(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 13)

Masked Marauders - COW PIE cw I CANT GET NO NOOKIE

  • ロック45rpm
 Masked Marauders- マスクド・マローダーズ - "COW PIE cw I CAN'T GET NO NOOKIE"
USA / 45rpm / Mono / Deity 0870 / Rec 1969 / Pub 1969
レーベル、盤ともにきれい、プロモシートきれい
Jacket n/a / Disc 4 / Sound 2480 yen
■69年、音楽雑誌ローリング・ストーンが、存在しないLPを皮肉ったレビューをジョークで掲載し...
そのレコードはボブ・ディランやミック・ジャガーが名前を伏せて参加したスーパーセッション、というふれこみ。さらにその記事を作ったエディターたちは、記事だけで終わらせず、そのレコードを今から作ってしまおうと悪だくみ、そして当時サンフランシスコで話題になっていたジャグ・バンド、クレンリネス・ゴッドリネス・スキッフル・バンドに白羽の矢がたちフル・アルバムを録音、なかなかのヒット盤になったという...これはそのアルバムが出る直前に作られたプロモ・シングルで、解説シートにも手の込んだでっちあげの紹介がされています。内容は一言最高のコスプレR&R。A面はいかにもディランがやっている風の素晴らしいメロのインスト・カントリー・ロック(ディランの声真似入り)、B面はミック・ジャガー風ボーカルのロウでスワンピ―なロックンロール。このシングルム初めて見ました。ムチャクチャ音いいです。試聴はB→A。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Doug Sahm And Band - DOUG SAHM AND BAND

  • ロックLP
 Doug Sahm And Band- ダグ・サーム&バンド - "DOUG SAHM AND BAND"
USA / LP / Stereo / Atlantic SD7254 / Rec 1973 / Pub 1973
ジャケット擦れしみ少々、左下小カット、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか、若干ノイズ感じる曲あり
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ダグ・サームの初ソロ・アルバム。
この盤のオリジナルです、試聴は違うのでぜひ)72年に一旦サー・ダグラス・クインテットを解散したダグ・サームの初ソロにしてウルトラ名盤。ボブ・ディラン、DR.ジョン、フラーコ・ヒメネスなどのゲストを迎えニューヨークで録音された本作は、そんなゲストまでもダグ・サーム色に染めてしまった、相変わらすホコリっぽい、ルーズなロックやテックス・メックス、R&Bをひと塊にしたサウンド全開。裏ジャケットの写真もイイ。【曲】「(Is Anybody Going To) San Antone」「It's Gonna Be Easy(試聴)」「Your Friends」「Poison Love」「Wallflower」「Dealer's Blues」「Faded Love」「Blues Stay Away From Me」「Papa Ain't Salty」「Me And Paul」「Don't Turn Around」「I Get Off(試聴)」※今日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Slim Richey - JAZZ GRASS

  • カントリー/ブルーグラスLP
 Slim Richey- スリム・リッチー - "JAZZ GRASS"
USA / LP / Stereo / Ridge Runner RRR0009 / Rec 1977 / Pub 1977
ジャケット擦れ、右上に書き込み(スリム・リッチーのサイン)、裏面しみ、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ少々
Jacket 3~3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  2680 yen
■ジャズとブルーグラスを融合した稀有なグループ。
ジャズとカントリーのミックスは40年代にもウエスタン・スウィングがありましたが、彼らはジャズとブルーグラスを融合させた稀有なグループ。この盤のレーベル、リッジ・ランナーの創始者であるジャズ・ギタリスト、リッチーが自ら腕利きのメンバー(ビル・キース、リッキー・スキャッグスetc.)を集めて、入念なリハのもと作り上げた名盤。ホレス・シルヴァーの「Preacher」や「チュニジアの夜」、「Stompin At The Savoy」「Angel Eyes」「Summertime」「Rose Room」等のお馴染みのメロディーにくわえ、リッチーのオリジナル曲を加えた全12曲。【曲】「Gravy Waltz」「Back Home Again in Indiana」「To Linda」「There'll Never Be Another You(試聴)」「Boppin' at the Bluebird」「Angel Eyes」「Jazz Grass Waltz」「Rose Room(試聴)」「Summertime」「The Preacher」「Stompin' at the Savoy」「Night in Tunisia」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Doc Watson, Clarence Ashley, Dock Boggs, etc. - OLD TIME MUSIC AT NEWPORT

