(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 12)

Johnny Cash - ITS JUST ABOUT TIME cw I JUST THOUGHT YOUD LIKE TO KNOW

  • ロカビリー/カントリー45rpm
 Johnny Cash- ジョニー・キャッシュ - "IT'S JUST ABOUT TIME cw I JUST THOUGHT YOU'D LIKE TO KNOW"
USA / 45rpm / Mono / Sun 309 / Rec 1958 / Pub 1958
レーベル擦れ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket n/a / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2480 yen
■58年、サンでのラスト・セッションの二曲。
低く引き締まったバリトン声、装飾をほとんどほどこさない骨っぽいシンプルなギター、エレキの低い単音リフなど限りなくロンサムでありバッド・ボーイでありガッツに溢れたロカビリーを決めたジョニー・キャッシュ。歌詞も黒人ブルースのようにやさぐれた人生の暗い面を歌ったものが多しほとんど。これは58年、サンでのラスト・セッションの二曲。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Jimmy Reed - CRYING BLIND cw CHRISTMAS PRESENT BLUES

  • ブルース45rpm
 Jimmy Reed- ジミー・リード - "CRYING BLIND cw CHRISTMAS PRESENT BLUES"
USA / 45rpm / Mono / RRG 44001 / Rec 1971 / Pub 1971
レーベル擦れわずか、盤浅い擦れわずか
Jacket n/a / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2480 yen
■ジミー・リードのファンク・ブルース・シングル。
ストーンズに"どんなヘロヘロな演奏でも大丈夫だ"という勇気を与えたシカゴのヘベレケ・ブルース・マン、ジミー・リード。56年からコンスタントにヒット曲を出すという、ブルースではありえない事を成し遂げた彼の、なんと両面ブルース・ファンクのシングル。B面はクリスマス・ナンバー。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

/////////// 本日5/3(金)は午後6時までの営業となります

急ですみません。本日5/3(金)は午後6時までの営業となります。新入荷のアップはありません。どうぞご了承ください。


By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

David Hykes - THE HARMONIC CHOIR : HEARING SOLAR WINDS

  • アンビエント/ヒーリングLP
 David Hykes- デヴィッド・ハイクス - "THE HARMONIC CHOIR : HEARING SOLAR WINDS"
France / LP / Stereo / Ocora 558 607 / Rec 1983 / Pub 1983
見開きコーティング・ジャケット擦れ少々、内側きれい、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  4500 yen
■倍音唱方のグループ、ハーモニック・クワイアのファースト。
ホーミー/倍音唱法のメキシコ人音楽家デヴィッド・ハイクスが75年に結成した、チベット仏教音楽のエッセンスもミックスしたハーモニー・グループ、ハーモニック・クワイアのファースト。非常なスピード感で流れる空気の中に何かの美しいメロディのスロー・モーションや無限音階が隠されているようで、このコーラスがほぼ切れ目なくアルバム一枚まるまる静かに動いていきます。時間の経つのが猛烈に早く、両面合わせて50分以上がすぐに終わってしまいます。録音は修道院で行われたそう。長岡鉄男が音の良さを絶賛していたことでも知られる一枚。オリジナル盤。【曲】「Rainbow Voice」「Multiplying Voices At The Heart Of The Body Of Sound」「Arc Descents」「Gravity Waves」「Gravity Waves(Suite Et Fin)」「Lens By Lens」「Telescoping(試聴)」「Two Poles; Ascent」「Ascending And Descending」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Charlie Christian, Wardell Gray - TRIBUTE FROM SWEDEN

  • ジャズLP
 Charlie Christian, Wardell Gray- チャーリー・クリスチャン、ワーデル・グレイ - "TRIBUTE FROM SWEDEN"
Sweden / LP / Mono / Fran Staterna No Number / Rec 1940s / Pub 1970s
ジャケット擦れ少々、上部ほころび少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 1980 yen
■A面はチャーリー・クリスチャン、B面はワーデル・グレイの名演集。
スウェーデンで企画された盤で、スウェーデン録音とかいうことではないです。A面は説明不要のチャーリー・クリスチャンで、ベニー・グッドマン楽団での名演を収録。B面は、スウィングからビバップ、モダンへと流れていく大きな変革期を駆け抜けた名テナー・マン、ワーデル・グレイ。ベイシー楽団、BG楽団等での7曲を収録。一応脇役ではありますが、ベニー・グッドマン、本当スゴイ。【曲】「Charlie Christian / Airmail Special (Orch.)」「Song Of The Islands」「My Daddy Rocks Me」「Flying Home (Orch.)」「Wholly Cats!」「Breakfast Feud」「What Draft?(試聴)」「Wardell Gray / Wardell's Riff(試聴)」「Jumping At The Woodside」「Indiana」「Bye Bye Blues」「Blues For Sweden」「Stompin' Slow」「Swedish Sweets」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Abner Jay - HAMBONE AND RATTLE BONES

