独自のカラーを持ったレーベル。これはアメリカのチューバ奏者、ロジャー・ボボが、現代チューバ室内楽を中心に演奏した一枚。一作だけある17世紀の曲がオープナーで、ドイツのヨハン・エルネスト・ガリアルドという作曲家の『Sonata No.5』。続いてヒンデミットのユーモラスで可愛らしい『Sonata For Bass Tuba And Piano』。B面頭はフランスのジョセフ・エドゥアール・バラ『Introduction And Dance』。次はアメリカの作曲家で、ヘンリー・カウエルの弟子のウィリアム・クラフト『Encounters II(試聴)』。伴奏無し、チューバ一本でホーミーのように多声のメロディを演奏。そしてラストは、アレック・ワイルダーが子供のために書いた6曲からなる『Children's Suite : Effie The Elephant(試聴)』。ティン・パン・アレイと仏近代が混ざったような作風で当然最高。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mills Brothers - THE EARLY MILLS BROTHERS

  • ボーカル・グループ78rpm
Mills Brothers- ミルス・ブラザーズ - "THE EARLY MILLS BROTHERS"
U.K. / 78rpm / Mono / Coral CP68 / Rec 1930s / Pub 1965
コーティング・ジャケット擦れわずか、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■初期ミルス・ブラザーズの編集盤。
ドゥワップ以前の、20世紀最高のブラック・コーラス・グループの一つミルス・ブラザーズ。ドゥワップやジャズ・コーラスをどれほど聴いている人でも、ミルスには吹っ飛ばされると思います。初期のにわかには信じられないハーモニーから、円熟味を増した50年代のものまで、毎回音源を聞くたびに凄いグループだなあ...と体の力が抜けてしまいます。これはタイトル通り、初期の名演を12曲収録した英コーラスの編集盤。見えますでしょうか、ジャケットにはSP盤のレーベルがプリントしてあります。そこに"ギター以外いかなる楽器も電気的デバイスも使ってません"と書かなければならないこのコーラスをお楽しみください。【曲】「Sweet Georgia Brown(試聴)」「Miss Otis Regrets」「Sweeter Than Sugar」「My Gal Sal」「Some Of These Days(試聴)」「I've Found A New Baby」「Rockin' Chair」「What's The Reason?」「Lulu's Back In Town(試聴)」「Sweet And Slow」「The Love Bug Will Bite You」「Rockin' Chair Swing」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mischa Elman - SAINT-SAENS : RONDO CAPRICCIOSO

  • クラシック78rpm
 Mischa Elman- ミッシャ・エルマン - "SAINT-SAENS : RONDO CAPRICCIOSO"
USA / 78rpm / Mono / Victor 74165 / Rec 1910 / Pub 1915
レーベル小書き込み、盤浅い擦れ、極小スクラッチわずか
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 4  2680 yen
■名ヴァイオリニスト、ミッシャ・エルマンの、1915年の12インチ片面SP盤。
ウクライナに生まれ、世紀の変わり目にはヨーロッパ各国でセンセーションを巻き起こし、1911年にアメリカに移住、エルマン・トーンと呼ばれる美しい音で世界的なヴァイオリニストとなったミッシャ・エルマン(1891-1967)。1915年で(1910年の可能性あり)、サン・サーンスの「序奏とロンド・カプリチオーソ」。伴奏は数々の歴史的録音の歌伴でも知られるイギリス人ピアニスト/作曲家パーシー・カーン。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Luis Maravilla - TANIDOS DE GUITARRAS

