(pages) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

Contents (Page 11)

Reverend Gary Davis - 1935-1949

  • ブルース/ゴスペルLP
 Reverend Gary Davis- レヴァランド・ゲイリー・デイビス - "1935-1949"
USA / LP / Mono / Yazoo L1023 / Rec 1935, 1949 / Pub 1970
ジャケット擦れほぼ無し、レーベルひげ無し、盤擦れほぼ無し
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■SP盤時代をまとめたヤズー盤。
ゴスペル・ブルース・シンガー、レヴァランド・ゲイリー・デイビス。35年にレコーディング・デビュー、長きに渡り聖なるカントリー・ブルースを唄い続けた彼の、35年のセッション15曲から12曲、49年の録音2曲を収録したヤズー盤。LP時代も録音の多いデイヴィスの、SP盤時代をまとめたものとしては決定盤と言っていい一枚。モーダルなカントリー・ブルース、讃美歌のメロディとブルースをミックスしたもの、ラグ系、東海岸ピードモント・スタイルなど幅広いギター・スタイルにざらついた歌の14曲。ジャケットはなんとロリー・ブロック、解説はステファン・グロスマンという異色の一枚。 【曲】「The Angel's Message To Me(試聴)」「The Great Change In Me(試聴)」「I'm Throwin Up My Hand」「You Got To Go Down(試聴)」「I Can't Bear My Burden By Myself」「I Belong To The Band」「I Am The True Vine」「Lord, Stand By Me」「Twelve Gates To The City」「Have More Faith In Jesus」「O Lord, Search My Heart」「You Can Go Home」「Meet Me At The Station」「Cross And Evil Woman Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Lane Hardin, Aaron Pinetop Sparks, Mary Harris, etc. - HARD TIME BLUES : ST. LOUIS 1933-1940

  • ブルースLP
Lane Hardin, Aaron Pinetop Sparks, Mary Harris, etc.- レーン・ハーディン、アーロン・パイントップ・スパークス、メアリー・ハリス、etc. - "HARD TIME BLUES : ST. LOUIS 1933-1940"
USA / LP / Mono / Mamlish S3806 / Rec 1930s / Pub 1974
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  3980 yen
■マムリッシュ・レーベルのセント・ルイス・ブルース編集盤第二集。
メンツはこの第一集と結構重なりがあるものの、大恐慌期以降のナンバーを集めた一枚。タイトル曲は一枚しかレコードを残さなかった、ファルセットも使うマニア垂涎のレーン・ハーディン。バックワーズ・サム・ファークがカバーしたウォルター・デイヴィスの「Just Thinking」、最高峰のピアノ&ギター・デュエットものも多くこの第二集でもピアノもの多し。ファークとドン・ケントがライナーと原盤提供しています。【曲】「Lane Hardin / Hard Times Blues(試聴)」「Aaron "Pinetop" Sparks / Workhouse Blues」「Mary Harris / Happy New Year Blues」「Roosevelt Sykes / Drunken Gambler」「Henry Townsend / Don’t Love That Woman」「Charley Jordan / Tight Time Blues」「Walter Davis / Just Thinking(試聴)」「Blind Teddy Darby / Pitty Pat Blues」「Peetie Wheatstraw / Third Streets Going Down」「Alice Moore / Blue Black And Evil Blues」「Charlie McFadden / Times Are So Tight」「Leroy Henderson / Good Scuffler Blues」「Milton Sparks / Grinder Blues」「Lane Hardin / California Desert Blues」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Cliff Edwards(Ukulele Ike) - SHAKIN THE BLUES AWAY

