(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 115)

Signatures - PREPARE TO FLIP

  • ジャズ・コーラスLP
Signatures- シグネチャーズ - "PREPARE TO FLIP"
USA / LP / Stereo / Warner Bros WS1353 / Rec 1959 / Pub 1959
ジャケット表裏擦れ少々、裏面にボールペン書き込み、上部取り出し口小テープ、下部右側縁裂け、レーベルひげ無し、盤浅い擦れ少し
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■ウエストコーストのジャズ・コーラス・グループ、シグネチャーズの59年のアルバム。
シアトルで結成されたグループで、スタン・ケントンが大絶賛、ツアーに起用していたシグネチャーズ。レコードは数枚のみで解散してしまったため、一部のコーラス・ファンにしか知られていない様子。しかしこのグループのリーダー、ボブ・アルシヴァーはその後アソシエイションやカーニヴァル、ビーチ・ボーイズ等をアレンジ、ソフト・ロック・ファンには確実に頭の中に入っているサウンドを作り上げた人。これは彼らのラスト・アルバム。緻密さはありつつポップで弾ける明るい響きのハーモニーが全編楽しめる一枚。59年のステレオ盤。【曲】「I Get A Kick Out Of You(試聴)」「I'm Beginning To See The Light」「Pete Kelly's Blues(試聴)」「Judaline」「April In Paris」「Ain't We Goz Fun」「Lonesome Road」「Playboy(試聴)」「Black Coffee」「Just A Sittin' And A-Rockin'」「It's A Pity To Say Goodnight」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bobby Enevoldsen - SMORGASBORD

  • ジャズLP
 Bobby Enevoldsen- ボビー・エネヴォルドゼン - "SMORGASBORD"
USA / LP / Mono / Liberty LJH6008 / Rec 1956 / Pub 1956
コーティング・ジャケット擦れ少々、コート材のしわ少々、下部中央にしみと縁裂け、上部取り出し口に縁裂け、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れほんのわずか
Jacket 3 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2980 yen
■西海岸の管楽器奏者ボビー・エネヴォルドゼンの56年作。
西海岸ジャズのキーマンと言える人で、様々な重要セッションで活躍したマルチ管楽器奏者ボビー・エネヴォルドゼン。56年のアルバムで、彼の魅力はもちろんそれ以上に参加メンバーも力を発揮した名作。マーティ・ペイチ(P, Org,, Acc.)、ハワード・ロバーツ(G)、ラリー・バンカー(Vib, D)、レッド・ミッチェル(B, P)、ドン・ヒース(D)で、彼曰くストレートにジャズしたと語っていますが全然ストレートじゃなくて、ヒネリ、遊びの効いた一枚。タイトルはヴァイキング(とり放題のレストラン)のことで、確かに楽器をヴァイキング形式で演奏しています。【曲】「Ding Dong, The Witch Is Dead(試聴)」「Swingin' On A Star」「Swinger's Dream」「My Ideal」「How Low The Tune」「John's Jumble(試聴)」「You're In Love(試聴)」「Thinking Of You」「No Time For Love」「Mr. Know-It-All」「Oh! Look At Me Now」「Bob's Boy」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Eric Parkin(P), Julian Lloyd Weber(Cello), etc. - FREDERICK DELIUS / LILI BOULANGER : PIANO AND CHAMBER MUSIC