  • オールドタイムLP
 Doc Watson, Clarence Ashley, Dock Boggs, etc.- ドク・ワトソン、クラレンス・アシュレイ、ドック・ボッグス、etc. - "OLD TIME MUSIC AT NEWPORT"
USA / LP / Stereo / Vanguard VSD79147 / Rec 1963 / Pub 1963
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■オールドタイムの伝説的なミュージシャンが一同に会したライブの実況盤。
63年ニューポート・フォーク・フェスティヴァルのほんとの伝説的な一枚で、全曲ハイライトと言える内容。ハリー・スミスのアンソロジーにSP盤が収録され後にあまりに大きな影響を与えたクラレンス・アシュレイ、やはりアンソロジーやジョン・フェイヒーのレヴェナントから編集盤が出た無二のマウンテン・ブルースマン、ドック・ボッグスを三曲づつ収録。二人とも"ハウス・カーペンター"や"シュガー・ベイビー"など"Anthology..."に収録されたナンバーを実演しています。多分会場にいた人ほぼ全員アンソロジーでこれらの曲を聞いてたはず、興奮したでしょうなあ。スライドとギターのデュオ、ディクソン・ブラザーズのドーシー・ディクソンのホワイト・ブルース、そしてメイベル・カーターもニューロストのメンバーをバックにソロで出演。アシュレイが再発見された時に新発見された、デビュー盤を出す直前のドク・ワトソンは4曲収録。フランク・ハチソンの"Train..."等を演奏しています。【曲】「Doc Watson / Rambling Hobo」「Groundhog」「Little Orphan Girl」「Train That Carried My Girl From Town」「Clarence (Tom) Ashley / House Carpenter」「Little Sadie(試聴)」「Coocoo Bird」「Jenes Cottrell / The Devil And The Farmer's Wife」「Maybelle Carter / The Storms Are On The Ocean」「Dorsey Dixon / Intoxicated Rat」「Wreck On The Highway」「Weaveroom Blues」「Dock Boggs / Oh, Death」「Drunkard's Lone Child(試聴)」「Sugar Baby」「Clarence (Tom) Ashley, Clint Howard, Fred Price, Doc Watson / The Old Account Was Settled Long Ago」「Amazing Grace」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Elvis Presley - GOOD ROCKIN TONIGHT

  • ロックンロール/ロカビリーLP
 Elvis Presley- エルヴィス・プレスリー - "GOOD ROCKIN TONIGHT"
Holland / LP / Mono / Bopcat 101 / Rec 1954, 55 / Pub mid70s
コーティング・ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか、解説インサートきれい
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ビクター以前、サン時代のレア音源集。
オランダのコアな50sロカビリー・マニアが70年代中期に興したレーベル、バップキャットからの一枚。エルヴィスのサン時代の音源を収録した一枚。ただサンの10曲を入れただけでは到底なくて、出された盤のバージョンのもとになった演奏、シングル・カットされても良さそうな完成品なのにお蔵入りとなっていた数曲、その頃突如現れいったいコイツは何者だと騒がせていたルイジアナ・ヘイライドでの"That's All Right Mama"等のライブを収録。オリジナル・バージョンは4曲収録、曲によってはOKテイクになるまでの様子も入ってます。とにかくお蔵入りになっていたナンバーがスゴイ。特にLove Me Tender級バラード二曲が絶品。分厚い解説インサート。【曲】「Good Rockin' Tonight」「My Baby Is Gone」「I Don't Care If The Sun Don't Shine(試聴)」「Blue Moon Of Kentucky」「I'll Never Let You Go Darlin'」「Mystery Train」「I Forgot To Remember To Forget」「That's Alright Mama」「Blue Moon Of Kentucky」「Tweedle Dee」「I Love You Because(試聴)」「You're A Heartbreaker」「Harbour Lights」「The Truth About Me」※今日のアップはこの一枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Roy Hall, Ramblin Tommy Scott, Pete Pyle, etc. - NASHVILLE COUNTRY ROCK : BOOGIE WITH A BULLET