  • パーソナリティLP
Cliff Edwards(Ukulele Ike)- クリフ・エドワーズ(ウクレレ・アイク) - "SHAKIN' THE BLUES AWAY"
USA / LP / Mono / Totem LP1005 / Rec LP1005 / Pub 1970s
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 3.5~4 / Sound 3.5~4  2980 yen
■ハリウッド時代のアイクの音源集。
ウクレレ・アイクと言えばやはりウクレレの弾き語りでコミカルに歌う姿が思い浮かぶ人ですが、これは一味違う一枚。NYから西海岸に移った後、ハリウッド時代にやっていたラジオ番組の音源からまとめたもので、ほとんどがスモール・コンボのタイトでスウィンギーなジャズ・アレンジのナンバー。得意のウクレレ+スキャットももちろん披露。エイドリアン・ロリーニ風のスウインギン・ビブラフォンにギター+ピアノで高速にはじまる、彼のトレードマークの「雨に歌えば」、ブットイ・ベースに、エレキ、ピアノによるまるで黒人ジャイブ・バンド(スリム+スラムみたい)のようなネバリある演奏できかせる「Shakin' The Blues Away」などなど全18曲、全編試聴のようなフル・アルバムとして楽しめ、音もいい一枚。【曲】「Singing In The Rain」「Shakin' The Blues Away(試聴)」「Shine(試聴)」「Alabamy Bound」「I Feel Like A Feather In The Breeze」「Everybody Step」「Indiana」「I Found A New Baby」「I'm Gonna Sit Right Down & Write Myself A Letter」「Yes Sir! That's My Baby」「Way Down Yonder In New Orleans」「There'll Be Some Changes Made」「The Blues My Sweetie Gives To Me」「Darktown Strutter's Ball」「My Baby Don't Mean Maybe」「Hang On To Me」「When You Wore A Tulip」「Singing In The Rain (Reprise)」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Grayson And Whitter, Coon Creek Girls, Ephraim Woody, etc. - OLD-TIME SOUTHERN DANCE MUSIC : BALLADS AND SONGS

  • ヒルビリーLP
 Grayson And Whitter, Coon Creek Girls, Ephraim Woody, etc.- グレイソン&ウィッター、クーン・クリーク・ガールズ、エフレイム・ウディ、etc. - "OLD-TIME SOUTHERN DANCE MUSIC : BALLADS AND SONGS"
USA / LP / Mono / Old Timey LP102 / Rec 1920s, 30s / Pub 1970s
ジャケット擦れわずか、上部取り出し口小縁裂け、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ヒルビリー、オールドタイム・ストリング・バンド名演を収録したアーフーリーの名コンピレーション。
まさにアメリカの原風景がみえてくる、ヒルビリー~マウンテンのストリング・バンド、デュオ、ソロ・シンガーも収録した、この時代のアーフーリー・レコードの看板的コンピレーション。まっすぐなフィドルと単純なギター伴奏、素朴な歌がいいグレイソン&ウィッター、女性のみのストリング・バンド、クーン・クリーク・ガールズの凛とした「Pretty Polly」、スティール・ギターの名手クリフ・カーライルのバンドもの、スライド×リズム・ギターのデュオ二組ディクソン・ブラザーズとダービー&タールトン、そのタールトンのブルージーでいてどこかトロピカルなソロ弾き語りなどなどほんと聞きどころ多い一枚。彼らの自作曲とバラッド(物語歌)を収録したシリーズ三作目。【曲】「Grayson & Whitter / Rose Conley」「Coon Creek Girls / Pretty Polly(試聴)」「Grayson & Whitter / Little Maggie」「Ephraim Woodie / That Fatal Courtship」「Byrd Moore's Hot Shots / Frankie Silvers」「Cliff Carlisle / Black Jack David」「Wade Mainer / Old Ruben」「Grayson & Whitter / Handsome Molly」「Lewis McDaniel & Gid Smith / It's Hard To Leave You, Sweet Love」「Bill Cox & Cliff Hobbs / Franklin Roosevelt's Back Again」「Jimmie Tarlton / Roy Dixon(試聴)」「Dixon Brothers / School House Fire」「Wade Mainer / A Little Love」「Lone Star Cowboys / Deep Elm Blues」「Darby & Tarlton / Frankie Dean」「Blue Sky Boys / On The Old Plantation」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bill Boyd And His Cowboy Ramblers, Bob Wills And His Texas Playboys, Harry Choates, etc. - WESTERN SWING

  • ウェスタン・スウィングLP
 Bill Boyd And His Cowboy Ramblers, Bob Wills And His Texas Playboys, Harry Choates, etc.- ビル・ボイド&ヒズ・カウボーイ・ランブラーズ、ボブ・ウィルス&ヒズ・テキサス・プレイボーイズ、ハリー・コーツ、etc. - "WESTERN SWING"
USA / LP / Mono / Old Timey LP105 / Rec 1930s / Pub 1930s
ジャケット擦れ少々、レーベルひげ極わずか、盤擦れほぼ無し
Jacket 3.5 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■アーフーリーのウェスタン・スウィング集。
テキサス・ブルース、メキシコとの混血音楽テックス・メックスなど独特な音楽を生んだテキサス。中でも、カントリーとジャズがミックスされ、ロカビリー、R&Rの祖の一つともなったウェスタン・スウィングは一際影響大。これはアーフーリー(オールドタイミー)編集によるウェスタン・スウィング集の第1集。ケイジャン勢からはハックベリー・ランブラーズ、ハリー・コーツの2グループを収録。【曲】「Bill Boyd And His Cowboy Ramblers / Barn Dance Rag」「Bob Wills And His Texas Playboys / Never No More Blues」「Bill Boyd's Cowboy Ramblers / Spanish Fandango」「The Eyes Of Texas」「Under The Double Eagle」「Bob Wills And His Texas Playboys / Never No More Hard Time Blues」「Light Crust Doughboys / Knocky Knocky」「Bob Wills And His Texas Playboys / Little Girl Go And Ask Your Mama」「Swing Blues No. 1」「Steel Guitar Rag」「Milton Brown And His Brownies / Where You Been So Long, Corrine」「Brownie Stomp(試聴)」「Hackberry Ramblers / You've Got To Hi De Hi(試聴)」「French Two Step」「Harry Choates / Rubber Dolly」「Bob Wills And His Texas Playboys / Steel Guitar Stomp」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Slim Gaillard - AT BIRDLAND

