(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 15)

Ray Charles - THE GREAT RAY CHARLES

  • リズム&ブルース/ジャズLP
 Ray Charles- レイ・チャールズ - "THE GREAT RAY CHARLES"
USA / LP / Mono / Atlantic 1259 / Rec 1957 / Pub 1961
コーティング・ジャケット擦れ、右上ドリルホールと小書き込み、レーベルひげ少々、よごれ少々、盤浅い擦れ、チリ音少々
Jacket 3~3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5  2980 yen
■レイ・チャールズのピアノ・ジャズ・アルバム。
50年代のR&Bから60年代のソウルへと橋渡しをした最重要アーティスト、レイ・チャールズ。R&Bにゴスペルを融合させ、さらにモダン・ジャズやカントリーまで取り込んだ独自のサウンドは発明と言っていいほど。そしてやはり歌から感じられる、ソウルとしか言いようの無い感覚。これは、その歌は入っていないのですが、レイのピアノの妙味をたっぷり楽しめる、レイの魅力が違った角度から味わえるピアノ・ジャズ・アルバム。R&B、いやレイの音がジャズと絶妙にブレンドされたクインシー作のファンキー・ジャズ「The Ray」、気だるく歌うトリオ編成での「Black Coffee」、シブく決めたデヴィッド・ニューマンのテナー・ソロもいい「Undecided」他、テーマのアンサンブルはごくシンプル、ソロも落ち着いた演奏で沁みる全8曲。オリジナルは57年で黒銀、これは61年レーベル。【曲】「The Ray(試聴)」「My Melancholy Baby」「Black Coffee」「There's No You」「Doodlin'」「Sweet Sixteen Bars」「I Surrender Dear」「Undecided(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sidney Bechet - HAITIAN MOODS

  • ジャズLP
 Sidney Bechet- シドニー・ベシェ - "HAITIAN MOODS"
USA / LP / Stereo / Stinson SLPS46 / Rec 1938 / Pub late60s?
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3480 yen
■早すぎたカリブ・ジャズ。シドニー・ベシェ38年のセッションを収録したスティンソン盤。
ニューオーリンズ・ジャズの草創期から活躍した偉大なクラリネット、ソプラノ・サックス奏者シドニー・ベシェ。自身のリーダー作、数多くのセッションのみならず、NYではブルーノートの初のヒット「Summertime」を生み、多重録音を初めて敢行etc...あまりに伝説の多い人。本作は、39年のカリブ・ジャズ・セッションを収録した一枚で、ルンバとメレンゲのナンバーのみで固められた作品。メンバーは、ウィリー・ザ・ライオン・スミス(P)、ケネス・ローン(TP)、オリン・アルダーホルド(B)、ズティ・シングルトン(D)。シングルトンの強力無比なドラミングも度肝抜かれますが、ドラム・スティックで叩いて音を出しているというベースやら、まるでモード抜きのハービー・ハンコックのような覚醒的にリズミックなピアノもすごい。シングルトンは後にスリム・ゲイラードのバンドでこの手のルンバなどプレイすることになります。クリア赤盤。【曲】「Tropical Mood Rhumba」「Original #1」「Sous Les Palmiers(試聴)」「Ti Palph(試聴)」「Baba Rhumba」「Magic Island Meringue」「Meyette Meringue(試聴)」「Rosa Rhumba」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Marvin Rainwater - ROCKIN ROLLIN RAINWATER

  • カントリー/ロカビリーLP
 Marvin Rainwater- マーヴィン・レインウォーター - "ROCKIN' ROLLIN' RAINWATER"
Germany / LP / Mono / Bear Family BFX15079 / Rec mid to late1950s / Pub 1982
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■カントリー・シンガー、マーヴィン・レインウォーターのR&Rナンバーを収録した編集盤。
カンザス州ウィチタに生まれた、チェロキー・インディアンの血を引くカントリー・シンガー、マーヴィン・レインウォーター。巨体を思わせる太い声でカントリー・ナンバーもグレイトなのですが、これは、ロックンロール&ロカビリー・テイストのあるナンバーを16曲収録した独ベア・ファミリーの編集盤。【曲】「I Dig You Baby」「(Don't Be) Late For Love」「Whole Lotta Woman」「Get Off The Stool」「Love Me Baby (Like There's No Tomorrow)」「Baby Don't Go」「In The Valley Of The Moon」「She's Gone」「Roving Gambler (Gamblin' Man)」「Dance Me Daddy」「Hardluck Blues」「Mister Blues(試聴)」「So You Think You've Got Troubles」「My Brand Of Blues」「Moanin' The Blues」「Hot And Cold(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Monroe Brothers - FEAST HERE TONIGHT