  • ブルース12inch
 Abner Jay- アブナー・ジェイ - "HAMBONE AND RATTLE BONES"
USA / 12inch / Mono / Brandie Social Music SMRC008 / Rec early1970s / Pub 2012
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  1980 yen
■伝説のアウトサイダー・ワン・マン・バンド、アブナー・ジェイ。
21年生まれ、なんと5歳でメディスン・ショウのステージに立ち30年代にはワン・マン・バンドでプレイ、40~50年代にはシスター・ロゼッタ・サープのマネージャーや、JB、リトル・リチャードのブッキング・エージェントともなったアブナー・ジェイ。60年代に入りまたワン・マン・バンドを始動、ギター、バンジョー、ハーモニカ、そして娘さんが叩くボーン(裏ジャケット)とともに、民謡、ブルース、時事歌を自分のレーベル、ブランディ―から発表。これは70年代のアルバム『Live From Stephen Foster Center Kitchen』からの二曲を12インチ・シングルにして2012年に出された一枚。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Charles Mingus, Lee Konitz, Paul Bley, Max Roach, etc. - AUTOBIOGRAPHY IN JAZZ

  • ジャズLP
 Charles Mingus, Lee Konitz, Paul Bley, Max Roach, etc.- チャールズ・ミンガス、リー・コニッツ、ポール・ブレイ、マックス・ローチ、etc. - "AUTOBIOGRAPHY IN JAZZ"
USA / LP / Mono / Debut DEB-198 / Rec early50s / Pub early50s
ジャケット擦れ、裏面上下部はがれ、小書き込み、レーベルひげ少々、盤浅い擦れ、時折プツ音
Jacket 2.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5  3980 yen
■チャールズ・ミンガス夫妻とマックス・ローチらで、52年に立ち上げられた自主ジャズ・レーベル、デビュー。
インディペンデントであることを意識的に展開し、先鋭的なジャズを世に放ったこのレーベルの発展、足取りを掴むのに最高なオムニバス、全曲未発音源。ハード・バップをさらに洗練させた云わばハード・ハード・バップから、ジャズと現代音楽を融合させた作品等、濃厚なNYのアングラ・モダン・ジャズの軌跡が刻まれています。録音は主に52年、53年。リー・コニッツとミンガスの初共演作、現代音楽的アプローチの女性ボーカル曲ジャネット・サーロウの素晴らしすぎる「Eclipse」、ミンガス、アート・ブレイキーが入ったポール・ブレイのトリオなど、ESPディスクへとつながっていく源流のウルトラ傑作。フラットエッジ、スチレンのオリジナル盤。【曲】「Max Roach Septet / Orientation」「Jackie Paris With Charles Mingus Quintet / Paris In Blue」「Lee Konitz With Charles Mingus Quintet / Extrasensory Perception(試聴)」「Janet Thurlow With Charles Mingus Octet / Eclipse(試聴)」「Paul Bley Trio / Santa Claus Is Coming To Town」「Gordons With Hank Jones Trio / Bebopper」「Jazz Workshop / Kai's Day」「Thad Jones With Stings / Portrait」「Honey Gordon With Hank Jones Trio / Can You Blame Me」「Sam Most Quartet / Notes To You」「Don Sevnay With Strings / Makin' Whoopie」「Hank Jones / Medley」「Max Roach / Drum Conversatoin」「Bud Powell Trio / I've Got You Under My Skin」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Andre Williams - JAIL BAIT

  • リズム&ブルース/ドゥワップLP
 Andre Williams- アンドレ・ウィリアムス - "JAIL BAIT"
USA / LP / Mono / Fortune LP8019 / Rec mid50s / Pub 1984
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し、新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■フォーチュンからの正規シングル集。
DIY感にまみれた、モータウン以前のデトロイトで最も影響があったフォーチュン・レーベル。恐らくこのレーベルに感じる言い得ない魅力の最も大きな理由はこのR&Bシンガー、アンドレ・ウィリアムス。本作は、84年にフォーチュンから正規リリースされた、実はアンドレの初LP。50年代のシングル曲を集めたものです。ファースト・シングルの「Going Down To Tia Juana」、クライム系ダーク・ドゥワップ「I'm Moving On」などなどモンスター級のキラー・オンリー。【曲】「The Greasy Chicken(試聴)」「I Just Wanna Little Love, Love, Lovin'」「Is It True?」「My Last Dance With You」「I'm Movin' On」「It's All Over」「Jail Bait」「Tossing And Turnin' And Burnin' All Up Inside」「Just Because」「Going Down To Tia Juana(試聴)」「You Know I Can't Refuse」「I Wanna Know Why」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Freddy Fender - BEFORE THE NEXT TEARDROP FALLS