  • カントリーLP
 Roy Hall, Ramblin Tommy Scott, Pete Pyle, etc.- ロイ・ホール、ランブリン・トミー・スコット、ピート・パイル、etc. - "NASHVILLE COUNTRY ROCK : BOOGIE WITH A BULLET"
Holland / LP / Mono / Redita 109 / Rec 1940s, 1950s / Pub 1979
コーティング・ジャケット擦れ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2680 yen
■ナッシュビル産のロッキン・カントリー、ヒルビリー・ブギを収録した一枚。
こちらもどうぞ、試聴は違う曲です)後にサン・レーベルをサム・フィリップスと興すジム・ブレイトが、46年にナッシュビルで始めたレーベル、バレット。そのバレットの40年代後半~50年代初頭のロッキン・カントリー、プリ・ロカビリーを収録したアルバム。チェット・アトキンスのデビューSP盤"Guitar Blues"、カントリー・シンガー、レイ・プライスの初期曲、ジェリー・リー・ルイスの先輩格のヒルビリー・ブギ・ピアニスト、ロイ・ホールなどなど14組18曲収録。【曲】「Roy Hall And His Cohutta Mountain Boys / Mule Boogie」「Old Folks Jamboree」「Ramblin Tommy Scott / Sweet Woman Blues」「Pete Pyle / Talking The Blues」「Butterball Paige / I'm Old To Boogie」「Leon Huff With Johnnie Lee Wills / I Like You The Best」「Ray Price / Jelous Lies」「Shorty Ashburn / More And More」「Chester Atkins / Guitar Blues」「Bill Nettles / High Faluting Mama」「Tany Allen / Rockin' Chair Boogie(試聴)」「Johnnie Lee Wills / Tom Cat Boogie」「Johnnie Lee Wills / Boogie Woogie Highball」「York Brothers / Hamtrack Mama(試聴)」「Autry Inman / You Gotta Leave Those Guys Alone」「Leon Payne / Don't Try It」「Lost High Way」「They Never Take Her Love Love」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Georgia Peach With Reliable Gospel Singers, Echoes Of Zion, etc. - ATLANTA GOSPEL

  • ゴスペルLP
 Georgia Peach With Reliable Gospel Singers, Echoes Of Zion, etc.- ジョージア・ピーチ・ウィズ・リライアブル・ゴスペル・シンガーズ、エコーズ・オブ・ザイオン、etc. - "ATLANTA GOSPEL"
U.K. / LP / Mono / Gospel Heritage HT312 / Rec 1927-51 / Pub 1987
ジャケット擦れわずか、下部中央小縁裂け、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■アトランタの初期ゴスペル名唱を集めた一枚。
ブラインド・ウィリー・マクテルと彼の一派やバーベキュー・ボブなどの強力なカントリー・ブルースマン、同じ路線で楽しめる無比のゴスペル・シンガー、レヴァランドJMゲイツなど、ブルースマニアにとって胸の熱くなるアトランタ。20年代、女性グループで幕を開けたというアトランタのゴスペル・カルテットの世界、30年代中期に、この盤にも収録されたエコーズ・オブ・ザイオン、スターライト・スピリチュアルズ等で突如花開き、南部ゴスペル・カルテットの中心地となりました。これは初期アトランタのゴスペル・カルテット7グループ16曲を収録した一枚。アトランタのブルースの雰囲気を想像して間違いありません。煮詰めた黒糖のように漂ってくる滋味あふれるハーモニー全開の内容。解説シートになったオリジナル・スリーブ付き。【曲】「Georgia Peach With Reliable Gospel Singers / I Don't Know Why」「Reliable Jubilee Singers / Open Up Those Pearly Gates」「God Shall Wipe All Tears Away」「National Independant Gospel Singers / On Mount Olive(試聴)」「 I Got A Right」「Echoes Of Zion / Evening Sun(試聴)」「Keep Still」「 Starlight Spiritual Singers / Awful Day Will Surely Come」「Five Trumpets / Tone The Bell Easy」「I Can See Everybody Mother」「The Ten Commandments」「Bread Of Heaven」「My Chains Fell Off」「Servant's Prayer」「Stand By Me」「Golden Gospel Singers / How I Got Over」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Silver Echo Quartet, Afro Quintette, Coleman Brothers, etc. - NEWARK GOSPEL QUARTETS