  • ギターLP
 Luis Maravilla- ルイス・マラヴィリャ - "TANIDOS DE GUITARRAS"
USA / LP / Mono / Westminster WL5194 / Rec early50s / Pub 1953
ジャケット表裏円状の擦れ、上部取り出し口、下部中央に縁裂け、下部に小テープ、レーベルひげ、盤浅い擦れ、小プツ音でるスクラッチわずか
Jacket 3 / Disc 3.5 / Sound 3.5~4  3680 yen
■スペイン・アンダルシアの作曲家&ギタリスト、ルイス・マラヴィリャ。
卓抜したギタリストでもあるフラメンコ作曲家、ルイス・マラヴィリャ。これは数少ない彼のソロ・アルバムで、知りうる限り初12インチLP。レーベルを見るとマルセル・ミュールなどを出していた楽器のセルマー・レーベルの文字があるので、仏盤の米ライセンス盤かもしれません。さて本作、A面とB面では全く音楽の中心が違います。B面は、オーセンティックなフラメンコ・ギター。といってもラストなどはかなりはみ出ていますが。問題はA面。フラメンコ・ギターを基調にしてはいるものの、熱や気迫、テクニックを聞かせるのではなし。アベル・フレウリのようなクラシック×民俗音楽のギター曲の数々。オリジナル盤【曲】「Huayno」「Farruca(試聴)」「Jota」「Malaguena」「Asturias」「Aires Gallegos」「Rondena(試聴)」「Brisas Malaguenas」「Bulerias」「Alegrias Por Rosa」「Siguiriyas Gitanas」「Soleares En "La"」「Recuerdos De La Alhambra」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Frankie Ford - LETS TAKE A SEA CRUISE

  • ロックンロール/オールディーズLP
 Frankie Ford- フランキー・フォード - "LET'S TAKE A SEA CRUISE"
USA / LP / Mono / Ace 2036 / Rec late50s to early60s / Pub 1983
ジャケット表裏擦れほぼ無し、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■フランキー・フォードの米エイス編集盤。
「Sea Cruise」をヒットさせたニューオーリンズのロックンローラー、フランキー・フォード。これは83年に米(英ではなく)エイスがリリースした正規ベスト・アルバム。同ジャケットで59年にLPが出ていますが内容は違います。やけっぱちなフォードの歌、アルヴィン・タイラー、ヒューイ・スミス、チャールズ・ハングリー・ウィリアムスらいつもの面々の演奏も最高の一言。【曲】「Sea Cruise(試聴)」「Alimony」「I Want To Be Your Man」「It Must Be Jelly」「Watchdog」「What's Going On」「Roberta(試聴)」「I'm Worried About You」「Time After Time」「Hour Of Need」「China Town」「Cheatin Woman(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Charlie Monroe And The Kentucky Pardners - THE SONGS

  • ヒルビリーLP
 Charlie Monroe And The Kentucky Pardners- チャーリー・モンロー&ザ・ケンタッキー・パードナーズ - "THE SONGS"
USA / LP / Mono / County 539 / Rec 1944 / Pub 1974
ジャケット擦れほぼ無し、小折れ目、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■チャーリー・モンロー44年の音源集。
ブルーグラスの生みの親ビル・モンローの実の兄チャーリー・モンロー。ブルーグラス・ボーイズを始める前、チャーリーとビルはモンロー・ブラザーズを結成、リリースしたレコードはいきなりヒット。これはモンロー・ブラザーズ解散後、チャーリーが自らのバンドで44年に録音したラジオ放送用音源集。アップのブルーグラス調のナンバーは少なく、穏やかで染み入るヒルビリー・ナンバー多し。ちなみにここで聞けるほとんどのハイテナー・ボイスはレスター・フラット(写真左から2人目)。【曲】「Under The Hickory Tree(試聴)」「I Walk Alone」「Little Liza Jane」「I’ve Made A Covenant With My Lord」「Down In Caroline」「Bile Them Cabbage Down」「Seven More Days(試聴)」「Walk That Long Lonesome Road」「That’s The Love I Have For You」「I Know You’ll Understand」「Don’t Let My Ramblin’Bother Your Mind」「Sourwood Mountain」「An Empty Mansion(試聴)」「Two Little Sweethearts(試聴)」「You’re Gonna Miss Me When I’m Gone」「It’s A Grand And Glorious Feeling」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Trudie Richman - LULLABY AND GOODNIGHT

  • フォークLP
Trudie Richman- トゥルーディ・リッチマン - "LULLABY AND GOODNIGHT"
USA / LP / Mono / Folkways FC7572 / Rec 1978 / Pub 1978
ジャケット背部色あせ、上下の右側に縁裂け、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れわずか、インサートきれい
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■女性シンガー、トゥルーディ・リッチマンが、世界中の子守唄を歌った一枚。
オーストリア・ウィーン生まれでハワイに渡った女性シンガー。世界各国の子守唄を、ギター一本(たまに男性が一人参加する曲あり)で唄った私家?テープを収録した、あまりにも濃密で儚い、素晴らしい一枚。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.