  • ヒルビリー/ブルーグラスLP
 Monroe Brothers- モンロー・ブラザーズ - "FEAST HERE TONIGHT"
USA / LP / Mono / Bluebird AXM2-5510 / Rec 1936 to 1938 / Pub 1975
見開きジャケット円状の擦れ少々、内側色あせ少々、レーベル二枚ともひげ無し、盤二枚とも極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 4  2980 yen
■ブルーグラス・ボーイズ以前のビル・モンローの兄弟デュオ。
ブルーグラス・ボーイズ以前、ビルと兄のチャーリーがデュオでやっていたモンロー・ブラザーズ。30年代に6回のセッションで60曲を録音、これはその中から36曲を収録した2LPの編集盤。初セッションは10曲中9曲収録。ブルーグラスが生まれようとしている才気あふれる演奏、素朴な中にもはっとするような独特の和声感覚、本当にオリジナルなカントリー音楽。試聴は「My Long Journey Home」と「Where Is My Sailor Boy」。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

////////// 明けましておめでとうございます

本日より2019年の営業を開始しました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

/////////// 2018年の営業を終了しました

本日で2018年の営業を終了しました。皆さま、良いお年をお迎えください。新年は4日から営業いたします。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Roberto Purido Y Los Clasicos - EL PRIMO

  • テックス・メックスLP
 Roberto Purido Y Los Clasicos- ロベルト・プリド・イ・ス・クラシコス - "EL PRIMO"
USA / LP / Stereo / 1056 / Rec 1056 / Pub 1979
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■テハノ名バンド、ロベルト・プリド&イ・クラシコスの79年作。
アコーディオンとサックスを入れた編成で、伝統的なコンフントとモダン・テハノの橋渡しをしたこのシーンの重要なシンガー&バンド・リーダー、ロベルト・プリド。この79年のアルバムでも枠を広げるようないい演奏を披露。快活な2ビートのお得意のランチェラから、トロピカルなクンビア、懐かしいカントリー・バラード調のナンバーまで多彩な10曲。【曲】「Por Que Esperar(試聴)」「Cuanto Te Debo」「Estoy Sufriendo Por Ti(試聴)」「Penas Arraigadas」「Redes」「Oh Gran Dios」「No Tengo La Culpa(試聴)」「Del Valle A Falfurrias」「Largo Camino」「Corazoncito Tirano」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lightning Hopkins - EARLY RECORDINGS

  • ブルースLP
 Lightning Hopkins- ライトニング・ホプキンス - "EARLY RECORDINGS"
USA / LP / Mono / Arhoolie R2007 / Rec late1940s / Pub 1970s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルがAB逆に貼られています、ひげわずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3680 yen
■ライトニンの初期音源集。半分ほどが未発表。
46年にまずロサンゼルスでアラジンに初録音、そしてすぐにテキサス・ヒューストンに戻り、地元のゴールドスターを根城に本格的に録音を開始したライトニン。これはその頃から50年ごろまでにゴールドスターに残した音源をまとめたアーフーリー編集盤。このうち、なんと半分以上が未発売で、これで初めてレコードになった音源。この時期の音源の吸い込まれるようなスゴミ、眼の前で歌っているような肉迫感は本当他に比べられるもの無し。【曲】「Bluebird Blues(試聴)」「Walking Blues」「Unkind Blues」「Mad With You」「Sombody's Got To Go」「Automobile Blues」「Seems Funny Baby」「Coolin' Board Blues」「Airplane Blues」「Loretta Blues」「Whiskey Blues」「You Don't Know」「Organ Boogie」「What Can It Be」「Ida Mae」「Goin' Back And Talk To Mama(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bill Monroe And Doc Watson - SING COUNTRY SONGS

  • ヒルビリー/ブルーグラスLP
 Bill Monroe And Doc Watson- ビル・モンロー&ドク・ワトソン - "SING COUNTRY SONGS"
USA / LP / Mono / FBN Musc Club 210 / Rec 1963 / Pub 1975
ジャケット擦れわずか、背部の上縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■63年の二人のデュオ・ライブを収録した一枚。
ブルーグラスの開祖ビル・モンローと、ヒルビリー界ナンバーワン・ギタリストでシンガーのドク・ワトソンのデュオ・ライブ。63年で、この頃当然ビル・モンローは超大物、そしてドク・ワトソンは、クラレンス・アシュレイの再発見盤で話題はうなぎのぼり、翌年にデビュー・アルバム発表という時期。何年も一緒にやっているような抜群のコンビネーション、さらに貴重なワトソンのソロ弾き語りなども収録。【曲】「Get Up John(試聴)」「Dream Of The Miner's Child(試聴)」「Homesick For Heaven」「True Life Blues」「Rawhide」「Feast Here Tonight」「What Did The Deep Blue Say」「Banks Of The Ohio」「Midnight On The Stormy Deep」「You Won't Be Satisfied Now」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Julie Kinsler - FRANTIC FLUTE