  • ゴスペルLP
 Silver Echo Quartet, Afro Quintette, Coleman Brothers, etc.- シルバー・エコー・カルテット、アフロ・クインテット、コールマン・ブラザーズ、etc. - "NEWARK GOSPEL QUARTETS"
U.K. / LP / Mono / Gospel Heritage HT324 / Rec 1930s, 40s / Pub 1990
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ニュージャージー・ニューアークのゴスペル・グループを収録した一枚。
マンハッタンから川を挟んで西側にあるニューアーク。30年代から、アメリカでも有数のブラック・ゴスペルの聖地として、多くの名グループ、名ソロイストを輩出。ニューアークのゴスペルは、引き締まったリズムでシンコペーションをバリバリ聞かせたジュビリー・スタイルが特徴。これは、30年代~40年代の4グループを収録した一枚。4弦のテナー・ギターを伴奏に波打つコーラスを一心不乱に続けるシルバー・エコー・カルテット、同様のスタイルに、絶唱のリード・シンガーを立てたバラードも収録したアフロ・クインテット、やはりリズミックなハーモニーにまぶしいハイテナーをリードにしたコールマン・ブラザーズ、フランキー・ライモンのゴスペル版とも言えそうなキッズ・グループ、ハイタワー・ブラザーズの4グループ16曲を収録。ライナーは裏ジャケット。【曲】「Silver Echo Quartet / Rock My Soul(試聴)」「Where Shall I Go」「Sinner Man」「Land Of Fadeless Day」「Hold In The Frame」「Lord Help Me」「Afro Quintet / Toll The Bells」「Working For My Jesus」「Coleman Brothers / One Day」「I Can See Everybody's Mother But Mine」「We'll Understand(試聴)」「Plenty Of Room In The Kingdom」「Lonesome Valley」「 Get Away, Mr. Satan, Get Away」「Hightower Brothers / Come By Here」「He That Believed In Me」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lionel Hampton, Joe Turner, Golden Gate Quartet, etc. - STRAIGHTEN UP AND FLY RIGHT : RHYTHM AND BLUES

  • リズム&ブルースLP
 Lionel Hampton, Joe Turner, Golden Gate Quartet, etc.- ライオネル・ハンプトン、ジョー・ターナー、ゴールデン・ゲイト・カルテット、etc. - "STRAIGHTEN UP AND FLY RIGHT : RHYTHM AND BLUES"
USA / LP / Mono / New World NW261 / Rec 1940s, 1950s / Pub 1977
見開きジャケット擦れわずか、内側しみ少々、右上取り出し口縁裂け、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■スウィングの終焉からロックンロールの夜明けの時代までのR&B名曲を収録した一枚。
R&Bに成りかけた黒人スウィング、キング・コール・トリオやルイ・ジョーダン等のジャイヴ、ジョー・ターナーやワイノニー・ハリスのジャンプもの、マディ・ウォーターズ、ライトニン・ホプキンス等のブルース、レイヴンズ、オリオールズ等のドゥワップの誕生、そしてビッグ・ママ・ソーントン、ルース・ブラウン等のアーリー・リズム&ブルースの16曲。曲目リスト見て下さい。全曲そのジャンルのスタイリスト、第一号ナンバーと言われるウルトラ名曲揃い。ラストはマディの"Hoochie Coochie Man"。ミシシッピのカントリー・ブルースからこんなにまでなったのか、といつもは考えないことを感じてジーンときます。音もなかなかいいです。【曲】「Lionel Hampton And His Orchestra / Flying Home」「Joe Turner & Pete Johnson / Roll 'Em, Pete」「Golden Gate Quartet / The Sun Didn't Shine」「King Cole Trio / Straighten Up And Fly Right(試聴)」「Cecil Gant / I Wonder」「Louis Jordan / Choo Choo Ch'Boogie」「T-Bone Walker / Call It Stormy Monday」「Wynonie Harris / Good Rockin' Tonight」「Ravens / Give Me A Simple Prayer」「Tiny Bradshaw And His Orchestra / Well, Oh Well」「Lightnin' Hopkins / Hello, Central」「Clovers / One Mint Julep」「Big Mama Thornton / Hound Dog」「Ruth Brown / Mama, He Treats Your Daughter Mean(試聴)」「Orioles / Crying In The Chapel」「Muddy Waters / Hoochie Coochie Man」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Connie Boswell - UNDER A BLANKET OF BLUE