  • ジャズLP
 Slim Gaillard- スリム・ゲイラード - "AT BIRDLAND"
U.K. / LP / Mono / Hep 21 / Rec 1951 / Pub 1979
ジャケット擦れ極わずか、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 2980 yen
■51年、バードランドでのライブを収録した一枚。スリムのギターがスゴイ。
説明不要のジャイヴ・ヒップスター、スリム・ゲイラード。ジャイヴ、ビバップなどというより、この人一人で一ジャンルというようなタイプの人。これはロックンロール前夜の51年、NYバードランドでのライブを収録した一枚。スリムと言えばのナンセンス・ジャイヴ代表曲を中心に9曲収録。スリムのギターが特にスゴイ。ミッキー・ベイカー以前こんなロキンなギターは他で聞けないのでは。旧友スラム・ステュワートはじめ他メンバーも快調、和やかな雰囲気もいい。裏ジャケットは真っ白、クレジットがプリントされた紙の貼り忘れの可能性大。【曲】「Flat Foot Floogie, No. 1(試聴)」「Cement Mixer(試聴)」「Imagination」「Sabroso」「Flat Foot Floogie, No. 2」「Oh, Lady Be Good」「Fine And Dandy」「Serenade In Sulfur-8」「Serenade In Vout」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Bobby Grant, Rube Lacy, Willie Brown, etc. - GIANTS OF COUNTRY BLUES VOL.1

  • ブルースLP
Bobby Grant, Rube Lacy, Willie Brown, etc.- ボビー・グラント、ルーブ・レイシー、ウィリー・ブラウン、etc. - "GIANTS OF COUNTRY BLUES VOL.1"
Austria / LP / Mono / Wolf WSE113 / Rec 1927-32 / Pub ?
ジャケット擦れほぼ無し、小折れ目、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れわずか
Jacket 4 / Disc 4 / Sound 4  2980 yen
■ミシシッピ・カントリー・ブルースのウルトラ名演を詰め込んだ一枚。
オーストリアのウルフから、ミシシッピ・カントリー・ブルースの名演をこれでもかと詰め込んだ一枚。ウィリー・ブラウン、ルーブ・レイシー、キング・ソロモン・ヒル、サン・ハウスがこの時代に残した全音源を収録。一人アトランタ出身のボビー・グラントを収録、でもこの人がスゴイ。このメンツにかなうレベルの数少ない人と思わせる、ヘヴィで濁った重戦車級の演奏。【曲】「Bobby Grant / Nappy Head Blues(試聴)」「Lonesome Atlanta Blues」「Rube Lacy / Missisippi Jail House Groan」「Ham Hound Crave」「Willie Brown / M & O Blues」「Future Blues」「King Solomon Hill / Whoopee Blues」「Whoopee Blues(試聴)」「Down On My Bended Knee」「Down On My Bended Knee(alt. take)」「The Gone Dead Train」「Tell Me Baby」「Son House / My Black Mama - Part I」「Part II」「Preachin' The Blues - Part I」「Part II」「Dry Spell Blues - Part I」「Part II」※本日のアップはこれで終了です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Paul Brett - EARTH BIRTH : THE FIRST TWELVE STRING GUITAR SUITE