  • ジャズ/イージー・リスニング45rpm EP
 Julie Kinsler- ジュリー・キンスラー - "FRANTIC FLUTE"
USA / 45rpm EP / Mono / Capitol 660 / Rec 1955 / Pub 1955
ジャケット擦れ少々、レーベルきれい、盤浅い擦れ、極表層のスクラッチ少々
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  3680 yen
■西のフルート奏者、ジュリー・キンスラーのエキゾ・ジャズ傑作EP。
40年代キング・コール・トリオやポール・スミスのアルバム、他ビリー・メイ楽団等西海岸で活躍したフルート奏者ジュリー・キンスラー。リーダー作は恐らくこの4曲のみ(これをばらしたシングルがあります)。ミルト・ホランドとか多分あの辺のジャズ・マンたちが極太のリズムを提供、それをバックにまさしくフランティックに吹きまくった一枚。【曲】「Socorro」「Flute Indigo」「Rockola(試聴)」「Flutterbug(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Terii Rua, Iwalani Kahelewai, Gabby Pahinui, etc. - LOVE SONGS OF TAHITI

  • ハワイ、タヒチの音楽LP
 Terii Rua, Iwalani Kahelewai, Gabby Pahinui, etc.- テリイ・ルア、イワラニ・カヘレワイ、ギャビー・パヒヌイ、etc. - "LOVE SONGS OF TAHITI"
USA / LP / Stereo / Waikiki 322 / Rec early60s / Pub early60s
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■ハワイのミュージシャンたちがタヒチへの愛を歌ったアルバム。
タヒチの人は恐らくテリイ・ルアと彼のグループだけ、なので多分ルア達ががハワイに赴きハワイのミュージシャンたちと録音したものだと思います。マンドリンを入れたアップテンポのルア&ギャビー・パヒヌイ、深みのある低音ボイスが素晴らしい女性シンガー、ケリー・カマキ、反対に涼しいファルセットを聞かせる男性シンガー、チャールズ・ミラーなどなど全13曲。歌はもちろん、ジャズ味がかった演奏も見事の一言。【曲】「Terii Rua And His Royal Tahitians / Tahitian Medley」「Iwalani Kahalewai / E Toriri Mai (Rain Drop)」「Terii Rua And Gaby Pahinui / Takape (Sailing Canoe)(試聴)」「Fely Kamaki / Tahitian Lullaby」「Royal Tahitian Trio / Takaroa (Isle Of Takaroa)」「George Delanux And Trio / J'Attendrais (I'll Be Waiting)(試聴)」「Terii Rua And Trio / El Roto It E Mau Ati (In The Stormy Weather)」「Terii Rua And His Royal Tahitians / Reva Taua (Farewell For Two)」「Royal Tahitians / Mama Tu'u A'e I'au (Please, Mother, Let Me Go)」「Iwalani Kahalwai And Terii Rua / Parlez Moi D'Amour (Speak To Me Of Love)」「Fely Kamaki / Pagan Love Song(試聴)」「Charles Miller And Trio / Te Reva Nei Au (I'm Going Away)」「Terii Rua And His Royal Tahitians / Tagi Tika And Mama Ite E」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bob Rosengarden Phil Kraus Orchestra - PERCUSSION PLAYFUL AND PRETTY

  • イージー・リスニングLP
 Bob Rosengarden And Phil Kraus- ボブ・ローゼンガーデン&フィル・クラウス - "PERCUSSION PLAYFUL AND PRETTY"
USA / LP / Mono / RCA CPM113 / Rec 1965 / Pub 1965
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■イージー・リスニング界最高の打楽器奏者がタッグを組んだ一枚。
自身のソロも本当素晴らしい、NYきっての名ヴァイブ/マリンバ奏者フィル・クラウスと、エリントンやジミ・ヘンドリックスとも共演歴のある、ラウンジとジャズとロックを行き交うドラマー、ボブ・ローゼンガーデン。パーカッション・ラウンジの生みの親であるこの二人がタッグを組んだアルバム。ビブラフォン、木琴、ベル、マラカス、ティンパニなど考えうる打楽器に加え、アフリカから調達したマリンバや、ノイズ混じりの木琴バズィンバ、古い本物カリオペ(蒸気オルガン)などをコンボに混ぜて演奏。【曲】「For Want Of A Star(試聴)」「Mr. Ghost Goes To Town」「Johnny One Note(試聴)」「Chloe」「All Through The Night」「Satan Takes A Holiday」「Sophisticated Swing」「The Comedians」「Speak Low」「The Continental」「Carnival」「Goofus」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
2019年3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.