  • ジャズLP
Connie Boswell- コニー・ボズウェル - "UNDER A BLANKET OF BLUE"
USA / LP / Mono / Take Two TT216 / Rec 1930s / Pub 1983
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ボズウェル・シスターズ時代のコニーのソロ作を集めた一枚。
生粋のNY娘と思いきや実はニューオーリンズ生まれのボズウェル・シスターズ。25年から、今聞いてもワクワクするガール・コーラスの名作を残し36年に解散、真ん中のコニー・ボズウェルはソロ活動を本格化し、50年代後半まで活動を続けました。これはシスターズとして活動中に出されたコニーのソロを収録。楽しさあふれるシスターズの音源に比べて、じっくり歌を楽しむ美メロナンバーで満たされた一枚。エディ・ラング(G)や妹のマーサ・ボズウェル(P)の演奏も最高で言うこと無し。ルース・エッティングなどのトーチ・シンガー、戦前ジャズを出していたテイク2レコードから。【曲】「Under A Blanket Of Blue」「Should I Be Sorry」「You Try Somebody Else」「Concentratin' (On You)(試聴)」「New Moon Over My Shoulder(試聴)」「Lullaby Of The Leaves」「Carioca」「My Lips Want Kisses」「I'm Growing Fonder Of You」「It's All My Fault」「Isn't It A Shame」「Blue Moon」「Say It」「Chasing Shadows」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Pablo Casals(Cello), Isaac Stern(Vln), etc. - CASALS FESTIVAL AT PRADES : BRAHMS - SEXTET NO.1

  • クラシックLP
Pablo Casals(Cello), Isaac Stern(Vln), etc.- パブロ・カザルス(チェロ)、アイザック・シュターン(ヴァイオリン)etc. - "CASALS FESTIVAL AT PRADES : BRAHMS - SEXTET NO.1"
USA / LP / Mono / Columbia ML4713 / Rec 1953 / Pub late50s
ジャケット擦れ少々、左上に貼り物、裏面色あせ、しみ、小書き込み、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■52年のプラード・カザルス音楽祭の参加メンバーによるブラームスの弦楽六重奏。
フランス最南部の町プラードで隠遁していたカザルスを復帰させようと、友人のミュージシャンたちがプラードに集まり、50年にスタートした室内楽の音楽祭プラード・カザルス音楽祭。演奏しなくなっていたカザルスも参加、年に一度のイベントとなりました。これは52年の第三回目に参加したミュージシャンたちによる、現地での室内録音盤で、ブラームスの弦楽六重奏第一番を収録した一枚。カザルス(チェロ)、この企画をカザルスに持ちかけたアレクサンダー・シュナイダー、アイザック・シュターン(Vln)、ミルトン・トーマス(Vla)等による演奏。下のラザール・ベルマンとは真逆の安堵の一枚、派手な展開は少な目で、6人の密度の高いアンサンブルが熱っぽく続く全4楽章。試聴は第一、第三楽章です。オリジナルは恐らく53年、これは50年代後半のプレス。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lazar Berman - THE LEGENDARY LAZAR BERMAN PLAYS LISZT

  • クラシックLP
Lazar Berman- ラザール・ベルマン - "THE LEGENDARY LAZAR BERMAN PLAYS LISZT"
USA / LP / Stereo / Columbia M33927 / Rec 1976 / Pub 1976
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れほんのわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■米ツアー直後に出されたリスト集。
ロシア生まれのピアニスト、ラザール・ベルマン(1930-2005)。幼少期から並々ならぬ才能を発揮し、50年代にはロシア~東欧では有名な演奏家となり(ハンガリーでは"リストの再来"と言われていたのだそう)、75年にリストを弾きアメリカ・デビューをした際は凄まじい衝撃で迎えられました。これは恐らくその米デビューの大評判をうけ米コロンビアがリリースした76年の一枚で、リストの三作を収録。『Sonata In B Minor』(試聴)、ピアノ組曲"巡礼の年"から3曲の『ヴェネツィアとナポリ』、「メフィスト・ワルツ第一番(試聴)」。※本日のアップはの一枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2021年6月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
2021年7月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM8:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2021 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.