  • ギターLP
 Paul Brett- ポール・ブレット - "EARTH BIRTH : THE FIRST TWELVE STRING GUITAR SUITE"
U.K. / LP / Stereo / RCA PL25080 / Rec 1977 / Pub 1977
ジャケット擦れ少々、下部中央テープ、レーベルひげ極わずか、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3~3.5 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■イギリスのギタリスト、ポール・ブレットの12弦ギター・ソロ・アルバム。
ストローブズやクレイジー・ワールド・オブ・アーサー・ブラウンに参加、そしてソロへ転向しバンド・スタイルでいくつかのアルバムを発表、その後に出された、12弦ギター一本のフル・アルバム。躍動的で生命感に満ちたピッキング、イマジナティヴな構成、伝統を踏まえつつ新たなギター世界に踏み出すムードは、レオ・コッケとジョン・フェイヒーからの影響をかなり感じさせます。タコマ・レーベルを深く聞いている人に特にお薦め。【曲】「Christened By Fire」「Infant Journey(試聴)」「Alone In Space」「Faint Stirrings/New Beginnings」「Dance Of The Dawn Herald(試聴)」「Infinite Possibilities」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Mugsy Spanier, Pee Wee Russell, Omer Simeon, etc. - THE ASCH RECORDINGS 1939-1947 VOL.1 : BLUES, GOSPEL AND JAZZ

  • ジャズLP
 Muggsy Spanier, Pee Wee Russell, Omer Simeon, etc.- マグシー・スパニア、ピー・ウィー・ラッセル、オマー・シメオン、etc. - "THE ASCH RECORDINGS 1939-1947 VOL.1 : BLUES, GOSPEL AND JAZZ"
USA / LP / Mono / Asch AA2 / Rec 1940s / Pub 1966
ジャケット擦れ極わずか、上部取り出し口小縁裂け、レーベルひげほぼ無し、盤浅い擦れ、表層スクラッチ少々、ブックレットきれい
Jacket 3.5 / Disc 3 / Sound 3~3.5  2680 yen
■フォークウェイズの前身アッシュ・レコードの音源をまとめた一枚。
Vol1ですが、二枚のVol1がありこれは二枚目のジャズ集。ご覧の、40年代でリアルなジャズを奏でていたメンツの空白の演奏を多数収録。全編名演と言えるものばかり、特にアート・テイタムの「Topsy」は驚き。テイタムのピアノはどちらかというと抑え気味、そして職人ギタリスト、タイニー・グライムスが八面六臂の活躍をしていて、ちょっと奇跡的なバランスの名演。バップのゴッドマザー、メアリー・ルー・ウィリアムスのブギもの、ライ・クーダーも舐めるように聞いたジェームスPジョンソンのアッシュ録音などなど、これは本当にいい内容の一枚。ブックレットに欠ページ/乱調あるのですが、これは最初からです。【曲】「Muggsy Spanier / You're Driving Me Crazy」「Pee Wee Russell / I'd Climb The Highest Mountain」「Take Me To The Land Of Jazz」「Omer Simeon Trio / Harlem Hotcha」「James P. Johnson* / Hesitation Blues」「Joe Sullivan with Sidney Bechet / Sister Kate」「Art Tatum / Topsy(試聴)」「Coleman Hawkins / Leave My Love Alone」「Stuff Smith / Desert Sands」「Mary Lou Williams / Roll 'Em(試聴)」「Jazz At The Philharmonic / Blues Part 3」※本日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Ruth Welcome, Dick Marta, Wiener Konzerschrammeln Ensemble - CAFE CONTINENTAL

  • ヨーロッパの音楽LP
Ruth Welcome, Dick Marta, Wiener Konzerschrammeln Ensemble- ルース・ウエルカム、ディック・マルタ、ヴィエネル・コンザーシュランメル・アンサンブル - "CAFE CONTINENTAL"
USA / LP / Mono / Cook Laboratories 10326 / Rec / Pub 10326
ジャケット擦れ少々、端々折れ目、レーベルひげわずか、盤浅い擦れ、表層スクラッチ少し、プレスミスの突起部二か所(↓の説明お読みください)
Jacket 3~3.5 / Disc 3~3.5 / Sound 3~3.5  2980 yen
■チターとツィンバロンの独奏、そしてウィーンのサロン音楽シュランメルをカフェで録音した一枚。
6歳から演奏していたという女性チター奏者ルース・ウエルカムの独奏(セプテンバー・ソング無茶苦茶良い)、ハンガリーのツィンバロンはこの世界の大御所ディック・マルタで、この二組はニューヨークのカフェでの録音で10曲収録。対して裏面は、シュランメルと言われる19世紀ウィーン生まれのサロン・ミュージックを収録。素晴らしすぎます。46年結成だという、バイオリンとアコーディオン、ギターの小編成グループで、この音楽の開祖シュランメル兄弟の曲やオーストリアの古い民謡を和やかに演奏。こちらはウィーンのカフェでの録音。ルーム感たっぷりのなんとも気持ちよい音はクック・レコードならでは。※クック・オリジナル盤。50年代初頭のクック盤によくあるプレスミスの突起部二か所あり。GEのモノラルカートリッジVR2だとそのうちの一か所飛びました。通常のステレオ針だと全く問題なし。【曲】「Ruth Welcome / Happy Dancing Rose(試聴)」「Greensleeves」「Two Little Stars」「Deep Down in the Valley」「Barbara Allen」「River Seine」「September Song」「Dick Marta / Hungarian Dance #8」「Roumanian Rhapsody(試聴)」「Wiener Konzertschrammeln / Gruss Aus Wien Medley」「Wienberln Und Zibeben」「Im Wiener Dialekt」「Schusterbuben Gallopp(試聴)」「Fischertoni Marsch」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