  • クラシックLP
 Eric Parkin(P), Julian Lloyd Weber(Cello), etc.- エリック・パーキン(ピアノ)、ジュリアン・ロイド・ウェバー(チェロ)、etc. - "FREDERICK DELIUS / LILI BOULANGER : PIANO AND CHAMBER MUSIC"
Germany / LP / Stereo / Unicorn-Kanchana DKP9021 / Rec 1983 / Pub 1983
コーティング・ジャケット擦れほぼ無し、左上端に貼り物、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  3800 yen
■ディーリアス、リリ・ブーランジェの室内楽、ピアノ曲を収録した一枚。
もしもドビュッシーなどが好きならば一生頭に残ってしまうに違いない、わずか24歳で亡くなった女性作曲家リリ・ブーランジェ(1893-1918)。フランス音楽史上最高の天才女性と言われる彼女のピアノ三重奏(ヴァイオリン、チェロ、ピアノ)とピアノ曲を収録した一枚。A面にはやはり印象派的な作品で知られるイギリスのディーリアス(1862-1934)のチェロ曲、ピアノ曲を収録。若い女性らしいみずみずしさだけでなく、死や生への執着、鋭い緊張感、etcが信じられないほど美しいメロディにあらわれるリリの曲は、はまる人なら音楽観が変わってしまうぐらいの衝撃があると思います。ちなみにリリの室内楽をまとめて収録したアナログは本当数少ないです。SP盤をのぞいたら5種ないんじゃ?ディーリアスの5曲も、静謐で奥深い似た響きの作が選ばれています。演奏はまさにこの手の曲を得意にしたエリック・パーキン(p)、ジュリアン・ロイド・ウェバー(cello)などイギリスの演奏家。※試聴はリリが先です 【曲】(ディーリアス)「Extract From Eric Fenby's Book "delius As I Knew Him"(これは朗読)」「Cello Sonata(試聴)」「Prelude No. 1(試聴)」「Prelude No. 2」「Prelude No. 3」「Polka-zum Carnival」(リリ・ブーランジェ)「D'un Matin De Printemps(試聴)」「D'un Soir Triste」「D'un Vieux Jardin」「D'un Jardin Clair(試聴)」「Nocturne」「Cortege」「Harmonies Du Soir」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Slim Gaillard Trio - DOT SESSIONS

  • ジャズLP
 Slim Gaillard Trio- スリム・ゲイラード・トリオ - "DOT SESSIONS"
USA / LP / Mono / MCA MCA1508 / Rec 1958 / Pub 1982
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ無し、盤ほぼ新品同様
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  1980 yen
■50年代のトリオを未発表も入れて収録した一枚。
雑食性の高い、ヒップを絵に描いたような音楽性で、当時のリアル・ビート族やバップで踊っていたような先端な人達をとりこにしたジャイヴ・ヒップスター、スリム・ゲイラード。これは58年に録音したトリオものを収録した一枚。ゲイラードとは思えない洒落たピアノ・トリオや、ザクザクエレキ一本で弾き語り、ラストに他メンツも入って盛り上がる「My Blue Heaven」、スウィンギーな「A列車で行こう」(未発表)、得意の鳥の鳴き真似だけで一曲歌ってしまった「Rooster Rock」、自己流のユーモラスなバラードも◎。MCAのこのシリーズ、音もいいです。【曲】「Tall And Slim」「How High The Moon」「I Don't Stand A Ghost Of A Chance With You」「Slim's Cee」「My Blue Heaven」「Take The "A" Train」「Oh, Lady Be Good」「Rooster Rock」「Walkin' And Cookin' Blues」「I Love You」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Yohen Aiko, Kuruma Takeo, Miyara Kosei,etc. - FURUSATO NO MINYO SERIES : OKINAWA HEN - ASADOYA YUNTA

  • 沖縄の音楽LP
Yohen Aiko, Kuruma Takeo, Miyara Kosei,etc.- 饒辺愛子、来間武夫、宮良康正、etc. - "FURUSATO NO MINYO SERIES : OKINAWA HEN - ASADOYA YUNTA"
Japan / LP / Stereo / Canyon F7021 / Rec 1972 / Pub 1972
取り出し口左側の見開きジャケット擦れほぼ無し、下部中央に縁裂け、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し、帯きれい
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■キャニオン・レコードの沖縄民謡集。
72年、キャニオン・レコードが、アルバム数枚リリースした"ふるさとの民謡シリーズ"。これはラジオ沖縄の企画で作られた沖縄編。饒辺愛子のタイトル曲や、宮古の来間武夫による宮古民謡「とうがにー(試聴)」、与那国の宮良康正による竹富島の民謡「安里屋」、田場克江による沖縄のわらべうた「赤田首里殿内(試聴)」などなど収録。解説は小島美子。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Sal Salvador Big Band - YOU AINT HEARD NOTHIN YET