  • ロック/テックス・メックスLP
 Freddy Fender- フレディ・フェンダー - "BEFORE THE NEXT TEARDROP FALLS"
USA / LP / Stereo / ABC Dot DOSD2020 / Rec 1974 / Pub 1974
ジャケット擦れ少々、3角テープ、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 3  2480 yen
■メジャーでのファースト・アルバム。名盤。
チカーノR&Rをやっていた50年代はヒットには恵まれなかったものの、74年にルイジアナのスワンプ・ポップ風味の「Before the Next Teardrop Falls」が全米No1となったフレディ・フェンダー。これはその曲を冠した、彼のメジャー・レーベルからのファースト・アルバム。魂こもったラブ・ソング、バラードで埋め尽くされた名盤中の名盤。【曲】「Roses Are Red」「I'm Not A Fool Anymore」「Please Don't Tell Me How The Story Ends」「You Can't Get Here From There」「I Love My Rancho Grande」「Wasted Days And Wasted Nights(試聴)」「I Almost Called Your Name」「Before The Next Teardrop Falls(試聴)」「Wild Side Of Life」「After The Fire Is Gone」「Then You Can Tell Me Goodbye」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sandy Bull - INVENTIONS

  • ギターLP
 Sandy Bull- サンディ・バル - "INVENTIONS"
USA / LP / Stereo / Vanguard VSD79191 / Rec 1965 / Pub 1965
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか、若干のプレスミス、ほぼ音に出ません
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■ギタリスト、サンディ・バルのセカンド・アルバム。
ジョン・フェイヒー、ロビー・バショーなどタコマ・レーベルのギタリストと同じ資質を持ち、彼らと同時期もしくはそれ以前から演奏していたサンディ・バル。アジアの民俗音楽にも傾倒、モード的な演奏を積極的に取り入れ、ギターのみならずエレキ・ベースやウードもプレイ(多分ジャケットの楽器が使われているもの全部だと思います)。これはセカンド・アルバムで、自作曲やバッハ、さらに古いルネサンスの音楽、チャック・ベリーの「Memphis Tennessee」などを演奏。ドラムはオーネット・コールマン・グループのビリー・ヒギンズ。【曲】「Blend II(試聴)」「Gavotte No. 2 Take 1」「Gavotte No. 2 Take 2」「Manha de Carnival」「Triple Ballade」「Memphis, Tennessee(試聴)」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bob Wills And His Texas Playboys - THE TIFFANY TRANSCRIPTIONS VOL.1

  • ウェスタン・スウィングLP
 Bob Wills And His Texas Playboys- ボブ・ウィルス&ヒズ・テキサス・プレイボーイズ - "THE TIFFANY TRANSCRIPTIONS VOL.1"
U.K. / LP / Mono / Edsel ED321 / Rec 1946, 1947 / Pub 1990
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  1980 yen
■ウェスタン・スウィングNo1、ボブ・ウィルスのトランスクリプション盤集第1集。
父が相当の腕前のフィドラーだったせいか幼少期から音楽に親しんだウィルス、いくつかのバンドを経た後に自身のグループ、テキサス・プレイボーイズを結成。スティール・ギタリストのレオン・マコーリフらを加え最強の布陣となり、30年代後半から数々のヒットを放ち、ロカビリー、ロックンロールにつながる一代ムーブメント、ウエスタン・スウィングの立役者となりました。これは40年代、ティファニー・ミュージックという、トランスクリプション盤製作専門の会社?に録音された、一般発売されなかったナンバーを収録した編集盤第1集。【曲】「Nancy Jane」「Mission To Moscow」「Dinah」「Lone Star Rag」「Cotton Patch Blues(試聴)」「Sweet Jennie Lee」「I Hear You Talkin'」「Girl I Left Behind Me」「Straighten Up And Fly Right」「Little Betty Brown」「Nobody's Sweetheart Now」「Blackout Blues」「What's The Matter With The Mill」「Jumpin' At The Woodside(試聴)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bob Wills And His Texas Playboys - THE TIFFANY TRANSCRIPTIONS VOL.2

  • ウェスタン・スウィングLP
 Bob Wills And His Texas Playboys- ボブ・ウィルス&ヒズ・テキサス・プレイボーイズ - "THE TIFFANY TRANSCRIPTIONS VOL.2"
U.K. / LP / Mono / Edsel ED322 / Rec 1946, 1947 / Pub 1990
ジャケット擦れわずか、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 1980 yen
■ウェスタン・スウィングNo1、ボブ・ウィルスのトランスクリプション盤集第2集。
ボブ・ウィルスが、ソングライターのクリフ・サンディン、ラジオDJのカクタス・ジャックと45年に興したティファニー・ミュージック・カンパニー。この会社が作ったトランスクリプション盤を、恐らくLP全10枚でリリースしたシリーズ。1、2、5、6、7が入荷しました。これは第2集。「San Antonio Rose」「Steel Guitar Rag」収録。【曲】「Take Me Back To Tulsa」「Faded Love」「Right Or Wrong」「Bring It Down To My House(試聴)」「Cherokee Maiden」「Steel Guitar Rag(試聴)」「Stay A Little Longer」「Rolly Poly」「Cotton Eyed Joe」「Time Changes Everything」「Corrine Corrina」「Ida Red」「Maiden's Prayer」「San Antonio Rose」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2019年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2019年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.