Rostov Chimes - ROSTOV CHIMES

  • 自然音/非音楽10LP
 Rostov Chimes- ロストフ市の鐘 - "ROSTOV CHIMES"
USSR / 10LP / Mono / Melodiya 15835-6 / Rec 1960s / Pub ?
ジャケット円状の擦れ、端々小やぶれ、くたびれ、レーベルひげ無し、盤極浅い擦れほんのわずか
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 4  2480 yen
■ロシアの古都ロストフ市の城の鐘の音を録音した10インチLP。
モスクワの200キロ北東にある古都、ロストフの有名なお城にある鐘の音を収録した一枚。様々な都市にある鐘の音を観光的に録音したレコードは数あれど、この一枚は、ロシアの象徴とも言われるこの鐘の音のみを様々に録音、結果他に無い感触のレコードになりました。途中途中でロシア語のナレーションが入ります。AB面ノンストップ。※本日のアップはこの二枚です

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓

David Carroll - PERCUSSION IN HI-FI

  • イージー・リスニングLP
 David Carroll- デヴィッド・キャロル - "PERCUSSION IN HI-FI"
USA / LP / Mono / Mercury MG20166 / Rec 1956 / Pub 1956
ジャケット擦れ少々、下部中央縁裂け、レーベルひげ少々、盤極浅い擦れわずか
Jacket 3 / Disc 4 / Sound 4  2680 yen
■シカゴ派パーカッショニストたちによる打楽器イージー・リスニングの名盤。
50年代パーカッション・アルバムの傑作選をつくるなら、控えめにいってもトップ3に入ることは間違いないと思われる、圧倒的な完成度を誇る名盤。デヴィッド・キャロルらシカゴの打楽器人脈は、ポール・ホワイトマン楽団をへて40年代には自分のドラム・スクールを設立したボビー・クリスチャン、クリスチャン同様このフィールドの草分けディック・ショーリーやマイク・シンプソンなどなど、このジャンルの立役者たちがいました。これはその彼らも参加、この人脈の総力を挙げて作られたパーカッション・レコードのこけら落とし的名盤。オリジナル盤。【曲】「Hell's Bells(試聴)」「Bali Ha'i(試聴)」「The Chimes Of Swing」「Malaguena」「Discussion In Percussion-Quiet Talk」「-Chatter」「-Controversy」「The Cricket」「Jungle Drums」「Spanish Symphonique-No. I The Pyrenees」「No. II Madrid」「No. III Bull Fight」「No. IV Finale Flamenco」

By NoahlewisRecord

Go To Page Top↑   Bottom↓



Welcome.

下北沢ノアルイズ・レコードのホームページです。毎晩、8時半~10時頃に新入荷をアップしています。




お 知 ら せ

2020年2月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
店舗営業日



R e c o r d s

  • In Stock (新着順に在庫を表示)
  • List (タイトルのみ表示)
  • As Is (店頭販売の特価品)

by Media

(レコードの種類で選ぶ)


by Recording Date

(録音年代で選ぶ)


by Style

(スタイルで選ぶ)


by Instruments

(活躍している楽器で選ぶ)


by Name

(アーティスト名で選ぶ)
※ Paul Whiteman は P

| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |







 03-3418-0161

お電話でのご注文、ご質問も承っています。
e-mailはこちらです。




 Overseas Customers

Welcome. Paypal accepted. Well packed & speedy delivery. Send an e-mail with your request.





ノアルイズ・レコード
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-23-12
下北沢デントビル2A Access
Phone 03-3418-0161 e-mail
店舗営業日 日曜・月曜 PM3:00-PM10:00
古物商 東京都公安委員会 第303261906488号

 twitterアカウントはこちら

(C)2011-2015 Noahlewis' Record. All Rights Reserved.