  • ジャズLP
 Sal Salvador Big Band- サル・サルヴァドール・ビッグ・バンド - "YOU AIN'T HEARD NOTHIN' YET"
USA / LP / Mono / Dauntless DM4307 / Rec 1963 / Pub 1963
コーティング・ジャケット表裏擦れ少々、右下部に小ダメージ、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れ少々
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■サル・サルヴァドールの63年作。
スタン・ケントン楽団での活動から、ブルーノート初のギター・ジャズ・アルバムでソロ・デューし名作を世に出してきたチャーリー・クリスチャン直系のギタリスト、サル・サヴァドールの63年作。"カラーズ・イン・サウンド"を標榜したこの時代、音の色を出すために録音にも大変気を使った完成度の高いもの多し。これもそうで、アレンジャーはラリー・ウィルコックス、A&Rはトム・ウィルソンという布陣、ビッグ・バンド編成なのに各々の音が非常にくっきり聞こえる魔法のようなアレンジと録音で、サルヴァドール、ウィルコックスのオリジナルにスタンダードを混ぜたレパートリーを演奏。オーディオ・フィデリティのサブ・レーベル、ドーントレスから。【曲】「Space Walk」「Boato」「On The Street Where You Live」「The Song Is You」「Shade Three(試聴)」「All The Things You Are(試聴)」「Blues March」「The Old Gnu」「Love You Are Here」「Ambulating」「Another Page」「Colors In Sound」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mark Nauseef - SURA

  • ジャズLP
Mark Nauseef- マーク・ナウシーフ - "SURA"
Germany / LP / Stereo / CMP 21ST / Rec 1983 / Pub 1983
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげほぼ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5~4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■パーカッション奏者マーク・ナウシーフの83年のアルバム。
ヴェルヴェット・アンダーグラウンドからイヴァン・パーカーまで様々な共演歴のあるパーカッション奏者マーク・ナウシーフの83年のアルバム。おもに東南アジア、インドの民俗楽器とジャズ・ロックを自在にミックスしたイマジナティブな一枚。ヨアヒム・キューン(ピアノ&チャーチ・オルガン)、マルクス・シュトックハウゼン(トランペット&フリューゲルホーン)、デヴィッド・トーン(ギター)ら参加。【曲】「Kids」「Namenlos(試聴)」「Kamalesh(試聴)」「Ching-Chime」「Bach」「Indonesia」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Boulevard Of Broken Dreams - LONELY AVENUE

  • ジャズLP
 Boulevard Of Broken Dreams- ブールヴァード・オブ・ブロークン・ドリームス - "LONELY AVENUE"
Germany / LP / Stereo / Idiot 240937-1 / Rec 1986 / Pub 1986
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■後のボウ・ハンクスのメンバーらが80年代にやっていたグループ。
レイモンド・スコットの再評価のきっかけを作ったオランダのバスタ・レーベルから、ボウ・ハンクスというグループで禁酒法時代のジャズを蘇らせたGert Jan Blomが80年代にやっていた戦前耽美型ノスタルジック・バンドB.O.B.D.のセカンド。マニアックな戦前ティンパン・アレーの選曲で、小編成のストリングス+ジャズ楽団がロマンチックで退廃的な世界を作り上げています。インプロヴィゼーション的なオモシロさではなく、例えばボズウェル・シスターズやカサ・ロマ楽団などのような甘いドリーミーな戦前バンド・サウンドをシミュレート。同じく戦前ジャズやラテンをベースにした、オーガスト・ダーネルのサヴァンナ・バンドの世界に、コンセプト・完成度で匹敵できるのは彼らだけでは。【曲】「Street Of Dreams(試聴)」「Travelin' All Alone」「Walkin' By The River」「Who Walks In When I Walk Out?」「Who Needs It」「Beguine Des Reves Brises(試聴)」「Voz De Cabo Verde」「You Let Me Down(試聴)」「I'm Painting The Town Red」「More Than You Know」「Dark Side Of The Road」「Lonely Avenue」「Only The Lonely」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

RIO GRANDE TO SILVERTON

  • 非音楽LP
"RIO GRANDE TO SILVERTON"
USA / LP / Stereo / North Jersey Recordings LPS1136 / Rec 1961 / Pub 1961
コーティングの見開きジャケット擦れ少々、内側しみ少々、レーベルひげわずか、盤極表層のスクラッチわずか
Jacket 3.5 / Disc 3.5 / Sound 3.5~4  2980 yen
■デンバー&リオ・グランデ・ウエスタン鉄道という会社の蒸気機関車の音を収録した一枚。
フォークウェイズやクック・ラボラトリーズだけでなく汽車の音を収録したレコードはいろいろありますが、これはノース・ジャージーという、汽車のレコードだけをリリースしたレーベルからの一枚。ハワード・フォッグという、有名な汽車の画家が興したレーベル。ロッキー山脈を貫くデンバー&リオ・グランデ・ウエスタン鉄道という会社の蒸気機関車の音を、多くのシチュエーションで録音。試聴だと伝わらないかもしれませんが、物凄い迫力、生々しさ。リアル「Pacific 231」。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Harmonica Fats - TORE UP cw I GET SO TIRED

  • ブルース45rpm
 Harmonica Fats- ハーモニカ・ファッツ - "TORE UP cw I GET SO TIRED"
USA / 45rpm / Mono / Darcey 5000 / Rec 1962 / Pub 1962
レーベル擦れ少々、盤浅い擦れ少々
Jacket n/a / Disc 3.5 / Sound 3.5  2980 yen
■ブルース・ハープ奏者ハーモニカ・ファッツの出世作。
しかしハーモニカよりも断然歌の方が強烈。こんな声で両面ヘヴィーに歌う62年のシングル。※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Chessmen, Delstars, Velvet Angels, etc. - THE BEST OF ACAPPELLA VOL.2

  • ドゥワップLP
 Chessmen, Delstars, Velvet Angels, etc.- チェスメン、デルスターズ、ヴェルヴェット・エンジェルス、etc. - "THE BEST OF ACAPPELLA VOL.2"
USA / LP / Mono / Relic 102 / Rec 1960s / Pub 1980s?
ジャケットシュリンク入り、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■レリックの新譜。当時のグループのアカペラ・ドゥワップ集。
後にドゥワップ再発の名門となるレリックは、レーベル立ち上げの当初、流行が過ぎたジャンルだったドゥワップの新譜をリリースしていた、真にドゥワップを愛したレーベル。これは初期の名物のアカペラ・ドゥワップ集。7グループ20曲収録で、ホリデイズも50年代グループではなくこの時代のグループ。ちなみにヴェルヴェット・エンジェルズはデトロイトのディアブロズのジェイ・ジョンソンが新たに始めたグループ。全てこれで初めて出たナンバー。曲目省略します。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Quotations, Nicky And Naks, Count Five, etc. - THE BEST OF ACAPPELLA VOL.3

  • ドゥワップLP
Quotations, Nicky And Naks, Count Five, etc.- クオーテーションズ、ニッキー&ナクス、カウント・ファイヴ、etc. - "THE BEST OF ACAPPELLA VOL.3"
USA / LP / Mono / Relic 103 / Rec 1960s / Pub 1980s?
ジャケット擦れわずか、レーベルひげわずか、盤極浅い擦れのみ、プレスに起因するチリ音少々
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 3~3.5  1980 yen
■レリックの新譜。当時のグループのアカペラ・ドゥワップ集。
後にドゥワップ再発の名門となるレリックは、レーベル立ち上げの当初、流行が過ぎたジャンルだったドゥワップの新譜をリリースしていた、真にドゥワップを愛したレーベル。これは初期の名物のアカペラ・ドゥワップ集。9グループ20曲収録。「Imagination」のヒットを飛ばしたクオーテーションズのこれで初めて出た3曲、15から17歳の五人組カウント・ファイヴ、女性が一人入ったシタデルズ、ケニー・ヴァンスも録音した「My True Story」を歌うアイランダーズなどなど。曲目省略します。

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2018年8月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
休業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
営業時間 PM2:00-PM9:00(第一・第三日曜定休)

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.